本日 2 人 - 昨日 145 人 - 累計 55982 人
トップページ画像
月形市長、1期目の4年間で
4つの財産を無償譲渡


2015年4月1日  深江保育所 長糸保育所
2017年4月1日  きららの湯 神在保育所
建物だけではなく、厨房設備やピアノ、マッサージ機にいたるまでおよそ1万点もの物品を添えての無償譲渡だった。

財政が苦しい中で、なぜ有償譲渡しなかったのか?
どれもこれも不動産鑑定さえしていない。
きびしい貧困状態で税金が払えず滞納した市民に対しては「税の公平性」の名の元に差し押さえ、100円、200円の値をつけて販売しているのに。

およそ350人の住民が、きららの湯をただでやるな!の裁判をたたかっているが、裁判長は「市民が選んだ議員が議会で議決したから、問題ないのでは…」と言いたげな雰囲気が見て取れる。

議決さえすれば、何億円もの財産を
タダでやっていいのか?

であるなら、議会の責任は重大だ。
本当に慎重審議をしてのち、議決が行われたか?
この4つの財産の無償譲渡を議会で審査したのは、前期市民福祉委員会だった。当時の委員長は、井上健作議員。
そこではどんな審議がおこなわれたか?

そのまえに、9月議会、私の一般質問の日程をお知らせします。
9月18日10時から。
CEC9BC40-3A16-4179-A989-C339B3D6D787
市長が無償譲渡した財産のひとつ。

更新履歴
  • 09月10日 23:57 トップページを更新しました。
  • 09月02日 20:41 スケジュールを1件、登録しました。
  • 03月08日 09:50 ホームページをリニューアルしました。
最近のお知らせ
  • New Photo
  • ACADDA68-10F9-48A6-965F-5971ABCB6F95F0F5C3AD-A178-4C7D-A7F7-C4599808AC86