本日 19 人 - 昨日 147 人 - 累計 196094 人
  • 記事検索

RSS

落札率100%の衝撃… 2021年6月議会質疑より


24BE0B6D-66FE-48C6-A50F-798F180922D6 C6379997-230A-4ACE-AFCF-DCFDD11E0DE2

いとう~落札率100%は市の財政に打撃だ。談合の疑いが強い。市長はどう考えるか。

馬場貢副市長~法令に基づき厳正・公平に入札した。問題ない。(右が月形市長)



価格競争がなく二社で高額な工事を分け合う結果に

前原南コミュニティーセンター建て替え工事の工事契約議案と前原南小学校増築工事の契約議案について質疑しました。二つの工事はどちらも市民の願いである絶対に必要な公共事業です。しかし、問題は入札結果。高額な工事を松吉建設(株)と(株)へいせいが2社だけで応札し、100%と99.62%(ほぼ100%)の高値落札で分けあう形になっていました。


入札結果1)前原南コミュニティーセンターの工事

5月13日、松吉建設が100%で落札し、工事契約金額は2億2858万円

FD96BA71-A522-412B-8C42-60A38AE0C09D

入札結果2)前原南小学校の工事

5月20日、(株)へいせいが 99.62%で落札し、工事契約金額は2億20万円

C598E024-5144-44E5-8AA1-292090A9F3F3


6月議会の質疑より

いとう  前原南コミュニティーセンター工事は松吉建設が落札しているが、落札率はいくらか。

100%である。

いとう 応札業者はどこか。

(株)へいせいと松吉建設(株)である。

いとう どちらの応札価格も100%で、価格競争があってない。 2社で競争し予定価格の100%はひどい。以前なら10社くらいで競争していた。100%応札は市の財政に打撃を与える。応札業者が少ない原因、毎回この2社で応札する原因は何か。

業務の多忙や予定価格と見積価格が合わないのが原因と考える。

 いとう 前原小学校校舎増築工事は(株)へいせいが落札しているが、落札率はいくらか。

99.62%である。

いとう 応札業者はどこか。

(株)へいせいと松吉建設(株)である。

いとう 応札業者が少ない原因は何か。

業務の多忙と予定価格と見積もりが合わないと考えている。総合評価方式では地域貢献の加点がある。市内業者が優位となるため、市外業者が参加を見送ると考えられる。

いとう オンブズマンが「90%以上は談合の疑いが強い」と言っている。100%や99%が当たり前のような糸島市で、公平な競争が行われていると市長は考えているのか。

馬場貢副市長 落札率は低い方が望ましいが、今回の工事は糸島市契約事務手続きに基づき、厳正・公正に入札を執行したもので何ら問題ない。業者等から苦情や談合情報は寄せられていない。


他社が参加しない入札システムこそ問題

総合評価方式条件付き一般競争入札では、他の業者が応募したくてもできないシステムになっているのが問題です。

市外業者は、市内業者優先のため、評価点が低くなり、応募しにくい状況になります。

市内業者は、へいせいと松吉建設に技術点で勝てない仕組みになっています。

つまり、糸島市内の業者で最も大きな企業が、総合評価方式の入札では有利になるシステムになっているのです。


落札率100%の衝撃~雷山運動公園整備事業約58億円も…

昨年3月、馬場副市長が企画部長のとき担当した雷山運動公園整備事業の入札は、へいせい、松吉建設の2社が参加するグループが1者入札で、落札率99.99%、ほぼ100%の落札率で、契約金額は57億6957万2865円でした。

高額ではない工事では、多くの業者が入札に参加し、落札率は多くが90%~95%になっています。もし落札率が95%なら、今回2件の工事で約2500万円の財政効果があり、他の学校改修工事に回すことができたでしょう。地場産業の振興にもっと役立ったはずです。

しかし、さらに驚くことが今度の6月議会でありました。それは次回。


※関連ブログは、2020年6月のアーカイブをご覧ください。

※総合評価方式条件付き一般競争入札の「評価値の根拠」

 評価値は価格評価点と技術評価点を合計したもの。価格評価点は予定価格に対して応札価格の割合で1%が1点に相当する。技術評価点は企業の技術力、地域貢献、労働の福祉の項目に該当する者に13点満点となる。予定価格と応札価格が同額であると、価格評価点はゼロ。技術評価点だけで決まる。


