本日 94 人 - 昨日 130 人 - 累計 63025 人
  • 記事検索

RSS
月形祐二市長と元前原市長の契約書
(財産の無償譲渡について)

79856C46-A7CF-4182-8F6D-F932FC5FCADA
2015年4月1日、月形祐二市長は元前原市長の春田整秀氏が理事長を務める社会福祉法人に市立深江保育所を無償譲渡した。上は、そのの契約書。

無償譲渡したのは建物、ピアノ4台など2千点以上の備品で、きちんと財産価値を把握すれば、1億円前後にはなったであろう。
市は「財政難」と言って税の滞納者からはわずかな物品を差し押さえ、時には50円、100円で売って税収を増やしている。
持てるものには与え、持たざる者からは取り上げる。江戸時代の悪代官のようだ。
58B39CD6-95FB-4A1E-A303-C764FDBAEB5A D975F4A3-BEAA-47AF-AF2A-9B958152E048
左)不動産鑑定もせず、無償譲渡された建物。
右)建物とともに無償譲渡された多数の設備と備品。

春田整秀氏は有名な資産家であり、無償譲渡する必要などまったくなかった。このとき長糸保育所も同時に無償譲渡したので、二つの保育所財産は総額1億円から2億円にもなっただろう。
その無償譲渡に関する議案は2014年12月議会に提案され、議決された。

春田氏は裕福なだけでなく、市役所には元部下の職員がたくさんいる。議会にも仲のいい保守系議員が多数いる。そして月形市長とは同じ保守系の政治家同士、親しい間柄だ。
私はそれをよく知っているから「保育所財産を元市長の法人に無償譲渡する」という説明があれば絶対に反対した。
しかしその説明がなかったために、私は気づかないまま議案に賛成してしまった。痛恨の極みである。

深江保育所と長糸保育所の財産処分の議案を審議したのは、前期の市民福祉常任委員会たった。そのときの会議録がこれだ。

6BBDC373-2B3A-4C28-8224-C9DE892967EC 会議が開かれたのは12月5日。

A3830B80-CF7D-44A0-8CD1-27F8637F8047 議案の説明は1行。質疑をしないまま賛成している。

C4064DA2-51F4-4624-A494-41CDB70785CC 会議録が正しいと委員長の井上健作議員が署名。

何億という財産の無償譲渡に関わる議案が、所管の委員会で全く審議されず可決されていた。
公文書は事務が法令遵守で行われたかを後世に伝えるために必要だ。しかし会議録には、深江保育所の無償譲渡先が元市長の社会福祉法人春陽会という事実はいっさい出てこない。
それは市が説明せず、議会でも議論がされなかった結果である。

きららの湯をただでやるな!の判決は
1月22日(水)1時10分、福岡地裁にて

B110F5AB-2423-4D35-8FCD-784B263FF7CA 0F734CFF-A427-47C5-8410-56D143A910F0
この素晴らしいラドンの温泉を、市長は設立2年の会社に無償譲渡。

月形祐二市長は2017年4月1日、市民に愛されてきた二丈温泉きららの湯(簿価5億円)を、(株)日食システムに無償譲渡した。
これに異議を唱える「きららの湯をただでやるな!」の住民訴訟(原告300人以上)の判決が、来年1月22日(水)1時10分に言い渡される。たくさんの方に福岡地裁においでいただきたい。

この2年半の裁判で市は、「議会で決まったことだ」と何一つまともな弁論をしてこなかった。
「議会で議決すれば何をしてもいいのか?」
まともな審議もせず、反対する者の口を封じて決定した議決は、市民にとってあまりに不幸だ。

きららの湯を無償譲渡した議決は、2016年9月議会
9月13日、私の一般質問。
いとう …次に、きららの湯の民間業者への無償譲渡について伺います。日食システムは2年前にできたばかりで、プールや温泉経営の実績がない。会社名義の不動産を持たず、決算書は赤字。3,000万円の残高証明は出ているが、1,100万円以上の負債があることなどがわかりました。
 副市長は6日(の質疑で)、日食の社長はフードサプライの取締役だったとおっしゃった。フードサプライがバックについているから赤字でも構わないのですか。

健康増進部長 現在、(無償譲渡の)議案は市民福祉常任委員会付託されており、答弁は控えさせていただきます。

いとう 多くの市民が傍聴に来て、インターネットでも見ています。堂々と答弁したらどうですか。私はこの会社が出した……(発言する者あり)静かにしてください! この会社が出した提案書を見ました。財政の裏づけがないのに、あれもします、これもしますといっぱい書いてある。この内容は、介護予防とか健康づくり事業に詳しい市の職員かコンサルでなければ書けないような提案書です…。

