本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

市議会は、私が「いじめじゃないの」とつぶやいたのを「議会の品性を汚した」と3日間の出席停止の懲罰にし、さらにブログの記事を理由に辞職勧告をおこないました。それを8月1日付「広報いとしま」に載せ、弁明もさせず、一方的に非難しました。(日本共産党は、古川議員、ひわだ議員その他7名で「税金を使った個人攻撃だ」と厳重抗議)。≪なぜ「いじめじゃないの?」とつぶやいたのか?≫市議会には、暴言を吐く議員が複数いますが、議長はそれを一度も注意したことがありません。自民党議員の暴言は、おたがいに見て見ぬふり。それを、他の党派の議員の方たちもみな、一度も注意したことがなく、結果的に議会のパワハラを許してきました。3月の予算委員会で、部長の答弁に腹を立てた建設産業委員長が大声で、「おまえら!余計なことは答弁すんな!」と怒鳴ったときも、「職員を怒鳴る品性のないヤジは、やめるべき」と、私が発言しましたが、誰も「議会の品性を汚す」と言って、この委員長を非難しませんでした。強いものには何も言えない。学校でよくある陰湿ないじめの体質が、議会では長年続いてきたのです。6月議会で私が「いじめじゃないの?」とつぶやいたのも、請願の紹介議員に対して、失礼で侮辱的な質疑をおこなう自民系議員を注意するためでした。(前の記事参照)≪なぜ「飲酒現場の写真を撮り、ブログに載せた」のか?≫今回、私を懲罰に訴えた中心は、いままでヤジ、暴言を繰り返してきた浦伊三次議員、井上健作議員、三嶋俊蔵議員です。しかも、懲罰の決定が議会で決定されていないのに、懲罰を提案した議員と懲罰委員長(谷口一成議員)が待ち合わせてともに飲酒したのは、馴れ合いそのもの。だからこの時の写真をブログに載せ、「こんな議会でいいのでしょうか?」と訴えました。このとき私が帽子をかぶり、エプロンしていたのを「変装して写真を撮った」と非難しています。市議会は、昨年、女性に暴行し、ストーカーを行って逮捕された議員や、前原市の時、酒の匂いをぷんぷんさせ、議場に入っていた自民系議員(二人とも委員長)には、懲罰も辞職勧告もしませんでした。仲間なら、犯罪や飲酒で議会を汚した議員でも許してかばうが、反対する者は、数の力で徹底的に叩きのめす。議会制民主主義や地方自治が、踏みにじられています。 ≪不正の追及を恐れて、議員の発言権を懲罰で奪う≫今回の懲罰で私は一般質問ができず、発言権を奪われました。私は、以前から「ため池の質問はするな」と、複数の議員から圧力を受けていました。水害の危険性や地権者をごまかして市が進める「前原東土地区画整理事業」について質問させたくなかったのは、明らかです。市民生活は日々、困窮を深めています。民主主義を破壊する馴れ合いに染まることなく、市民の立場で力を尽くすこと。異常な市議会を、まともな市議会へ変えていくこと。そのことが、いま、何より大切ではないでしょうか。



素晴らしい景色ですね。どこだと思いますか?ホテル?リゾートマンション・・・・いいえ、二丈は福吉小学校の図書室からの眺めです。学校施設の改善を目的に、毎年夏休みに数日かけて、市内の小中学校を見て回り、市に要望する活動を続けています。この日8月20日は、福吉小学校と前原中学校に、大工さん、学校施設を良くする会の地域の方々、7人で。デザインも素敵ないい学校でした。こんな学校で学べる子どもたちは、幸せです。私は小学校の頃、図書室によく通っていました。ルパンやホームズ、大岡裁き、ウイリアムテル、静かなるドン、若きウイルテルの悩み、赤毛のアン・・・手当たり次第に読んでいました。ときおり、窓の外を眺めると、景色は運動場へ続く小道でした。ところが福吉小学校の図書室の窓の眺めは、カーテンをサーッとあけると、はるか彼方へ続く、海!毎日、この最高の景色を眺めながら読書ができる。すばらしい!あの青い海の彼方には、いったい何があるのと思いながら、夢や空想を膨らませられるのです・・・つぎは、前原中学校。ここでは、夏休みと言うのに、大勢の子どもたちが学校に部活動で来ていて、皆元気よく「こんにちわ!」とあいさつしてくれました。元気はつらつの子どもたちを、汗びっしょりなって指導している先生方。ほんとうにお疲れ様。ご案内してくださった二人の校長先生、ほんとうにありがとうございました。この暑さだから、教室にもクーラーが必要ですね。授業中、教室では何度の温度があるか、調査が必要と思いました。特に日の当たる窓際など。子どもたちのために、学校施設が安全で、気持ち良いものになるよう、力をあわせましょう。その仕事は、地域の建設業者さんたちの仕事になって、地場産業の振興にもなります。いま肩を痛めて、パソコンを打つのが苦になっています。糸島の風もつくっているので、しばらくブログの更新がぼちぼちとなりますが、ご了解ください。



