本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

私は女性で母親だから、常に母と子の幸せを願って活動してきた。15年前、当選して初めての一般質問で取り上げたのは、障がい児の預かり制度の実現だった。議会4階の傍聴席に、あふれるばかりにたくさんの人が、障がい者をもつお母さんたちが詰めかけて、涙ながらに応援してくださった。14年前、小学校で老朽化したポールが倒れて子どもの頭を直撃し、不幸にも亡くなったときは、学校施設の充実にもっと教育予算を増やせと取り上げた。そのころ、新日本婦人の会のお母さんたちや大工さんなどと、夏休みに学校施設を訪問して、現地調査する活動をいっしょに始めた。聴覚障がい者の皆さんと、市役所に手話通訳者の実現のため、署名活動をし、議会で取り上げ、実現にこぎつけたこともあった。東中学校しか給食がなかったので、すべての中学校に地元の食材を生かした自校直営の給食をと、署名運動をしたのは、10年も前。このときは、自校方式ではなくセンター方式で実施するという市長や与党議員たちと、どれだけ議会で論戦したことか。新婦人のみなさんや実現する会のみなさんと必死になって2年間で2万筆を集め、センター方式にいったん決まったのをくつがえして、自校方式を勝ち取った。加布里のホテル救済の道路建設問題や雷山の残土捨て場建設問題、川にヘドロを二週間も垂れ流した飲料工場の移転問題、波多江駅のエレベーター設置、水害の多い高田に避難所をつくる願い、貧困世帯への援助、高い税金、公共料金の問題、玄海原発の危険性、・・・15年間、毎回毎回、徹底的に調査して議会で取り上げた。一般質問は一度も欠かさなかった。入院して病院から車いすで議会に出てきたこともあれば、胃がんの手術の前々日に、九大病院から議会に出てきたこともあった。この前の懲罰にあって出席停止を受けたとき以外は、毎回、質問に立った。議会で市民の切実な要求実現に力を尽くすのが議員の責任だと思って、一生懸命やってきた。関係者に取り囲まれて吊るし上げにあったり、大勢で怒鳴られたりといろんな妨害にあったけれど、くじけずに頑張ってきた。昨年度、市は、市県民税の徴収率が全県1位だったという。税金を集めるのは1位だが、使い道はどうだろう?市長は、6月議会で田原議員の質問にこたえて、潤南に中央ルートをつくっていく決意を述べた。地下8メートル、幅員36メートルの4車線の巨大道路だ。市役所もおよそ60億円で建て替えようという。30階建ての市役所を建てたいと言ったのは一昨年だったか。120億円の中央ルートより、子どもたちに安全な通学路を!市民プールを!市営住宅を!介護施設を!本格的な図書館を!・・・と言わずにおれない。市民に役立つ事業の方が、地場産業の振興になるのです!と。6月議会で出席停止にされ、一般質問できなかったのは、本当に悔しかった。どんなに苦労して、多くの市民が税金を払っていることか。市民のみなさん、声を上げよう。おかしなことは、おかしいと。市は、県内でいちばんの借金財政。これ以上、納得いかない税金の使い道は、やめてくれと言いましょう。税金は、使い道が一番大切なのだから。家庭と同じように。※ゆうべ、ジョイ倶楽部のコンサートに友人とアクロスまで。障害をもつ若者たちのコンサート。二回目でしたが、高いレベルと内容の素晴らしさ。はちきれんばかりに生き生きと踊り演奏する姿に、大感動。まさに「ハートフルコンサート、天使の奏でるハーモニー」でした。ありがとう!、



