本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

月形市長「市民の声は聴いていない」~きららの湯の無償譲渡③

CE871EDE-C7AC-4227-A044-88009A71F9C2 4DD385D7-44A7-40EB-BF47-3F157D3B40B7
市が無償で譲渡したきららの湯。市の健康づくりの拠点であり、まだ新しかった。

2016年9月6日、きららの湯の無償譲渡にかかる質疑より
◯議長(谷口一成君) 伊藤千代子議員。

◯17番(伊藤千代子君)
きららの湯を何の目的でつくったのか。また事業費の総額と建築年度はどうなっているのか。

◯健康増進部長
目的は、本市で湧出する温泉を活用し、市民の健康づくり及び福祉の増進並びに都市との交流を図ること。
事業費は、約8億3,100万円。建築年月日は本館が平成15年2月竣工、別館が平成21年11月竣工。

◯17番(伊藤千代子君)
図書館とか市民プールが赤字だからといって、民間にただでやるようなことはしない。
きららの湯は、健康づくり及び福祉の増進のためにつくった施設で、しかもまだ新しい
きららの湯に通って膝がよくなったとか、障害のある人が寝たきりにならないように通っているとか、市民プールがないからなくさないでとか…。
市は無償譲渡を決定する前に市民の声を聴いたか。

◯市長(月形祐二君)
今までのサービスを維持できるものと思っているので、市民の皆様の御意見についてはお伺いしていない。

◯17番(伊藤千代子君)
市の施設なら、障害の重い子どもとかも受け入れるサービスが今後できる。市民が健康になれば医療費が下がり、税金が節約できる。
無償譲渡するにあたって、医療費の削減とか、介護費用が節約できるとか、経済的メリットも含めた検討をしたか。

◯健康増進部長
 民間でお願いできることは民間にお願いする方針のもと、施設の機能は維持される。(つまり、健康づくり事業による経済的メリットの検討はしていない)


※月形市長は、わずか4年の任期中に、きららの湯と保育所3つを無償譲渡した。どれも不動産鑑定をしていない。元市長の経営する法人にタダでやった数千万円の物件もある。

参考までに、昨年、税金を滞納した市民から差し押さえ、公売にかけた物件の例。
貧しい人々への対応の差は何だろう。
C4F07254-BFA6-4410-869F-4D49749FE409 9CFD819D-470C-4D81-B374-2F0B15BD59BF EF2F6614-FF19-4086-A229-721DC50FA451



#伊藤千代子#糸島市議会議員#きららの湯


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):