ブログの写真に激怒し辞職勧告 議会多数派の横暴④

  D88E2A57-722F-42BD-9151-DA2E9D133C37

2013年6月議会で、三嶋俊蔵議員が「伊藤議員にいじめやんと言われて傷ついた」と言って議長に懲罰動議を提出したため懲罰委員会が設置され、委員長に谷口一成議員が選出されました。
上の写真は、懲罰委員会が私に「3日間の出席停止」の罰を与える決定をした直後、市役所のすぐそばの店に集まってゲラゲラ笑いながら祝杯を挙げている様子。

この写真を私がブログに掲載して、「私への懲罰は言論弾圧とイジメ、パワハラ」と書いたところ、議員たちはカンカンに怒って、6月19日辞職勧告決議案を提案し可決しました。
それが下の「平成25年(2013年)8月1日号広報いとしまの臨時号の記事。まるで週刊誌のようです。

  FC1B54BE-6B99-46B6-88F8-5C9A9F1BD3EF

議会便りの臨時号を発行し、このニュースを4万世帯に配りました。「次の選挙で伊藤は落ちるばい」と言って喜んだ議員がいたそうですが、それが彼らの狙いだったのでしょう。
賛成の手を挙げている議員の中には、視察中にホテルに風俗の女性を連れ込んだ議員、特定業者の社長としょっちゅう酒を飲む議員、職員を「オマエら!」と怒鳴るボス議員もいますね。
この2年前、中村隆光議員が交際していた女性をストーカーしたうえ暴力を振るったとして逮捕、起訴されたときは、みんなで「辞職は本人の判断」などと言ってかばいました。
つまりこの人たちは身内の犯罪には甘く、気に入らない議員は徹底的に叩きのめす体質を持っているということです。(議会多数派の横暴①②③を参照)。

私はこのときの懲罰で一般質問をする権利を奪われました。命を絶った課長職の職員にパワハラを振るっていたのは誰だったのか? 前原東土地区画整理事業で小島忠義議員が名義人となっている土地(ため池)は、本当に彼の所有ではないのか?
当時、議員への懲罰は議会の強い権限だったので、不当な懲罰にあっても泣き寝入りするしかありませんでした。
あるボス議員が威張った調子で言っていたのを思い出します。
「俺らは市民の代表ばい。議決があれば、裁判所も口を出せんとばい」

なお議員たちがワイワイ騒いで飲んでいた店は、馬場貢副市長が経済振興部長のとき、「商店街の活性化のため、地産地消の店をつくる」と議会で説明し、補助金を1000万円以上使って設備投資し、前原商店街に開店させた店でした。
しかしわずか1~2年で経営難に陥り閉店したという、いわくつきの店です。多額の税金を使った事業が失敗したのに、誰ひとり責任を取っていません。

懲罰動議と私の弁明
参考までに懲罰動議と私の弁明を載せておきます。
三嶋俊蔵議員の懲罰動議
  03B0BF28-D911-4643-B277-B0CFF4DC22EF

谷口一成懲罰特別委員長の報告(一部)
  E41FD691-86FE-450C-AD70-F80869441E59
「…伊藤議員は、「いじめ」という言葉を使って、三嶋議員の人権を侵害されたことについて、全く反省される様子もなく、人権に関する意識が余りにも低いと言わざるを得ません。
 これらの行為は絶対に許されるものではなく、本特別委員会では厳罰をもって対処することとし、これを機会に、伊藤議員の人権に対する意識を改めていただき、議会人としての節度ある行動を切望するものであります。…」
私には「オマエ」と怒鳴る人たちが、「議会人として節度ある行動を切望する」とは、笑っちゃいます。

私の弁明~三嶋議員による請願の紹介議員への侮辱的な質疑
CA8CBF8A-2F03-4CF6-8041-DF8AE55BFAA0 6AEC60A8-44C8-4F3D-BF30-313166255958 710FB455-494D-4AEE-B642-40F189AE437B 0A7CCD61-A086-46BA-AA02-30DE2ACF60D1以下に記載。

