本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

今朝、8時から8時半まで、日本共産党市議団は市役所の門前で「糸島の風」を配りながら、宣伝行動をした。古川議員とひわだ議員が「おはようございます!」と元気に風を配り、私が演説。『みなさんの同僚である職員が、3年前、6月議会の最中に、過重勤務と議員のいじめ、暴言に耐えられないと自殺しました。その死が、この3月、公務災害に認定されました。人権を守り、学校や教育現場でのいじめをなくすべき市役所の中で、議員のパワハラで職員が命を絶つようなことは、絶対にあってはなりません。』何人かの人が、頑張ってくださいと声をかけてくれた。ありがとうございます。国政では、安倍首相が、侵略戦争の歴史をゆがめ、平和憲法を改悪しようとしていることや、橋本大阪市長が、女性の人権を踏みにじる発言をしたことへの批判も少しいれた。まさに、国政も市政も実態は、「自共対決」・・・・・・・・・・・・演説から帰って、犬の散歩中、農家の人が、「いとうさん、tppは、農家じゃなくて消費者の問題だと言わな…」と、声をかけてきた。中国野菜だけじゃなく、アメリカの野菜も肉も危ないのだから、その通りだ。今、犬の散歩から帰ると、近所の人がたくさんのキンカンを持ってきてくれていた。ありがとうございます。みなさんのご厚意で、元気が出ます!昼からは参議院選挙に向けた政策宣伝で、マイクを握る。よかったら。声をかけてくださいね。また、張り切ってがんばれますので(笑)



今日は、波多江公民館で、政治学級に参加させていただいた。(同じ小学校区の議員3人中、2人~私と三嶋さん~が講師として出席)ほんとうに、活発な意見が次々あり、あっという間の楽しいひとときだった。私は、15年間の議員政生活の中で、心に残る一般質問、住民の方たちと力を合わせて実現したことなどを話した。議会改革についてや、市の財政状況など、問題意識の高い質問がたくさん出た。和やかな雰囲気のなかで。活発に議論し、よりよいまちづくりを!との点で一致した。呼ばれれば、どこへでも行きます。お気軽に、声を掛けてくださいね。夜は、無料法律相談。           ×     ×     ×    ×今食事をして、パソコンに向かっている。テレビでは、TPPのニュース。アメリカの「農産物の安全基準」が、日本よりずいぶん甘いこと。「食品添加物」でも「残留農薬」でも。こういう国民が知りたい情報を、マスコミが『きちんと報道』してくれるとうれしい。



橋本氏の発言が、いま内外の批判を浴びている。もともと信じられないくらい「低俗な人間性の持ち主」だということが、選挙前に多くの国民にわかってよかったと思う。性欲をコントロールできない一部の人たちは、彼の発言を歓迎するだろうが、女性の人権、女性参画社会をともにつくろうと頑張っている男性にとっても、許しがたい発言だ。           ×    ×    ×    ×いまから、福岡県庁にいくつかの件で調査に行く。ウソとごまかし、腐りきった今の糸島市政をただすには、実にエネルギーがいる。はりきって、行ってきます(笑)



