かがやく瞳、はじける笑い声!図書館のお話会で…" />
本日 83 人 - 昨日 197 人 - 累計 169809 人
  • 記事検索

RSS

かがやく瞳、はじける笑い声!図書館のお話会で…

今日、糸島市図書館のお話の部屋で、波多江公民館のつみ木文庫の出し物があった。10畳くらいの部屋に詰めかけたのは、50人ばかりの乳幼児とお母さん、お父さん。「どんぐりたろう」の絵本、「なんだろう(?)」紙芝居、「金のがちょう」のエプロンシアター、「一寸法師」の人形劇。「おかあさん!」と呼ぶどんぐり太郎の声。食い入るように見つめるこどもたち。私まで、ほろりと涙。子どもたちのはじける笑顔が部屋中に満ちて、演じるスタッフも保護者も、みな幸せそうな空気にあふれていた。勇気、元気、優しさ、ユーモア・・・いろいろなことを楽しく教えてくれるお話会。何年も、こんな楽しい、素晴らしい活地道な動を続けてきたあちこちの文庫のみなさんに、心から、ありがとう!



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):