◯(伊藤千代子君)
おはようございます。懲罰特別委員会の委員長報告に対して弁明を行います。
6月3日の本会議で請願の紹介をしていた檜和田(正子)議員に対し、三嶋俊蔵議員の質疑が始まったとき、私が「いじめやないの」とつぶやいたのは理由があります。
三嶋議員は、以前にも自分が事前にしゃべっていたことを事細かに聞き、檜和田議員がそれに答えられないと、「そんなことも知らないのか」、「勉強すべきだ」、「私の話を聞いているのか」と、実に人を侮辱するような言い方をし、長々自分の意見を言って、住民の請願自体が間違っていると、必要でないかのような意見を述べ立てました。私は、それを聞いて本当にひどいと思いました。
後から檜和田議員が私に、「三嶋議員は私をばかにしている。私は悔しくて夜眠れなかった。質疑を利用していじめられている。これではもう請願の紹介議員にはなりたくない」、そう言いました。
紹介議員がいなかったら、住民は請願が出せなくなります。だから、今回も三嶋議員が同じような質疑を始めたので、(私の前の席にいた彼に)「いじめやないの」とつぶやいたのです。(大声を出していない)。
紹介議員の名誉を傷つけ、いじめるような質疑をさせるわけにはいきません。しかも、憲法に保障された国民の請願権を奪うような横暴を許すわけにはいかないからです。この報告は……
◯議長(有田継雄君)
 伊藤議員、最初に申し上げておりましたように、委員長報告に対する弁明でございますので、お間違いにならないように。
◯(伊藤千代子君)続
 沿っていると思うんですけれども。
 この報告は、「いじめやないの」の一言で三嶋議員が発言権を奪われたと私を非難しています。私は、「共産党は出ていけ」、「つまみ出せ」、「おまえは黙っておれ」などの怒鳴り声や大勢の不規則発言を浴びながら、「静かにしてください」と何度も注意しながら議会活動を行ってきました。
◯議長(有田継雄君)
 伊藤議員、言いましたように、委員長報告に対する弁明ですので、関係ないことは申し上げないようによろしくお願いします。
◯(伊藤千代子君)続
 そうでしょうか。心の問題をおっしゃったので、数の多数で怒鳴り散らすような人たちの横暴に私も疲労こんぱいをし、精神が消耗し、心療内科に通ったことがあります。人を平気で怒鳴るというようなことがあってはなりません。
3日間も発言停止を行われたら、私はきょう予定の一般質問ができなくなって、それこそ発言権が奪われます。波多江駅南のバリアフリー化や原発の再稼働問題、ぜひきょうの一般質問で取り上げてほしいと言われていました。それもできなくなります。…」
◯議長(有田継雄君)
 伊藤議員、3回目です。委員長報告に対する弁明でございますのでね。
◯(伊藤千代子君)続
 でも、関係ありますよ。きょう……
◯議長(有田継雄君)
 いやいやいや、それは議長が注意しよるですよ。聞かれん場合はもう停止しますよ。
◯(伊藤千代子君)続
 私は、きょう議員の暴言に耐えられないといって自殺をした職員の問題を取り上げる予定でした、この後の一般質問で。そのことを思うと、私が3日間の出席停止になると……
◯議長(有田継雄君)
 伊藤議員、先ほど注意しましたが、なお議長の命令に従っていただけませんので、これで弁明を終わります。
◯(伊藤千代子君)続
 どうして。関係あると思いますよ。議員の発言権を……
◯議長(有田継雄君)
 議長が判断してしよりますので。(「議員の発言権を奪ったらいけないということを私が一生懸命言っているんです。三嶋議員の発言権を奪ったらいけなくって、私の発言権はどうなるんでしょうか。議会は……」と呼ぶ者あり)
 ここで、地方自治法第117条の規定により、伊藤議員の退場を求めます。
  〔伊藤千代子議員退場〕

公平性のカケラもない議長です。
この懲罰議案の賛成討論は井上健作議員と小島忠義議員がおこない、お二人は19日の辞職勧告決議案の賛成討論もおこないました。

行政のチェック機能を果たさず市の不正を見逃してきた議会
議会はわたし1人を叩きのめすために何度も会議を開き、どれだけの税金と職員を使ったことでしょう。
しかし議会本来の仕事は、行政をチェックすることです。しかしそれができていません。なぜなら、糸島市は嘘とヤラセが蔓延し、虚偽公文書があふれ、特定業者とそのお友達の天国ともいうべき状態が今も続いているからです。

増え続ける核のごみ 原発の運転は中止を!