議員のなかには、競争入札と随意契約の区別もつかない人がいる。入札の仕組みを理解するのは、とてもむずかしいものだ。わかっているのは、市民の大切な税金を使う以上、年間およそ1500件、80億円ほどの市の契約が、限りなく公平公正であって、しかも地場産業の振興に役立つように、努力することだと思う。もちろん巨額の工事については、公平・効率的な観点から、市外の業者も含めて競い合う場合もある。あす7月31日と、8月9日には、下水道工事についての大きな入札がある。入札場所は、糸島市役所会議室(新館501 会議室)7月31日には、 〇香力汚水幹線(枝線)その12 築造工事で、工事場所は、 福岡県糸島市八島  予定価格は、 75,196,800 円  最低制限価格 65,595,600 円   〇小金丸汚水幹線その3 築造工事で、工事場所は、 福岡県糸島市志摩小富士  予定価格は、 65,736,300 円  最低制限価格 57,264,900 円8月9日は、 〇小金丸汚水幹線その2 築造工事で、 工事場所は、福岡県糸島市志摩小富士  予定価格 102,251,100 円  最低制限価格 89,609,100 円  (金額は、すべて消費税及び地方消費税相当額を含む。)3本とも5000万円を超え、1本は1億円を超える。 仕事の少ない時代だから、どの業者も、のどから手が出るほど欲しい仕事だろう。これについて、私のもとに、複数の市民から声が寄せられた。「今度の入札結果はもうわかっていますよ。7月31日と、8月9日の3本は、 地元の株HとM建設とM重機がとります…」というのである。「なぜそう思うのか? 入札する前から結果がわかっているなんて、おかしいではないか」というと、「入札方法が、総合評価方式(特別簡易型)というやり方だからだ」と言う。この方式については、官製談合事件を受けて、昨年あたりだったか、市が導入した制度である。メリット、デメリットについては、詳細には私もよくわからないところがあるが…。どちらにしても、この人たちの予想が当たるのか、当たらないのか、まずは結果をみてみよう。



「農業委員会をだまして同意の意見書を得た」問題では、「ウソとやらせの天才」と書いても沈黙したままの市長が、7月12日、「なぜ市長は、遺族の訴えを握りつぶしたのか?~自分自身が当事者だった」の記事については、削除するよう求めてきました。「公務災害ではない」と決めつけた事実はなく、遺族の訴えを握りつぶした事実もない、全面的に誠心誠意協力した、と主張しています。しかし市長。あなたは、3年前の議会中に自殺した職員の遺族が、「過重勤務と職場でのいじめ」を訴え、当時の人事課長に調査するよう訴えたにもかかわらず、調査をしませんでした。するべき調査をしないことで、真実を求める遺族の願いを踏みにじったのです。それがいかに遺族の心を傷つけ、公務災害申請をするうえで、大きな困難を強いたことか、わからないのですね。さらに市は、職員が何か月も夜遅くまで働いていたのを知りながら、「遺族が申し立てた時間に、職員が働いていたのは事実だが、 無理に働かせた実態はない」 と言って公務災害を認めようとしませんでした。それどころか、2011年8月1日に、遺族代理人の弁護士と私が市の人事課の窓口に行き、公務災害の申請書を提出しようとすると、「市側の弁護士に出すように」と言って、申請書を受け取ろうとしませんでした。私と弁護士が抗議して、最終的には受理しましたが、30分も窓口で押し問答しなければなりませんでした。今年3月、さまざまな困難を乗り越え、正式に公務災害の認定がおりました。もし、市長が本当に公務災害だと思うなら、職員を守り、管理監督する最高責任者として、今からでも、遺族に心からの謝罪に行くべきです。「申し訳なかった」と。そして、二度とこのような悲劇が起きないように、最善を尽くすと誓うべきです。女性に暴行し逮捕されても辞職しようとしなかった議員、職員をオマエ呼ばわりし、人にバカと言ってなぜ悪いと開き直る人権感覚のない議員、大声で怒鳴り、机を叩いて職員を怒る議員…それをまったく注意してこなかった市長。品性と人権の欠如した前原市議会からの深刻で異常な議会の実態が、この事件の背景にあります。市議会〇〇長という権力を笠に着て、市議会で威張り散らしている有力議員に、いち職員がどうして反論したり、怒りかえしたりできますか? 誰もが我慢してきたのです。      ※    ※    ※    ※    ※    ※なお、私がブログに書いている記事は、誹謗中傷ではなく、すべて調査や事実にもとづいたものであり、削除しません。私は、政治において、ウソややらせが平然と行われるのを、もっとも憎んでいるものの一人です。それを忘れないでください。



