本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

12月議会で真相究明を!~議員全員協議会で訴えたが…

4E38B856-0E5E-4FC5-93E9-FB71B68DFB94
当事者インタビュー記事掲載の雑誌

9月議会最終日の27日、
議員全員協議会で私は、「田原議長!」と手を挙げ、
「今度の議会で、市が、会社が存在しないのに公文書を作成し、市の財産を無償貸付していたことが明らかになりました。おかしいですよ、こんなことは。100条委員会を作って、真相を究明しましょう」と言った。

すると議会事務局が「100条委員会は、議会中でなければできません」
というので、
「12月議会で、やりましょう。ねえ、みなさん、おかしいでしょう?」
と言うと、
古参議員が、「どうせ多数決ばい」と言う声が聞こえた。

「えっ! 多数決したら、委員会の設置ができないというのですか?
みなさん、おかしいと思わないんですか?
…沈黙

「○○議員、あなたは、おかしいと思うでしょう?」
…沈黙

「○○議員は? ○○議員は? ○○議員は? おかしいと思いませんか?」
つぎつぎ、議案に賛成した古参議員たちに聞いた。

沈黙した議員、怒って何か大声で叫んだ議員、「ここで議論しなければならないのですか?…」と小声で言った議員。

このときは、だれ一人、「そうだ、そんなことを許すわけにはいかない。議会制民主主義の破壊だ。真相を明らかにすべきだ」
と言わなかった。

でも、私はあきらめない。
虚偽公文書の作成は犯罪だからだ。
これ以上、職員を巻き込んで、ウソの公文書を作成させるわけにはいかない。

市も議会も、虚偽が何か? ウソが何かもわからないのか?
いや、分からないフリをしているだけだ。…と私は確信している。


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):