本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

目をつけられた財産~平成24年3月26日議会ドキュメント

678159C6-B6D8-4D72-87AB-2BA17FDC34EA
夏には子どもたちの笑い声があふれるキャンプ場が、森林ビジネスを計画中の利害関係者の目に止まった。
こんなに美しい市民の財産が、フォレストアドベンチャー事業をしたいと思っていた利害関係者の目にとまった。それがすべての始まり。

≪数億円の林間施設財産を、10年間、無償で貸す議案が可決≫
多数決では、議員の過半数(時には3分の2)が味方なら、なんでもできる。今の安倍総理率いる自民与党の国会のように。
2012年3月26日、3月議会の議決で数億円もの財産を、10年もタダで貸すという、市にとって不当な契約が合法的に実現した。議会直前に設立された会社に。
30ヘクタールの土地とキャンプ場、森林公園をタダで貸す契約議案が可決したとき、二つの施設はまだ行政財産であった。

会議録で、そのときの様子を見てみよう。(232ページ)
建設産業常任委員長(浦伊三次君)
委員長報告をいたします。
平成24年3月定例会で建設産業委員会に付託されました議案8件及び請願1件につきまして、審査の経過と結果をご報告いたします。…略
議案第6号 糸島市林間施設条例を廃止する条例について及び議案第25号 財産の貸付についての2議案に関する審査の経過と結果ですが、執行部からの説明を受け審査に入りました。

これらの議案は、真名子の木の香ランドと樋の口ハイランドの設置条例を廃止し、民間業者へ、土地、建物等の財産を(無償で)貸し付ける内容のものであります。

審査の中で、「住所も不正確で、今、資金を集めているような会社は信用できない。そのような会社に市民の財産を10年も無償で貸し付けることには賛成できない」等の意見が出された一方、
「現在の指定管理者制度のままでは発展するとは思えない。そのような中で、林間施設に目をつけてもらってよかったと思う。ただし、民間にまかせっぱなしではなく、行政でできることは最大限支援するべきである」といった意見がだされました。
採決の結果、これらの議案につきましては、両議案とも賛成多数により原案のとおり可決することに決しております。
(委員会での反対は私一人で、他の議員はみな賛成であった。)

採決
議案6号の反対討論は檜和田正子議員と私。賛成討論は、小島忠義議員、
議案25号の反対討論は、古川忠正議員と私。賛成討論は、堀田勉議員と田原耕一議員。…

議長(有田継雄君)
賛成の議員の挙手を求めます。賛成多数です。したがって、議案25号は原案の通り、可決されました。(反対~伊藤、古川、檜和田の3人)

松本前市長が、この議決の3か月前、ある議員を通じて利害関係者に会って、無償貸付を頼まれていたという事実を私が知ったのは、それから半年後、会社が経営難に陥り、契約を解除された後のことだった。
存在しない会社を事業者選定して指定管理者決定書を作成し、それを利用して財産を無償貸付する議案を作成する。公務員の知識がなければ、考えつかない不正な行政手法だろう。

20年間のぼう大な議事録を読み返すと、その時々、超少数野党の中で必死に議会活動をしてきたさまざまな思い出がよみがえる。前原の風、糸島の風、ちよ便りと、議会ニュースも20年間書き続けてきた。大事なことについては、ていねいに振り返ってみよう。

images

images (1)

yurarinko

o1080081014217273155


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):