本日 133 人 - 昨日 177 人 - 累計 59464 人
  • 記事検索

RSS
こんなに立派な踏切を、市は廃止してしまいました。
新駅のホームが踏み切りにはみ出してしまうから、と言うのが理由ですが、あまりにお粗末な都市計画です。
1日に4,000人もの人が利用していた踏み切りをなくして、通行ができなくするのは、市民の財産の莫大な損失です。
議員の土地の開発と、土建業者の利権から始まった開発事業が、全国でも前代未聞の踏切廃止となりました。

市の批判をすると、「黙れ!」とか「出ていけ」とか、与党議員からヤジ暴言を浴びてきました。
2010年に上司や議員のパワハラを苦に職員が自殺しても、市議会の体質は変わりませんでした。
私は6年前から、議会で不当に責められたり、怒鳴られたりすると、胸の動悸が激しくなる症状に悩んできました。

9月12日、神在保育所の件を質問中、井上健作議員(自民系)が大声でヤジを飛ばし、私が注意してもやめません。
議長や他の議員も注意せず、私は胸が苦しく頭が混乱してきて、「神在保育所をタダでもらった法人の理事が、元へいせいの幹部で、3万くらい株を持っていた」というところを、「持っている」と言い間違えました。
それで懲罰委員会にかけられたのです。懲罰委員長は三嶋俊蔵議員(自民系)です。

9月26日、私は手話を使って5分間弁明しましたが、議長(自民系)に発言を中断され、採決後、出席停止3日間の罰を受けました。
去年は議員が覚醒剤で逮捕されたり、以前には女性に暴行して逮捕されたり(自民系)、酒を飲んで議会に出席したり(自民系)と、たくさん不祥事がありましたが、みんなかばって、だれも懲罰を受けていません。
あまりの理不尽さに、私は胸の動悸が激しくなって呼吸が苦しくなり、議会から救急車で搬送されました。
その後、井上議員が私への辞職勧告決議案を提出しました。こんな議会が、ほかにあるでしょうか?
これは、議会多数派によるいじめ、パワハラです。
利権がらみの「古い議会」から、「品性と良識ある市民のための議会」に変える必要があると、痛切に感じています。
 
 
 

神在保育所の移管には、5千万円の保育所財産の無償譲渡と、認可保育園になることで毎年1億2千万円の補助金を市から交付されるばく大な利権が関わっています。
社会福祉法人いとしま子どもの会の朱雀理事は、単なる市民ではなく、利害関係者です。
市が黒塗りして隠した朱雀氏の職歴には、平成グループの社会福祉法人今山会の理事と書かれていました。
今回、「なぜ応募資格のない福岡市東区の人に市の神在保育所を移管する決定をしたのか?」
その疑惑にかかわっています。


14日付で送られてきた懲罰動議は、下のとおり。
市内企業とは(株)へいせい。一般市民とは、今年4月1日に糸島市から約5千万円の神在保育所財産をタダでもらった「社会福祉法人いとしま子どもの会」の理事S氏のこと。
よってS氏は一般市民ではなく、利害関係者。役員予定者名簿に名前があったが、市は黒塗りして隠していた。S氏の職歴に、平成グループの社会福祉法人今山会理事とあったことも市は黒塗りで隠していた。(9月12日の私の一般質問参照)。
議員のみなさんは、私がS氏の株式の保有数を取り上げたことについて、怒って懲罰にしようとしている。詳細は後日。(目の具合が悪いため)
  ------------------------

風はあまりないが、雨が少し強くなってきた。
1人暮らしの高齢者の方々に電話をする。
「台風が近づいてますよ。大丈夫ですか?」
「ありがとうね。近所の人が庭の飛びそうなものを片付けてくれたよ。目が見えないのを知っとんしゃあからね」
「よかったですね。直撃はしないみたいだけど、用心してください」
 
数年前、水路があふれて玄関まで水が押し寄せてきた家にも、高齢の女性が一人で住んでいる。
「今はまだ大丈夫よ。伊藤さんの実家(鹿児島)の方に上陸しそうやねえ」
「はい、そうなんです。また、水路があふれそうなときは、電話してください。どのうを積みにいきますから」
 
去年、電動車いすで健康福祉センターあごらに避難中、突風で橋から雷山川に落ちかけた方がいる。
「無理をしちゃいけませんよ。危ないですからねえ」
「市役所は、家の二階の方が安全というが、二階の上り下りもできん。二階はトイレもないから、家にはおられんとよ。近くのマンションに行けと言われてもなあ」
「ほんとうですね。避難所が少ないですから。いざというときは早めに迎えに行きます。一人で出ないでくださいね」
 