3月議会、一般質問の前に、ふたりの議員が声をかけてきました。ひとりは、議員控室で。 「ため池のことは、もうせんでもよかやろう。やめときない」もうひとりは、委員会室で、 「ため池は〇〇議員のものやないと、市が言うてる。だけん、質問しなんな」ふたりとも、議会運営委員会の保守系議員。今までも、ムダな開発をめぐっては、議場前で吊るし上げにあうなど実にいろいろな経験をさせられましたが、「一般質問をするな」というのは初めてです。もちろん「はい、わかりました」と私が言うはずがないのはわかっていたでしょう。それでも、「誰かが止めないとまずい」「市が困る」ということで、このお二人がそのイヤな“役を仰せつかった”のです。それにしても、みんながウソ・偽りと知りながら、知らんふりをして真実を覆い隠し、バレそうになると、議場であろうが、廊下であろうが、議員控室であろうが、「飴とムチ」で攻撃して臭いものにフタをしようとする。その「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という《鉄壁の団結力》には、いつもいつも感心させられます。議会人としての良心がみじんも感じられない。それは、巨額の原発マネーで結びついた原発メーカー、御用学者、国と自治体の原発利益共同体と、あまりにもそっくりではありませんか。みなさんは、どう思いますか?※ 3月議会の一般質問では、ため池の所有をめぐる真実の決着は即ついた。他にも委託契約や不透明な入札のことなど、いくつかの点で行政をただす必要があった。実に多くのことが、「市民に知られないように」特定の業者の利益になるように進んでいると、いまさらながら驚かざるを得ない。「きりがない」とはまさに、このことだと思う。



連休中、ふたつの信じられないニュース。ひとつは、トルコへの原発輸出のニュース。安倍晋三首相は、両国間による原子力協定の締結について「非常に喜ばしい」と表明したそうだ。ほんとうに喜ばしい事だろうか?三菱重工などによる受注契約に向けた詰めの交渉中で、官民一体で進めてきたという。原発の安全神話が崩れたのに、なぜ外国に原発を輸出できるのか?福島第1原発では、今も汚染水漏れや15万人もの被災者が故郷離れ、苦しい避難生活を強いられているのに。               ※    ※    ※    ※ふたつめは、4月28日の政府主催の「主権回復」を記念する式典で、首相らが「天皇陛下万歳!」をしたニュース。安倍氏ら三権の長がそろって両手をあげ、声を合わせたそうだから、打ち合わせ通りだったのだろうが、戦後の民主主義の中で育ったものには、違和感がある。憲法9条を変えて軍隊を持ち、戦争ができる国づくりに執念をもつ安倍総理。不安な気持ちになった。過去の失敗、歴史に学ばなければ、さらに大きな苦しみを国民に与えることになってしまう。



最近、ある総会の席で来賓のあいさつに立った市長派の有力議員が、「まちづくりは人づくり…学校でのいじめをなくし…」と壇上から40人ばかりの住民を前に語った。私は「あなたにいじめを語る資格があるの?」と叫びたかった。この人は、私や市民、職員を怒鳴りあげてきた。議場で「議会をなめてるのか」と平気で暴言を吐く。この人のパワハラで、どれだけ多くの人が被害にあってきたことか。まるでヤクザかなんかのように、教育委員会を恫喝するような質問をする人が、どうして学校のいじめを語れるの?議場で、「余計なことまで答弁すな!…」と職員を怒鳴り散らすこの人には、品性のかけらもない。教育を語る資格などないのだ。「議員に耐えられない」という言葉を残して、人ひとり亡くなっても、まったく反省がない。ほんとうは市長が、「職員への暴言はやめていただきたい」と注意し、部下を守らなければならないのに、市長はこの議員たちと大の仲良し。ともに酒を飲み、ともに住民の反対する開発事業を推進する仲間。けっしてまともな感覚で職員を守ったりしない。市長自身が相当なパワハラ人間だから、幹部職員によるワイセツ行為を被害者の女性が訴えても、議員によるいじめ自殺を遺族が訴えても、絶対に調査しようとしない。平気で隠ぺいする。人権のないまち。ウソにやらせにいじめ、パワハラ…何でもあり。目的のためには、議会で平気でウソをつき、地方自治法も条例も無視し、「議会で議決したんだ」と強行する。手段を選ばぬ腐りきった市。議会と行政と利害関係者との癒着馴れ合いを、たとえどんな目にあおうと私は告発する。二度とふたたび、心がちぎれんばかりに嘆き悲しむ人たちを見たくないから。より良い市政を願う市民への責任として。(みなさんの応援をお願いします、糸島市の実態を回りの方へ「話して」ください。)