チェルノブイリハートの悲劇~「ただちに」影響がなくても・・・" />
本日 63 人 - 昨日 215 人 - 累計 170004 人
  • 記事検索

RSS

チェルノブイリハートの悲劇~「ただちに」影響がなくても・・・

「チェルノブイリハート」とは、放射能の影響で、生まれつき心臓に重度の障害をもつ子どものこと。原発事故後25年たっても、悲劇は続いている。何の罪もない子どもちを犠牲にして。試写会を見てきた夫が、政府は、すぐ「ただちに影響がない」というけれど、10年、20年後と次々、子どもたちが放射能の被害で苦しむなんて、ひどすぎる…インターネットで検索すると、「汚染地域の新生児の85%が、何らかの障害をもっている…」とある。本当に?あどけないしぐさの可愛らしい女の子。父と母の悲しみの深さは、誰にもわからない。子どもの未来を放射能から守りたいと心から願う私たち。糸島でもぜひ映画会の実現を。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):