潤、浦志のため池を埋め立てないで!…「水害が心配」の声" />
本日 48 人 - 昨日 216 人 - 累計 170205 人
  • 記事検索

RSS

潤、浦志のため池を埋め立てないで!…「水害が心配」の声

※造成中?「柱田ため池」(上の写真)と、のどかな「相の町ため池」(これも近いうちに??)10月頃、市民の方が電話をしてきた。「浦志のスーパーサニーの南にある線路のとこの大きなため池が、 水を抜かれて埋め立てられようとしている。 あんなどでかいため池を埋め立てたら、周辺や下流は水害が心配だ。 どうにかならないのか」というものだった。             ×     ×     ×     ×前原東土地区画整理事業では、浦志・篠原の優良農地の水田13ヘクタールと、ため池をふたつも宅地にする計画。そのひとつが、その方がおっしゃる広大な「柱田ため池」。もうひとつは、その南東にある「相の町ため池」。潤、浦志は今でも雷山川の近くで、ちょっと大雨が降ると側溝や小川から水があふれ、浸水の被害を出してきたところ。最近の集中豪雨でも、潤のマンションの1階が浸水し、駐車場の車をあごらのグランドに避難させたとも聞いた。行ってみると、確かに1万平米をこえる広大な桂田ため池は、水を抜かれ、開発のための遺跡調査がおこなわれていた。またその斜め向かいにある「相の町ため池」は、半分くらいたまった水面に、潤の家々の屋根が夕焼けに映えていた。秋の草がなびく大きなため池ふたつ。二つ合わせれば、波多江小学校の敷地ほどもあるのではなかろうか。今頃の台風では、ずいぶん地域の住宅街を豪雨から守ってきたことだろう。貯水量も相当あるはずだ。ほんとうに、これらのため池を埋め立て宅地にして、水害は起きないと断言できるのか?北部九州の豪雨やゲリラ豪雨の報道があるたびに、心配だという地域住民。防災こそ、いま何より優先して対策をとるべき課題と思うのだが…



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):