本日 131 人 - 昨日 177 人 - 累計 59462 人
  • 記事検索

RSS

保育園を訪ねたら、ちょうど移動図書館車パピルス号が到着したところだった。市が、「財政上」の理由で、来年度から廃止をすると言っているパピルス号。市内の何千人ものこどもたちに、本と希望と喜びを届けてきたパピスル号。喜々として絵本に群がる子どもたち。年間70万円の委託料で、どんなに子どもの教育や子育て支援に役立っていることか。それを廃止するなんて・・・有力者のためには、どんなに多額の開発予算も、湯水のようにつぎ込んでいながら。子育て支援とはかけ離れた市の決定は、納得できませんよ。子どもたちのために、移動図書館車パピルス号を守りましょう!



みなさんは、家計が火の車の時、家を新築しますか?車を買いますか?ノー!いいえです。市政も同じ。ばく大な借金財政の中で、庁舎を建て替えるとか、1000戸の住宅開発だとか、4車線の巨大地下道路(中央ルート)とか、必要でしょうか?市民の命を守ることこそ、最優先されるべきです。職員に、「お前ら、余計なことまで答弁すんな!」と怒鳴り、私に、「オマエは黙っとれ!」「伊藤をつまみ出せ!」と叫ぶ。全国にもまれな品性のない議会。黙って何でも賛成すれば、攻撃はされません。でもそれでは、議員の役目は果たせない。ムダな開発をやめなければ、市民負担は増え続けます。だから、たたかい続けてきたのです。つぎつぎと、不要不急の大型開発を推進する人たちと。その先頭に立っている市長や議会の有力議員たちと。今年は、良い年になってほしい。心から、願わずにいられません。



                ※1月4日「事務所開き」の日に・・・・※木村公一事務所HPhttp://damatoraren.jimdo.com/先日、福島の原発事故以来、危険な原発なくそうとがんばっている友人が、興奮して電話してきた。2月2日に、市議選挙と同時に行われる糸島市長選挙に、「木村公一さんが出馬表明したのよ! これで、自民党県議の無投票当選はなくなる。うれしい!」と。そうだ。やはり、民意を問う選挙がなくちゃ。さらに、話はつづく・・「素晴らしい候補者が出ることになった! 冷静であたたかく、こころやさしい木村牧師よ。 大学で教えていらっしゃるころから、大ファンだったけど、 わが町の市長選挙に出てくださるなんて、夢みたい!」私もまったく同じ気持ち。反原発ネットワークの集会などでお見かけする木村さんは、おだやかで品性あふれる知的な方だ。玄海原発に一番近い糸島市のために、全力で取り組んでくださるだろう。何よりも、インドネシアで長く教鞭をとってこられたが、貧しき人々、しいたげられた人々への限りない優しさが、その人柄にあふれている。友は、こういって電話を切った。「糸島市も変わるときよ。 あなたもがんばって!」ありがとう。わかってるわよ。わたしは、なぜか涙がこぼれた。最近、すぐ感動して涙がでてしまう。さあ、今夜は、あったかい紅茶を飲んで寝よう。