炎天下の平和行進~ノーモアヒロシマ!ノーモアナガサキ!ノーモアフクシマ!" />
本日 49 人 - 昨日 215 人 - 累計 169990 人
  • 記事検索

RSS

 炎天下の平和行進~ノーモアヒロシマ!ノーモアナガサキ!ノーモアフクシマ!

                     平和行進          7月26日。鹿家駅で、唐津・西松浦郡(玄海町)へ「引き継ぐ」             若い市議さんも! 来られてたとか(心強い!)昨日、朝8時から8時半まで、日本共産党議員団は、糸島の風を市役所の前で配りながら、演説しました。それから、古川議員の車で、ひわだ議員と私と3人で周船寺駅へ。今年も、長崎に向けて、核兵器廃絶の旗や、原発ゼロへのプラカード、などをもった30人くらいの人が集まっていました。炎天下、笑顔いっぱい、やる気満々の皆さんです。国民平和大行進は、全国各地でとりくまれ、5月6日東京・夢の島、北海道・礼文島をスタートに、全国から8月の広島・長崎めざし、「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・フクシマ」「ふたたびヒバクシャをつくるな」の願いをつないで歩いています。昨日は周船寺から深江まで歩きました。「核兵器廃絶」を訴えながら。私は、足と肩を痛めていたので、車から市役所までアナウンサーを。一歩でも二歩でもいっしょに歩きましょう!・・・と。(10時半には市役所到着。春田市長の頃は、平和行進団に市役所内で冷たいお茶を出してくださったものです)きょうは、深江駅から鹿家駅まで。のべ、70人の参加でしょうか。古川議員は、昨日も今日も、先導する車の運転で、大変だったでしょう。途中でスイカを食べたり、一休みしながら、今年も無事に20キロを歩いたのですね。あの夏の日、原爆の火に焼かれた被爆者の苦しみを思いながら…みなさん、ほんとうにお疲れ様。※若い日、アメリカが1954年3月1日、南洋のビキニ環礁でおこなった100万人が殺せる水爆実験のことを知った。日本にも放射能に汚染されたマグロが入った第五福竜丸事件のとき。母親になってから、広島、長崎の原水爆禁止世界大会に参加して、水爆実験のときの様子を、被爆したロンゲラップ島の村長さんから聞いた。地球が壊れたような大爆発と多くの島々に降り注いだ大量の死の灰。裸の子どもたちはそれを「白い雪」と思って遊び、ひどいやけどを負った。アメリカは、軍事優先で、何十年もモルモット扱いされた島民の過酷な運命を、村長さんはとつとつと語り、世界にある数万発の核兵器を共になくしましょうと涙ぐまれた。残虐な核兵器は、人類と共存できない。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):