議長(谷口一成君) 伊藤議員に申し上げます。今、質問中の事項は、現在、市民福祉常任委員会(井上健作委員長)に付託されており、これ以上の質問は控えられますようお願いいたします。

いとう 議長、もう(委員会)審議は終わっているでしょう。私は非常に……(発言する者あり)静かに。井上議員、静かにしてください。
この提案書を書いたのが、援助したのがへいせいの疑いがあるから言っているのです。なぜなら、市がきららの無償譲渡の応募資格を与えたのは、へいせいのワン・ツウ・スポーツクラブを含め、たった6業者です。もし日食にへいせいが援助して、この提案書ができていたとしたら談合じゃないですか。
 日食の決算書が赤字であるのに、市が全くそのことを無視して進める。バックにフードサプライとへいせいがついているからじゃないのかと思われますが、副市長、答弁をお願いします。

副市長(谷口俊弘君)談合とかトンネル会社とか、あるいはバックにへいせいがかかわっているとか、想像に基づくことで質問をしていただきたくありません。

議長(谷口一成君) これは委員会に付託した案件。付託を受けた委員会は一生懸命真剣に審議をされます。その審議に影響を与えるような一般質問はしないようにと議会で申し合わせもしております。質問を控えていただきます。

いとう ことし5月に、田中菊雄議員が(覚せい剤事件)で逮捕され、市民から議会どうなっているのと。徹底的に議会で質疑されるのが大事と思って今申し上げているんです。・・・

議長(谷口一成君) 全員協議会でも皆さんに申し上げましたとおり、一般質問ではできないように申し合わせています。

議会最終日、採決
議長(谷口一成君)(きららの湯の無償譲渡についての議案を審査した) 市民福祉委員会委員長の報告を求めます。井上健作委員長。

市民福祉常任委員長(井上健作君)
移譲先法人は公平、公正に選定されていること、市が実施する事業に加えて、移譲先法人により新たな健康増進事業が計画されていること、市はきららの湯に関連して運営委託料、借地料、修繕費等を合併以来続けて支出しており、毎年度、全体の収支としては赤字となっていること等を確認いたしました。
採決を行った結果、全員賛成で原案どおり可決と決しました。

(伊藤千代子君)委員会では現地調査、温泉の状況、あるいはプールの状況、大宴会場、・・・温泉施設の状況を現地調査なさったのか。それから、日食システムの赤字になっている決算報告書を委員全員に配付なさって審査したのか、この2点をお伺いします。

市民福祉常任委員長(井上健作君)ほとんどの方がきららには行かれておりますし、内容も御存じ、現地調査は行っておりません。
それから、日食サービス株式会社については、そのような(決算報告書の)調査は行っておりません。

(伊藤千代子君)委員会の審査のなかで会社の決算書を配らないとしたのは、委員長の御判断でしょうか。
それから4年前の6月議会である議員がきららの湯の経営について「民間が有効活用を期待している」と述べたのに対して、副市長が「民間委託も含めて検討する」と答弁した。その質疑をしたのは、委員長あなたです。
言い出した御本人が審査委員長をなさっていることについて、公平、公正な審査が委員会でできたとお考えになっていますか。

市民福祉常任委員長(井上健作君)(決算書を配らなかったのは)私は指示しておりません。
公平、公正にやっております。

(伊藤千代子君)4年前にきららの湯の経営について「民間が有効活用を期待していますよ」と述べたあなたの発言に副市長が「民間委託も含めて検討します」と言って、4年後、無償譲渡ということが決まったんです。言い出した御本人が審査委員長をなさっていて、公平、公正な審査ができたのかと聞いているんです。
それから、きららの湯の無償譲渡に関する一般質問を私がここで行っているときに、激しいやじを飛ばして発言を妨害したのもあなただけです。
そういう偏った立場の人が委員長で公平、公正な審査ができたとお考えですか。

市民福祉常任委員長(井上健作君)民間活用と同時に財政の健全化計画等々を聞いて、今後どうするかということを尋ねた。これは執行部に対する議員の一つの宿命です。公平、公正だ、公正じゃないとか、そういったことを言われる筋合いはございません。