                     平和行進          7月26日。鹿家駅で、唐津・西松浦郡(玄海町)へ「引き継ぐ」             若い市議さんも! 来られてたとか(心強い!)昨日、朝8時から8時半まで、日本共産党議員団は、糸島の風を市役所の前で配りながら、演説しました。それから、古川議員の車で、ひわだ議員と私と3人で周船寺駅へ。今年も、長崎に向けて、核兵器廃絶の旗や、原発ゼロへのプラカード、などをもった30人くらいの人が集まっていました。炎天下、笑顔いっぱい、やる気満々の皆さんです。国民平和大行進は、全国各地でとりくまれ、5月6日東京・夢の島、北海道・礼文島をスタートに、全国から8月の広島・長崎めざし、「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・フクシマ」「ふたたびヒバクシャをつくるな」の願いをつないで歩いています。昨日は周船寺から深江まで歩きました。「核兵器廃絶」を訴えながら。私は、足と肩を痛めていたので、車から市役所までアナウンサーを。一歩でも二歩でもいっしょに歩きましょう!・・・と。(10時半には市役所到着。春田市長の頃は、平和行進団に市役所内で冷たいお茶を出してくださったものです)きょうは、深江駅から鹿家駅まで。のべ、70人の参加でしょうか。古川議員は、昨日も今日も、先導する車の運転で、大変だったでしょう。途中でスイカを食べたり、一休みしながら、今年も無事に20キロを歩いたのですね。あの夏の日、原爆の火に焼かれた被爆者の苦しみを思いながら…みなさん、ほんとうにお疲れ様。※若い日、アメリカが1954年3月1日、南洋のビキニ環礁でおこなった100万人が殺せる水爆実験のことを知った。日本にも放射能に汚染されたマグロが入った第五福竜丸事件のとき。母親になってから、広島、長崎の原水爆禁止世界大会に参加して、水爆実験のときの様子を、被爆したロンゲラップ島の村長さんから聞いた。地球が壊れたような大爆発と多くの島々に降り注いだ大量の死の灰。裸の子どもたちはそれを「白い雪」と思って遊び、ひどいやけどを負った。アメリカは、軍事優先で、何十年もモルモット扱いされた島民の過酷な運命を、村長さんはとつとつと語り、世界にある数万発の核兵器を共になくしましょうと涙ぐまれた。残虐な核兵器は、人類と共存できない。



同じ校区の方が26年にわたる保護司の活動で瑞寶雙光章を受賞され、きょう記念祝賀会があり、来賓として出席させていただいた。会場には、多くの保護司のかた、OBの方々にくわえ、多くの来賓が来られて、心あたたまる祝賀会だった。保護司は、犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティア。法務大臣から委嘱された「非常勤の国家公務員」だが、給与は支給されない。・・・・・・・・・・・・愛情うすい中で育ち、犯罪を犯し、リストカットを繰りかえす少女の苦悩に寄り添ったお話は、胸に残った。四半世紀という長い間、会社を経営しながら、どん底まで落ちてしまった人の立ち直りに援助してこられた人生にふれ、頭の下がる思いだった。最近は、あまりに凶悪な事件が多く、胸が痛くなる。その裏側には、実にたくさんの非行や犯罪が起きているのだろう。困難な保護司の仕事。もっと多くの人に、「保護司の役割」を知ってほしいと思ったことだった。小さな善意と努力が、町と社会を良くしていく力ですね。きょうは声をかけていただき、ほんとうにありがとうございました。※保護司は、保護観察官と協働して保護観察に当たるほか、犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき、スムーズに社会生活を営めるよう、釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行う。このような保護司は、全国に約4万8,000人。※子どもの非行や犯罪に悩む親の会が、福岡にもある。そこでは、すさまじい非行から立ち直った子ども自身が、悩む親たちに語り、励ます場もある。



「今日、選挙行ってきましたよ!主人もつれて」「派遣の息子が、正社員が当たり前の社会にっていう、共産党の訴えに共感したって。 がんばってください」昨日、宣伝カーから降りて家に帰ると、うれしい電話がかかってきた。自民党の悪政と正面から立ち向かう日本共産党の姿を、多くの国民にしって(言って)ほしい。ひわだ議員は、法律相談のために来れなかったので、私と古川議員とでまじま福岡選挙区候補の宣伝カーに乗ったが、国民の期待の声が響いてくる。糸島市は、玄海原発に近いから、原発の再稼働はとても心配。西に原発、北は海、南は山、東は風下地域。国道は大渋滞でとても逃げられないでしょ、と近所の人。消費税が上がったら、店はやっていけないという商店の人。株でぼろもうけしている市民は、ほとんどいない。アベノミクスは、関係ないという人が多いのだから。国民の7割は、中小企業(零細企業)で働いている。大企業べったり、アメリカ言いなりではない、国民が人間らしく生きていける社会を!と願わずにいられない。