昨日は、A君からうれしい電話があった。「障がい者年金が、わずかだが支給されることになった」という。「組合の人も、助言してくれてですね」「よかったねえ!生活費には全然足りないけど、自立の助けになるよ。よくがんばった。すごい!すごい!」私は手放しで喜んだ。彼は、「伊藤市議、伊藤市議・・・」と私を呼び、家族とうまくいかないことや、非正規のために国民年金が払えない、生活が大変なこと、などを、夜遅くでも突然電話してきてしゃべりつづける。知的な遅れはないのに、コミュニケーション能力に障害があるため、人に理解してもらえず、無視されたり、いじめにあったり。ずいぶん、いろいろな経験をしたようだ。人にとって、理解されない孤独ほどつらいことはない。彼の風貌や行動は少し風変わりだから、一歩ひいてしまう人もいるが、よくよく話せば、彼が人の悲しさに共感できる人柄であることや、社会や政治、宗教にも関心をもっていることがわかる。「母親が、介護が必要になってしまったとですよね・・・」「あなたが、これからしっかりしていかないといけないわね。お母さん、大事にしないと」「そういうことですかね」・・・・・・「広汎性発達障害」が、彼の病名。A君。がんばっているね!何年も社会の片隅でまじめに働いてきたあなたを、私は心から尊敬するよ。



西日本では、かつてない異常な暑さが続いているが、東北では連日のように集中豪雨と土砂災害のニュースが流れている。異常気象が珍しくない昨今、とくに水害の危険性は高まっている。こんなとき、水害の危険性が叫ばれている潤と浦志にある「柱田ため池と相の町ため池」を開発のために埋め立てていいのか?・・・・・・・・・・・・つい、先日も潤の住民から、水路が7月初めの大雨であふれたという相談が寄せられたばかりだ。合計2万2千㎡にもなる広大なため池は、農業用水の確保のほか、水害防止や生物の多様性など多面的機能をもつ。1時間で100ミリの雨が降れば、2200トンの雨がため池に降る。それが、徐々に下流に流れていくので、水害の防止に役立っているのだ。市と小島議員は、「ため池は、道路より高いところにあるから、水はため池に入らない。だから、水害防止にはなっていない」と言うが、雨は上から降るのである。その当たり前のことを、なぜ認めないのか?水害の危険性をごまかしているようにしか考えられない。開発区内の20万㎡ともなれば、100ミリ降れば、2万トンの雨水がここに降りそそぐのである。ぼう大な水量だ。そして、ため池埋め立て後、ここにつくる調整池は、わずか4250トン。全然足りない。市民の命を長年守ってきたため池を、住宅開発で埋め立ててよいのか?ということだ。・・・・・・・・・・・・浦志から、新田、泊にかけて、ため池の埋め立て後、集中豪雨で水路が雨水であふれ、住宅地に被害が出たら、市はどうするつもりなのだろうか?