そして賛成多数で議決され、二丈温泉きららの湯は設立2年の前原の会社に無償譲渡された。
あれから3年。会社は10月から利用料を一律100円値上げした。これは、「契約後5年間は値上げしない」という契約違反である。

71CE3076-8891-4735-B799-DCC09D1B9A8E

アンダーパス反対!の声広がる
「水害の被災地を見よ」と市民

7354942C-DDC7-405D-AEAA-84019635586E  3B70E550-7CAC-4CA3-8E46-16A041D89D22
左=今日の西日本新聞。 右=ちよ便り19号裏面から

市は国が認可した(国もカネを出す)と言って、ますます住民が大反対のアンダーパスを、潤南の住宅街に作ろうとしています。

しかし今、相次ぐ台風、豪雨で大災害が発生し、市民のみなさんから怒りの声が寄せられています。
「市長さんは水害の被災地を見てないのですか?」
「アンダーパスは水没して危険だ。この温暖化の時代にバカだよ」
「潤は名の通り、水に弱い所。前にも浸水したとハザードマップに書いてある。」
「雷山川が近いのに、地下8メートルの道路だなんて、誰が考えてもおかしい」
「気の毒に被災者は泣いている。国に無駄な税金を使わせるな。被災者支援に回せ」
「近所ではみんな、反対しています。市は財政がひっ迫しているんでしょ」
「総額80憶円もかかるのですか!ムダづかいですよ」
「地元住民の反対を押し切って、誰のためにやろうとしているの?」

 0C8E601A-1D52-49AB-953D-6398F3FB1D3B 364C3908-84C1-4D4A-858E-10DDB86C543C 
アンダーパス予定地近くのマンションでは、水害に備えて土のうを積んでいた(8月末)。
右は反対の横断幕。
「あごらの東側は平面交差で道路拡幅を!」

市役所ぐるみの犯罪とは「行政財産の貸付」森林公園樋の口ハイランドの石碑と並んで立つレジャー会社の看板44CABAFD-1151-4F66-A557-259A47D518F1  3FE5038C-165F-45E2-B654-7130519529C4

「市役所ぐるみの犯罪」とは
民間に貸付できない樋の口ハイランド森林公園(行政財産)を、レジャー業者に10年にわたって独占使用を認める違法な貸付契約を結んでいること。
その証拠に、公園入口には樋ノ口ハイランドの石碑と並んで業者の看板が立っています。

県民のために福岡県が多額の税金を使って建設した森林公園は行政財産です。行政財産は、地方自治法で民間への貸付ができません。
にもかかわらず市役所ぐるみで「民営化した、移管した、委託している」とウソをつき、レジャー業者にタダ同然で貸付けているのです。

適正な対価ではない財産の貸付は議会の議決が必要ですが、その議決もしていません。
職員に必要のない事務を命令し、市民のための大切な財産を特定業者の金もうけに使わせています。
この違法貸付で市民が自由に使えない状態にし、公園を荒廃させ、市にばく大な損害を与えているのを見過ごすことはできません。

春はお花見、夏は水遊び、秋はモミジ狩り、広大な森林公園は自然の名所でした。
市民が無料で森林の大切さ、自然と環境保護について学ぶ施設を、なんと市長は3600円の使用料を取って営業している東京のレジャー業者にタダ同然で貸付けているのです。
市長と議員の癒着に始まったこの不正を、議会はずっと黙認(擁護)してきました。
(市内の業者のみなさんには10月からごみ袋が5倍も値上げ。水道料金や各種使用料も値上げされた)。

C740CE3A-D104-4F3D-B080-B8D86AD18BFC

ごみ袋が5倍に値上げで業者が悲鳴~
165円が935円(10枚入り)に


DF24733E-2145-4FF7-9D04-B5E10C7C0640 9E499FE5-90AA-4F6B-ACC6-0DF823F03C80
糸島市の事業所用のごみ袋が6月議会で議決され、10月から5倍になった。
その件が今朝の全国ニュースで報道され、市民の方々から「ひどすぎる。個人業者は一生懸命、商売しているのに。だれが賛成したんですか?」と連絡があったので、急ぎ書いておきます。