◎議会たより5月15日号に3月議会の報告がアップされたので転載します。読みにくいので下に書き出しています。
  51D23B6B-E4E1-4FC9-BC68-327465CB5299

玄海原子力発電所における核のごみの発生状況と避難訓練について
いとう~玄海原子力発電所にある核のごみの状況は?
市~低レベル放射性廃棄物は、ドラム缶で約3万8000本。使用済み核燃料は2180体が敷地内で冷却、貯蔵中である。順次、青森県六ケ所村の処分施設に搬出の予定である。
いとう~この10年間で原子力防災訓練の参加者は何人か?
市~17行政区、約800人である。(市の人口は10万人)
いとう~子ども、障がい者、要介護者、病気の人もいる。家畜を飼う農家も多い。避難の日数の想定はどうなっているか?
市~市外へ避難する一次移転の訓練では、健康講和やペット同行避難などを行い、一定期間の避難生活を見込んだものとなっている。
いとう~福島の原発事故から10年後の今も、4万人が避難生活を余儀なくされている。美しい自然を守り、市民の命を守るため、原発の運転は中止すべきではないか。
市~原子力政策はエネルギー基本計画に基づく国の責任。市は不測の事態に備え、万全を期す。

玄海原発から30キロのUPZ圏内にある姫島には核シェルターが作られています。原発事故で放射性物質が降り注ぎ、避難が必要な時、嵐など天候が悪くて船が出せない場合に備え、島の住民が3~4日避難するための施設です。普段は福祉施設として使われていますが、放射性物質を防御する設備と食料が備えられています。この設備は、約1億7000万円でなんと九州電力の関係会社が受注していました。
また、なんとか島の外に避難できても、その後、福島のように放射能によって帰還できなければどうするのでしょうか? 海が汚染されて魚を捕れなくなったらどうするのでしょうか?そのような議論はされないままです。(いとう)

コロナ禍の市民生活困窮について
いとう~水道は重要なライフライン。料金滞納による給水停止の実情と減免はどうなっているか?
市~給水停止は令和元年度が226件。令和2年度が153件である。
コロナ関係の減免措置は実行しておらず、支払い猶予で対応している。
いとう~食糧支援のフードバンクの利用状況はどうなっているか?
市~ボランティア団体が収集した食料を、市と社会福祉協議会の窓口で令和元年度は43件、2年度は108件配布した。

松本前市長のとき、「水道料金を2万円滞納して29日間、水が出ない」という若いお母さんといっしょに「子どもがいるので給水停止の措置をやめてほしい」と市にお願いに行ったとき、「水は商品。タダではやれません」と言われたことがあります。それで分割の誓約書を書いて、直ちに給水停止を解除させました。
市の政策だから職員もそう言うしかなかったのでしょう。前市長も月形市長も、平成グループ会長のお友達や春田元市長には莫大な財産を無償譲渡し、議員の口利きなら市の施設さえ無償貸付するのに、市民には「財政難」「不公平になる」と言って弱者救済の減免制度を作ろうとしません。助ける相手を間違えています。
ちなみにこの家庭は、不景気で夫の土木仕事が減って滞納してしまったのです。妻は身重で働けず、夫が毎朝、出勤前に無料の水を20リットル缶で汲みに行っていました。
コロナ禍の今は、もっとそういう家庭が増えているのではないでしょうか? 


