旧波多江公民館の活用について" />
本日 54 人 - 昨日 216 人 - 累計 170211 人
  • 記事検索

RSS

旧波多江公民館の活用について

[質疑応答]いとう~瑞梅寺川と雷山川に挟まれた池田、板持は、過去、水害のため、床下浸水、床上浸水の被害にあってきた。住民の水害時の公的な避難所は、どこに指定されているのか?総務部長~池田と板持住民は、波多江公民館と小学校の体育館。志登住民は、東風公民館と体育館。である。いとう~ゲリラ豪雨の時、瑞梅寺川を渡って高田にある新公民館に避難するのは非常に危険だ。旧波多江公民館は、まだ築30年で駅からも近く利便性がいい。「解体はもったいない、公共施設として活用を」との声が、高齢者を中心にたくさんある。人口1万2千人のマンモス校区であるのに、公民館以外に公的施設がないのは、前原では波多江校区だけ。避難所、住民サービスの拠点として活用を再検討していただきたいが、市長いかがか。市長~「・・・」教育部長~3月議会で解体を決定しており、再検討できない。いとう~足が悪い人はどうなるのか?川が増水したら、逃げられない。市~波多江小学校の体育館をご利用いただく。いとう~西方沖地震の時、波多江公民館を見に行くと、高齢者や(こども連れの家族)がたくさん避難していた。公民館は畳があり、ゆっくり避難できる。体育館は、弱者、高齢者にはつらいのではないか。市~近いところに避難し、まずは安全を守っていただく。※この関係の質問は、三嶋ひでゆき議員と私が行いました。市の方針を変えられず、残念です。(解体費用は1100万円)。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):