数の力で民意を押さえつける議会~重要役職はすべて自民系議員が独占" />
本日 84 人 - 昨日 197 人 - 累計 169810 人
  • 記事検索

RSS

数の力で民意を押さえつける議会~重要役職はすべて自民系議員が独占

糸島市議会の重要役職は、すべて自民系議員で占められ、他党の議員がどんなに知識や経験を持っていても、それが生かせない状況です。ひとりでいくつも委員長職を独占するのは、やりすぎです。他党派には門戸を開かない独占状態は、議会制民主主義上あまりにひどく、遅れた議会と言えるでしょう。※この程度の資料は、こちらをご覧のみなさんは「ご存知」でしょうけれど・・・・議長         有田継雄 議員副議長        吉村勝  議員総務文教委員長    谷口一成 議員市民福祉委員長    三嶋俊蔵 議員建設産業委員長    浦伊三次 議員議会運営委委員長   井上健作 議員予算委員会委長    谷口一成 議員決算委員会委員長   浦伊三次 議員広報委員会委員長   田原耕一 議員懲罰委員会委員長   谷口一成 議員総合運動公園等調査特別委員会委員長   田原耕一 議員庁舎のあり方等調査特別委員会委員長   谷口一成 議員議会活動に関する調査特別委員委員長   井上健作 議員議会運営委員会~井上健作、浦伊三次、谷口一成、三嶋俊蔵、寺崎強、波多江一正の各議員今、決算委員会中です。浦議員が委員長職を務めています。ごらんください。自民系の市議会独裁体制が、今の松本市政の根幹を支えているのですから。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):