令和元年6月議会に議案79号が出され、その説明書きが上の表です。
議会の採決前の様子を、会議録から抜粋してご紹介します。

2019年(令和元年)6月議会
副議長(堀田 勉君)
 市民福祉常任委員会に付託しておりましたので、委員長の報告を求めます。笹栗純夫委員長。
市民福祉常任委員長(笹栗純夫君)
 委員長報告を行います。
 今定例会において市民福祉常任委員会に付託されました議案4件について、審査の経過と結果を報告します。
 まず、議案第79号 糸島市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例について報告いたします。
 本案に対する討論では、事業所の納得が得られるのか疑問であり、価格を段階的に引き上げる等の措置もないため反対であるという意見や、税の公平性の観点から必要な改正であるため賛成であるとの意見、事業所用ごみ袋の新規格は、利便性の観点から見て必要であり賛成であるとの意見が出されました。
 その後、採決の結果、賛成多数で原案可決と決しました。(以下略)。
 以上、報告を終わります。

副議長(堀田 勉君)
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑の通告があっておりますので、発言を許可します。伊藤議員。
(伊藤千代子君)
 市民福祉委員会の委員長報告に対しまして、質疑をさせていただきます。まず1回目です。議案第79号についてです。
 この議案の中では、特にごみ袋が、事業所用が10枚入り162円から850円と非常に大きな引き上げになっています。
そこで、これは特に糸島市では零細業者が多いわけですけれども、そういう執行部の説明だけではなく、対象事業者に対しまして、委員会の中で声を聞くようなことをなさったかどうかをお尋ねいたします。

副議長(堀田 勉君)
 笹栗委員長。
市民福祉常任委員長(笹栗純夫君)
 ただいまの伊藤議員の質疑でございますけれども、対象事業者に聞き取りをやったかということでございますけれども、委員会の中では聞き取りはいたしておりません。

副議長(堀田 勉君)
 伊藤議員。
(伊藤千代子君)
 では、2回目の質疑です。
 ごみ収集事業においては、特に収集運搬業が年間5億円もの多額の経費を要し、財政を圧迫しております。
そういう意味で、このごみ袋だけの問題ではなく、この引き上げに関連して、やはり広い視野で、このごみ袋の引き上げの問題について、財政を圧迫している要因についても広い視野で委員会では議論がなされたのかということを2回目にお尋ねをします。

副議長(堀田 勉君)
 笹栗委員長。
市民福祉常任委員長(笹栗純夫君)
 伊藤議員の質疑で、財政に関して圧迫しているということでございますけれども、幅広く議論を行いましたけれども、今申されました内容については議論は行っておりません。

副議長(堀田 勉君)
 伊藤議員。
(伊藤千代子君)
 では、最後の質疑になります。
 今のお話では、随意契約しているごみ収集事業の関係については議論はなさっていないということがわかりました。
 では、3番目と4番目をまとめてお尋ねをします。政策立案の段階で、十分な市民の声を議会として聞いたと言えるのかということは1番に関連してお尋ねをします。
 それから、この議案4つの審査と討論及び採決にかかった時間はどのようになっておりますか。
 つまり、最近、さまざまな委員会の議案の審議の時間を見ておりますと非常に短いところも結構ありますので、それで最後にかかった時間について伺いたいと思います。

副議長(堀田 勉君)
 笹栗委員長。
市民福祉常任委員長(笹栗純夫君)
 質疑に対する答弁を行います。
 ただいま言われました3番目の要旨でございますけれども、今定例会における市民福祉常任委員会に付託された議案の審査経過と結果に対する質疑の範囲を超えておりますので、お答えする立場にないと考えます。
 なお、私どもが審査に要した時間を、十分な審議ができたかということだろうと思いますけれども、おおむね1時間でございます。その1時間は執行部より説明を受け、質疑、自由討議、討論、採決の時間を合わせて1時間でございます。
 以上です。
副議長(堀田 勉君)
 これをもちまして、質疑を終わります。

^^^^^^^^^^^^
質疑は制約があり、自由にモノが言えないが、市民福祉委員会で十分な審議がされたとは思えない点は理解いただけたと思う。
反対討論は、共産党の後藤議員が行った。

^^^^^^^^^^^^^  
副議長(堀田 勉君)
 賛成議員多数です。したがって、議案第79号は原案のとおり可決されました。
(反対は伊藤、後藤、柳の三人だけであった。ほとんどオール与党であるのがよくわかる)

ごみ袋の値段が高いのは特定業者への随意契約が原因
糸島市において、ごみ袋の値段が高いのは、特定業者への随意契約があまりに多いためです。それがどれほど市の財政を圧迫しているかについては、きちんとした調査と議会での質問が必要だと痛感しています。

次のページ