二丈町に放射性廃棄物の最終処分場・・・?" />
本日 90 人 - 昨日 197 人 - 累計 169816 人
  • 記事検索

RSS

二丈町に放射性廃棄物の最終処分場・・・?

 「二丈町で放射性廃棄物・最終処分場、誘致の動き・・・」きょう付けの毎日新聞のコピーが、ファックスで送られてきた。「冗談じゃない!」と怒った似顔絵とともに。 二丈町は、前原市の西となり。海と山がきれいな人口1万3千人の小さなまち。つい先日も、電車で二丈町役場に行ったが、あまりに電車からの眺めがいいので、みとれてうっかり乗りすごしてしまった。 新聞によると、04年に町長が、高レベル放射性廃棄物最終処分場の誘致話を断ったのに、05年、06年、一部の町議が中心になり、地元建設業者、それに町の幹部が、原子力発電環境整備機構の説明会を町内で開いたり、福岡市でのシンポジウムに参加していたという。 4月の町議会議員選挙の後、誘致請願を町議会に出すことも検討しているとか。大変じゃない!町長はこのことを知らなかったらしく、「寝耳に水」と。 処分場となったら、毎年200億円をこえるお金がまちに入るらしい。安全性が問題だから、ぼう大なお金をだすのよ。二丈町に住む友人たちの顔が目に浮かぶ。  二丈町の共産党町議、ひわだ正子さんも、「町長に会いに行かなければ。玄海原発の学習会もまたやらなくちゃ…」と。  チェルノブイリ原発事故の支援や、夏ごとに、広島、長崎をくりかえすな、と平和行進をつづけてきた。40歳のときには、「ネバダ核実験の被害」の調査で、アメリカにも行った。 放射能、放射性廃棄物は、人間だけでなくあらゆる生き物の遺伝子に影響をあたえ、言語につくせない悲しみと悲劇をもたらす。  核実験場の周辺で、放射能に被ばくしたネイティブアメリカン(インディアンとよばれていた人々)の言葉をおもいだす。「大地は祖先と子孫からのあずかりものだ」・・・   


関連記事
NO IMAGE
ムーミンの国で・・・ (06月04日)
NO IMAGE
悩み多き時代に (02月20日)

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):