本日 3 人 - 昨日 145 人 - 累計 55983 人
  • 記事検索

RSS

社会の片隅で

29D67EB8-3F49-40A0-9B47-9216E4FBDA37
障がい者作業所で働く友達の一人が作ってくれた手提げ。
2年以上、愛用している。個性的で温かみがある。

夕飯の支度をしていると、Aさんが電話してきて、
「今月、わたし、給料が上がりました!」
と嬉しそうな声で言った。
炎天下の野菜畑で、作業所の仲間たちと額に汗して働く彼女の姿が目に浮かんだ。
「暑い中、よくがんばったわね。」と言うと、ちょっとはにかみながら、笑った。
何かうれしいことがあるたびに、報告の電話をかけてくる彼女。

給料が上がったと言っても2万円には届かない。
障がい者年金があっても、年収は100万円前後だろう。
それでもこつこつ工夫しながら、周りの人々の支援を受けつつ自分の力で生きている。
ひたむきに前向きに生きる姿に、私はいつも胸を打たれる。

社会の片隅で、まじめにけなげに生きる人がたくさんいる。
市が耳を傾け、心を寄せ、力を入れるべきは弱者、普通の市民であって、資産家や力のある人の要望や願いではないといつも思う。

タグ: 糸島

コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):