◎同じく原発についての質問を載せておきます
原発事故時に弱者は避難できるのか?
 AA1F336E-EF50-4819-B15F-DC5AFFF7F58C 広報いとしま2018年2月15日号
下段は「手話言語法の制定と政策」について

原発再稼働による放射能汚染のリスクは 
 8BE5948C-E916-4ADD-96AD-7A18E1D9A3C9 広報いとしま2018年5月15日号

多数決で「パワハラはない」~議会多数派の横暴③

 C1EAA7DF-BBEA-451D-9E06-CB0C0C2EC00F  FB3647CA-6412-4364-AB5F-51E02E5CBD7E

2017年9月議会、懲罰事件の弁明で…。
〇伊藤千代子 
私が言いたいのは、私への懲罰は、いじめだと私は思っています。自由な議論の妨害だと思っています。違う意見でも安心して、女性や障害のある人でも安心して議員活動ができるように私は議会のパワハラをなくしたい、ずっと願っています。きょうから多くの…
〇谷口一成議長
これをもちまして、伊藤千代子議員の一身上の弁明を終わります。(「議長、動議」と呼ぶものあり) 三嶋議員。
〇三嶋俊蔵議員(=副議長)
今、伊藤議員の弁明の言葉の中に、議会のパワハラと言う言葉がありました。この議会の中に事実、そういうことがあるんでしょうか?
もしなければ、伊藤議員にその発言は取消しをお願いしたいと思います。
〇谷口一成議長
賛成議員の挙手をお願いいたします。
(賛成者挙手)
動議が成立しましたので、ここで暫時休憩します。

それから40分後。
〇谷口一成議長
再開します。
三嶋議員の動議のとおり、伊藤議員に対し、(「議会のパワハラ」)発言の取り消しを求めることに賛成の議員の挙手を求めます。
(賛成者挙手)
〇谷口一成議長
賛成議員多数です。三嶋議員の動議のとおり、伊藤議員に対し発言の取り消しを求めることに決定しました。

議員天国~「議会をなめとうとか!」
パワハラのある、なしを多数決で決める。多数決がすべての恐ろしい議会です。
私の辞職勧告決議案に、職員を「おまえら!」「議会をなめとうとか」と怒鳴る議員も名前を連ねていました。
彼らは、気に入らない職員を議会に呼びつけ長々と説教し、人権がどうだの、学校の入学式や卒業式がなっとらんだの、と言いたい放題でした。
首長や業者と結びついた利権まみれのパワハラ議会。その実態を地方自治の向上と市民生活を守るため、きちんと記録しておきましょう。

 30648AC4-6EA9-467E-920F-F664B85C0D03   D17BC1B3-5452-4C6B-8E32-16866DA37CCE
2016年11月。「一生に一度とない嫌ごとを言われた」との言葉を残し命を絶った職員の裁判で、市に賠償命令。11月11日付西日本新聞引用。

   84C57D46-78E6-4E08-B815-C90371913ED7
2019年6月議会の私の質問から。ちよ便り18号。文字が見えにくいとの声があったので、下に書きだします。

いとう~合併後、職員が上司や議員からパワハラを受けた報告は何件か?
市~職員間のパワハラは、平成23年度から30年度までに6件。議員からのパワハラの報告はない。
いとう~「うそをつくな!関係なかろうが!たいがいにせい!おまえやろうもん!議会をなめとうとか!」こんな叱責はパワハラにあたらないのか。
市~個別の言葉については、答弁を差し控える。

いとう~元職員は議員に呼び出され、「今日のお前の答弁は何や!」と机を叩いてどなられ、それ以来、胸の動悸に苦しんだという。議員のパワハラの報告がないのは、職員が泣き寝入りをいたからではないか。
市~個人がどう感じるかは個人の問題。泣き寝入りをした、パワハラと感じていないかは、答弁する立場にない。

いとう~糸島市では合併後、職員が過労自殺したが、「過重勤務と上司、議員のパワハラに苦しんでいた。この件は公務災害に認定され、市の責任は明確になったが、第三者委員会を設置し、調査したか?
市~第三者委員会の設置はしていない。
いとう~被害者の立場にたった調査記録がないのは、非常に問題だ。
私は3月19日、議員控室で「ヤクザのような言葉を使わないで」と注意したら、「いたらんこったい!オマエは帰れ!」と怒鳴られた。しかしそれをだれも注意しない。恥ずかしいことだ。

時代遅れの議会
 女性議員は、20人中2人。身近なくらしの声が届かず、暴言がまかり通る議会は、まさに時代遅れです。人権を守る議会の品性、モラルの向上が不可欠です。

関連ブログ ここをクリック
突き落とされんように気をつけや~パワハラ議会と腐った市政
バカと言ったら人権侵害か?