集団的自衛権の行使は、容認できません" />
本日 54 人 - 昨日 215 人 - 累計 169995 人
  • 記事検索

RSS

集団的自衛権の行使は、容認できません

数日前の西日本新聞のトップ記事。世論調査では、解釈改憲反対が51%。集団的自衛権の行使を容認する人も少数だった。原発の輸出、再稼働だけでも信じられないのに、解釈改憲での武力行使まで言い出す安倍内閣は卑怯ではないか?戦後70年近く、日本が戦争に巻き込まれることなく平和であったのは、戦争をしないと宣言した平和憲法の存在が大きかった。           ×    ×    ×私が十代の頃、アメリカは長くベトナムと戦争していた。板付の米軍基地から、ベトナムへ向けて戦闘機が飛び立っていた。日米安保条約のもとで、アメリカの戦争に巻き込まれるのではないかと、多くの若者が不安を感じていた時代。このベトナム戦争では、米軍が大量散布した枯葉剤で、ベトちゃんドクちゃんのような奇形児が多数生まれた。私は、広島や長崎の原爆投下と同じように、非人道的行為を受け入れられない。戦争中だからと、子どもや市民を殺害して、正義を振りかざす軍隊を信用できない。外国にまで出かけて行って、戦争する国を信用できない。アメリカは、ベトナム、アフガニスタン、イラクと世界中で戦争してきた。殺し殺される憎しみの連鎖で、テロの危険にさらされ続けている。日本のように、狭い国土にたくさんの原発を作ってしまった国は、テロ行為による原発攻撃こそ最も恐ろしい。平和憲法と人道的支援で、近隣諸国と平和外交を貫いてほしい。昨夜、知人が真夜中の飛行機でアメリカへ立った。別の知人は、中国、韓国からの観光客を案内する仕事をしている。今や世界は、深く繋がっている。経済も暮らしも。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):