「市民が選挙で選んだ伊藤議員を、なんで勝手にやめさせるのよ!と、 怒って市役所に電話した」という方が、 うちにも激励の電話を下さった。市議会では、伊藤がどんなに悪い人間か、もっと市民に知らせようと、8月1日の広報に大きく、「伊藤議員に懲罰!」「伊藤議員に辞職勧告!」の記事を載せるそうです、と私が言うと、「あきれた。伊藤さんが、何をしたっていうのよ。 市の悪事をいっしょうけんめい、追及して、市民に知らせてくれている。 あなたがいなかったら、市民は何にも本当のことはわからない。 がんばって、やめないでね!」散歩をしていても、買い物をしていても、「大変ねえ。美容院でもお客同士で話してたのよ。市長も議会もでたらめだって。 体に気を付けて、これ以上、ヤセないようにね…」市民のみなさんは、本当に(!)ありがたい。    ・・・「偉そうに伊藤さんを辞めさせようとして、 あの女性に暴行とストーカーしたうちの校区の議員はどうなったの? 議員やめないで、続けるって新聞でみたけど、ぜんぜん広報に載らなかったよね」「辞めました。市に怒りの電話が殺到したんです。世論には勝てませんでした」と私が言うと、「当然よ」。   × × ×そうなのだ。今度、私を辞職勧告したオール与党の議員たち、このひとたちは、女性に暴行したあの議員を、みんなで守りかばった。だから、「広報いとしま」に全く載らなかった。人権を守るべき議会として、恥ずかしい事であり、市民のみなさまに謝罪します…とお詫びすべきだったのに。あの議員は、市長のいとこで、元副議長で、委員長で、15人ほどもいる自民系議員のまとめ役で、市役所、市議会で相当な力を持っていたから、だれも非難しなかった。いま、飲酒運転撲滅運動をしているが、旧前原市時代に、議会に酒の匂いぷんぷんで出席した委員長の議員も、私が「退席させるべき!」と求めても、みんなでかばった。何度も議長に抗議して、ようやく本人がカンネンして退席した。私を徹底的に攻撃する議員の方たちの、道徳観や倫理観。それは、一般社会の常識と相当、ズレている。



その人は、私の議会質問のうわさを聞いて、電話してきた。市の委託事業を随意契約で請け負っている会社で働いていたが、もうやめたという。  「市の委託事業なのに、社長の一族はベンツとか、高級車を乗り回し、   自分たち社員は、ワーキングプア。生活できない。   どうしてこんな不公平なことがありようとですか?   もう、糸島はこりごりです。福岡市に引っ越します」    ・・・市の委託事業の中には、社員を公務員並みの賃金で雇う人件費を払って契約している事業がある。年間、何億円となるそれらの事業は、随意契約である。しかし、その人件費を社員にどのように払っているか、市はまったく関知していない。前原市の時から、議会で私がその点を指摘すると、市はいつもこのような答弁をしてきた。「委託料を払った後、それをどのように使うかは業者の判断で、市の関与すべきことではない…」と。ピンハネ自由なのだ。市民の税金で行っている事業で、そんなデタラメなことがあっていいものか? 公務員並みの人件費を補償する理由は、市民サービスを確保するためだ。社員を使い捨てのように雇っていたら、市民サービスは低下し、社員(市民)の人権にかかわる。私は、この若者と約束した。時間はかかるが、この問題も必ず市民に明らかにして、現場で働く人たちが泣かされないような告発と提案をしていく、と。    × × × ×選挙となれば、松本市政のもとで、「わが世の春」を謳歌している人たちが、つまりさまざまな利害関係者が、応援に駆け付ける。その先頭に立っているのが、与党議員のみなさんだ。次回は、議員とカネもうけについて。