12日の一般質問で、甚大な被害を受けた朝倉市の雨量を聞いた。
市の説明では、24時間で1000ミリ降ったという。
1年間の平均雨量は約1700ミリだから、1日で半分以上が降ったのか。
傍聴席から「ほう…」というため息のような声が聞こえた。
 
傍聴室には、雷山川の近くの住民の方々が応援に来てくださっていた。
氾濫の心配がある川の近くに、市が50億円かけて地下34メートル、地下8メートルものアンダーパスを建設しようとしているからだ。
それも、住宅街を突き抜けて。人の家の前に。
去年のバキュームカー問題以上に住民には迷惑な開発だ。
 
異常気象で、風水害が頻発している。
しかもこの周辺は、浸水予想が2メートル以下となっている。
ここの道路は、いまのままの市道で、平面での道路整備をするべきだ。
それが住民の切実な願いである。

議会から送られてきた14日付の私への懲罰動議の文書を見て、
また著しく具合が悪くなった。
懲罰委員長になった議員の名前を聞くと、汗が吹き出てきた。胸の動悸が激しくなって、眠れない。
その議員は、長年、私の質問中、議場で不規則発言を繰り返し、冷静な質問を妨害してきた。
最近のきららの湯の件でも、神在保育所の件でも。
市議会は、覚醒剤で捕まった議員も、本会議に酒を飲んで出席した議員も、女性に暴行した議員も、視察先のホテルにホテトル嬢をよんだ疑惑の議員も懲罰にかけなかったが、私はこれで3度目だ。
どんな懲罰動議が送られてきたか。


ちよ便り9号裏面

2017年09月15日

ちよ便り9号

2017年09月15日



昨日は娘の月命日で、朝から胸が苦しかった。
涼しい風が吹き始めて秋の気配が漂うと、スカーフをふんわり巻いた彼女の微笑む顔が思い出される。
 
しかし、感傷に浸ってはいられない。
年に4回しかできない一般質問の日だったから。
 
市は、この10年あまり、(私が気がついてから)
存在しない架空の会社や法人を業者選定して、決定し、
そのあと会社や法人を設立させ、契約を結ぶということを市役所ぐるみでしてきた。
今回、約五千万の価値があるのに、市が東区の人に無償譲渡した(タダであげた)神在保育所もそうだ。
 
昨日の質問では、
1、応募要項の応募資格に「今宿から西に住所を有する法人」としながら、なぜ「福岡市東区三苫3丁目・・・」の若尾氏を移管先に決定したのか?
2、移管先法人名としながら、「設立準備会」という法人ではないものを記載しているのは、ウソである。市の法令順守はどうなっているのか?
等々を尋ねるために、資料を600枚以上情報公開で求め、質問を用意していたが、市の答弁はあまりに不誠実で、ひどかった。
 
中央ルートと桂田踏切閉鎖についても、迷惑を受ける住民のことは何一つ考えない答弁だった。
傍聴に来ていた住民の方たちが、市の答弁にがっかりし、悔しく悲しい思いをされているのがじんじん伝わってくる。
私は息が苦しくなった。
1年前の9月議会でバキュームカーの問題を取りあげていたときとまったく同じ。
 
いや、市の答弁以上に、平気で大声を出し、人の質問を邪魔する議員、それをだれ一人注意しない議場に、息が詰まりそうだった。
7年前、「議員の暴言に耐えられない」という言葉を家族に残し、命を絶った職員の気持ちがよくわかる。
 
議員が覚醒剤で逮捕されたり、女性に暴行して逮捕されたりしても、辞職勧告も懲罰も求めない彼らが、私には2回の懲罰と辞職勧告を行ってきた。
19年間、私一人が、市と利害関係者との癒着、馴れ合いを議会で追及してきたからだ。
「伊藤をつまみ出せ」とか、「きさま!だまれ」とかの
集中豪雨のようなヤジはなくなったが、何人かの口汚いヤジは止まらない。
 
私は疲れたのだろうか?彼らの顔を見ると、胸が苦しく息が詰まる。怒鳴り声を聞くと、涙があふれ、呼吸困難になりそうだ。
 
市民のみなさん、今週は仕事を休ませてください。
来週からまた元気にがんばります。