本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

6年目の真実 市がウソをつく恐ろしさ

6年経って、小島議員が開発区域の相の町ため池の所有者の1人であったことが判明しました。登記簿によれば、去年の8月、彼はすでに伊都の杜2丁目の土地を売却していたのです。
私はずっとウソつきとの汚名を着せられ、息がつまるように大変な思いをしてきました。
6年前、市もいっしょになって、小島議員はため池の所有者、利害関係者ではないとウソの主張をしたので、私はビラで中傷されたり、裁判で訴えられたりしました。
その当時の様子を小島忠義議員と三島栄幸議員のビラで振り返ります。
市は議会で数え切れないほど虚偽の答弁をしてきました。本当に恐ろしいことです。

F10229BA-88DA-481D-A06E-22CB56CF9407
7ACAB7B9-6568-49A1-B52D-3C1ADBA2A90F
ECBB8997-3A90-4C1A-80DD-13948FBF9A2F


コメント
[1] Sachi | 2019/01/30 10:08
私は信じていました、伊藤議員を❗️???? 益々議会傍聴者の増えることを願っています。????
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):