国民所得が減って、ワーキングプアが増え、消費が冷え込んでいるいまの時代に、小さい会社や昔ながらの事業を続けていくのは、ほんとうに大変。町を歩くと、どこの自営業者さんも経営に苦労し、「税金に追われている」「子どもに継がせられない」と嘆く…。濡れ手に粟のうまい話、なかなかありません。しかし、うまい話はやはりあるのです。よだれの出そうなうまい話が…教えましょうか。会社をつくって、市と契約するという手法を。随意契約なら半永久的に、毎年必ず決まった額の売り上げが、税金で保障されます。民間企業ながら、倒産の心配はありません。もちろん、営業する必要もない。随意契約ですから。まとまったお金がなくても大丈夫。設備投資の費用はいりません。場所も機械もなにもかも、市が用意してくれます。公共施設の管理運営なので。あなたはただ、(500万円くらいの)株式会社をつくって、事業登録と派遣業の登録をして、労働者を集め、市の施設に派遣すればいいのです。仕事は、市の施設でしますから、本社は必要ないのですが、契約上は本社がないと困りますから、手ごろなアパートの一室を借りれば、OKです。そこには普段、だれもいなくていいのです。カーテン閉めとけば。年に何回か、市の役人が来るだけですから。家賃3万円くらいのアパートの1室にある「会社」が、市と1億円近い契約を交わしている「すごい会社」だということは、市民にはわかりません。妻や子ども、家族も取締役にしたらいかがでしょう。 市は、毎年、公務員並みの人件費を保証してくれます。 でもそれを、実際に働く社員に出さなくったって、かまわないのです。ピンハネ自由!ただし、これは市長とその取り巻きの方々と、大の仲良しであるのが条件です。      ・・・      ・・・・※市は、会社をつくってわずか1年ちょっとの会社と、約8千万円の契約を随意契約で結んでいた。堂々と市民に言えるような契約なのか? 公務労働の現場で、なぜこのような特定業者優先の契約が? 今後、ゆっくり検証してみよう。※市長は、昨年の3月議会で、議会の開会1週間前!にできた会社に、2億円相当の資産価値のある林間施設を、10年間無料で貸す議案を提案し、日本共産党以外のオール与党の賛成で可決した。 特定業者のためには、ウソもやらせも平気な市長を、オール与党の議会が、支えている。※さっきまで、参議院選挙の宣伝カーに乗っていた。暑かった。 原発マネーに汚れていない、 政党助成金をもらっていない、 癒着や腐敗に無縁。 だから国民の立場にたてる。 糸島市も 自民党対共産党の 自共対決の構図。 「特定業者優先ではなく、市民が主人公の公平・公正な市政へ」



松本市長は、3年前の議会中に自殺した職員の遺族が、「過重勤務と職場でのいじめ」を訴え、当時の人事課長に調査するよう訴えたにもかかわらず、「公務災害ではない」と決めつけ、遺族の訴えを無視し、握りつぶした。それだけではない。遺族が公務災害の申請をするのを、さまざまに妨害した。卑劣というほかない。なぜ、こんなことをしたのか?簡単だ。市長自身が、暴言を吐く議員と同じく、直接の当事者だったからである。市長は、「公務災害ではない」と言って、まるで職員に能力がないため、勝手に長時間残業をして、死んだかのように言っていた。今回、「公務災害」に認定されて、市長は、「申し訳なかった。私の間違いだった」と遺族に頭をさげ、謝罪したのか?ノーだ。「なぜ謝罪に行かないのか。市長は、職員を管理監督する最高責任者ではないか。市役所内に、暴言やパワハラがまかり通る責任を、どう考えているのか?」今度の一般質問で、そのことも聞くつもりだった・・・・卑劣な市長と弱者の気持ちがわからないパワハラ議員。この人たちが威張り散らしている市役所で、市民にやさしい政治ができるだろうか??私は、市の言いなりの議員やマスコミに、どんなに叩かれてもかまわない。こんなに腐った市政でいいのでしょうかと、問い続ける。幼い子たちがいるのに、貧しさゆえに水道を止められて1か月近くも生活せねばならなかった母親のつらさに比べれば、たいしたことではない。だから、どんなに攻撃されても、訴え続ける。子どもたちに恥ずかしくない、公平でクリーンで、市民にあたたかい町をつくりましょうと。※総務部長によるセクハラ被害の訴えも、市長は握りつぶしたが、その時も自分自身が当事者だった。そのとき、いっしょのスナックで飲んでいたのである。市長のいるところで、女性にわいせつ行為を働いたとなると、市の信頼を失墜させ、市長の監督責任まで問われる。それが嫌だったから、隠ぺいしたのである。※※住みよい糸島市、市制(姿勢)になるように・・・みなさまにもご協力いただきたい。あなたにできることを、よろしくお願いします。共産党市議団は負けません。※※※昨日、市民の方がご夫婦で、我が家に手作りの梅ジャムと焼き肉のたれを届けてくださった。「伊藤議員を励ましたくて」と。家に日本共産党の参議院選挙のビラが入ったけど、糸島の風が入っていなかった。具合が悪いのではと心配している人もいるらしい。ご安心ください。来週からは配ります。昨夜は、若い人たちの相談で夜11頃、帰宅した。「やめないでくださいよ!僕ら、困るから」と明るい声で励まされた。みなさん、ありがとう。