9月27日は議会傍聴へ行こう!…原発再稼働に反対する意見書は採択されるか?九星が工場規模拡大のため、市長がトップの団体に寄付" />
本日 46 人 - 昨日 215 人 - 累計 169987 人
  • 記事検索

RSS

9月27日は議会傍聴へ行こう!…原発再稼働に反対する意見書は採択されるか?九星が工場規模拡大のため、市長がトップの団体に寄付

                  9.23.さよなら原発!福岡集会パレード9月27日は、9月議会最終日。ぜひ、傍聴にいきましょう!原発再稼働に反対する意見書を国に提出することを求めて、住民から請願が出ていた。その採決が議会で行われる。こんなに玄海原発が近いのに、議員たちはどんな判断をするだろう・人類は、原子力をコントロールできない。水素爆発で吹っ飛んだあのぼろぼろの原発建屋を見れば、一目でそれがわかる。昨日だって、あの恐ろしい核燃料プールに、大きな鉄骨を落としたというではないか。(きょうは、冷泉公園で「さよなら原発!福岡集会」が14時からある。デモは、15時から。昨年は1万5千人が集まった。ぜひ、行こう!)9月議会には、九星飲料工場が、市に2300万円を寄付し、そのお金を市長が会長を務める浦志の「新駅期成会」にそのまま支出する予算が補正に出ている。市の会計をトンネルにして、九星が市長がトップの団体に寄付する議案である。市長がいま一番熱心な浦志駅の設置。それで一番喜ぶのは、6月議会で指摘したように、へいせいグループの西原代表だ。九星は5月にヘドロを流した疑惑で県と市が立ち入り検査をしたが、何のお咎めもなかった。私や区長が工場の排水溝、雨水口から強烈な悪臭がしていたと訴え、住民が会社に抗議したにもかかわらず、徹底的な調査を市長はしなかった。九星は、今、工場を1.5倍に拡大する計画をすすめ、市にさまざまな許可を求める申請書を出している利害関係者。9月27日の最終議会は、原発問題でも、身近な環境問題でも、癒着の問題でも、議論と討論をつくしたい。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):