本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

玄海原発の3・4号機が「再稼働する」と、原子炉内の温度は20度から325度に上昇し、いま敷地内に866トンある使用済核燃料は、毎年48トンずつ増え続けます。糸島市は、20キロ圏内226人。30キロ圏内1万5千人、40キロ圏内10万人住んでいます。放射性物質は、二丈の鹿家に最速30分で到達します。いとう~国は、万一の原発事故に備え、30キロ圏内の福祉施設を改修し、    放射性物質を防ぐ「核シェルター」にする計画だ。    糸島市では、今年、姫島の「はまゆう」を2億円で工事をする。    外がどんなに汚染されても、屋内は放射能をゼロにできるというのか?危機管理部長~ゼロに近い数字になる。いとう~屋内が安全でも、外が汚染されたら、何にもならない。    糸島の魅力は、豊かな自然とその恵みだ。    「核シェルター」をつくってまで再稼働させるべきではない。    市長はどう考えるか?(市長答弁せず。)危機管理部長~放射性物質はずっと降りそそがない。おさまったら避難してもらう。いとう~農地も産業もばく大な損害を受け、住めなくなる。    自然と他の生物の命を犠牲にして、人間は生きられない。    子どもの未来を守るため、再稼働には反対だ。※「はまゆう」は、介護、医療、子育ての機能をもつ福祉施設。  去年、約9千万円で建設された。3月議会一般質問より