きょう、糸島原水爆禁止協議会のみなさんと参加した原水爆禁止世界大会長崎。核兵器をなくすため、全国から集まった7千人の人で満員の会場に、あのJFKやプラトーンの映画で知られる映画監督のオリバーストーンさんが登場。大きな拍手に包まれた。笑顔の素敵な堂々たる体格のオリバー監督。力強い言葉で語ったのは、  「アメリカでは、学校で子どもたちに、   日本への原爆投下は戦争終結のために必要で正しかった、と教えている。   戦前の日本人は、ゴキブリ以下とみなされていた。   私は、保守的な家庭に育ったが、ベトナム戦争に行き、   その後、なぜアメリカが次々戦争するのか?考え始めた。   日本の敗北はすでにわかっており、原爆投下は必要ではなかった・・・。」  「歴史を学ぶことが、同じ過ちを繰り返さないこと。   日本が、戦争中、中国や韓国に侵略したことも、   きちんと学ぶことが大切、」と。※最近まで、NHKテレビのBS放送で、「もうひとつのアメリカ史」というオリバー監督の歴史を揺るがす3部作を放映していた。それは、ち密な調査と証言で、実に説得力のあるドキュメンタリーだった。今回、オリバー氏と来日したアメリカン大学のピーター・カズニック教授。16年前、ネバダでの核実験の調査で原水協の代表団の一員として、私がアメリカに行ったとき、ワシントンで平和交流があった。そのときパネラーとして、会議を進めていたのが、カズニック氏だった。きょうは、海外代表団のほか、日本中で粘り強く核兵器廃絶と原発をなくす運動に頑張っている若者、女性、市民の多彩な運動について、元気いっぱい報告があった。若者が多く参加し、明るく希望のみなぎる今年の大会は、例年以上に感動的だった。糸島の私たちは、長崎での大会を終え、またバスで会場を後にした。ウイ シャル オーバーカーム・・・と歌いながら。



前回の「癒着・なれあいをただそう!その1」の記事で、利害関係者と職員、委員長職の議員が、市の職員逮捕中に飲食していた件を書いた。   これには後日談があって、あとでわかったことだが、   この利害関係者は、議会前にも建設産業委員会のU議員と、   『自分を市長に紹介した議員』のふたりを、   飲食店で接待していた。どうりで、この議案が建設産業委員会で審議された昨年の3月議会で私が、「議会の直前にできた会社に、キャンプ場など市の大事な施設を10年間も無料で貸すのは、地方自治法上間違っている。信用できない。それに市は、会社がずっと前からあったようなウソまでついて、この議案をだした。許されないことだ」と反対したとき、自民系6人、公明1人の7人の委員全員が、すんなりこの議案に賛成した。つまり、話は裏工作ですべてついていたのである。  (その後、委員のひとりである自民系議員が   「前原は裏工作が多すぎる」と正直に語っているが…)そう言えば、このとき、今回のため池問題で、ウソをついているK議員は、「農林水産部長は、一生懸命やっている。信用してもいいと思う」などと言って、賛成の意見を述べた。自分のため池について、部長が「相の町ため池は水利組合のもの」とウソをついてくれているのを知っているから、委員会でいっしょうけんめい、部長をかばう発言をしたのだ。ほんとうに、卑劣な人たちだ。多数決で、議会本会議でも、この議案は日本共産党以外の賛成で、すんなり可決した。だれも、市のウソを責めない、追及しないのである。市の虚偽の報告を議会が許していいのか?それでは、議会制民主主義は成り立たない。地方自治は、死んだも同然だ。そして、政治倫理条例があるにもかかわらず、罰則がないからといって、利害関係者との飲食を恥じない議員。それは市長も同じだ。※昨日は議会で議員全員による委員会があった。 議員控室では、私が来る前、議員たちが  「伊藤の懲罰の記事が広報いとしまに載って、    みんな大喜びでげらげら笑って喜んでいた」 と聞いた。議員の役割、地方自治の意味を考えさせられる。みなさんは、どうお考えになりますか?



きょうは、広島に原爆が投下された日。夕方、前原駅前で、核兵器廃絶の署名行動をする。中学生、高校生が立ち止まってよくしてくれた。原水爆禁止糸島協議会のみなさんは、毎月ここか波多江駅で署名をしている。原爆の恐ろしさを、残虐さを知ったら、核廃絶を訴えずにおれない。被ばく者の苦しみが一日も早く終わるように。軽くなるように。国が、申請している被爆者を、もっと早く、認定するように。夜6時半から、伊都文化会館で平和劇を観る。戦前、アメリカから平和友好の大使として、1万2千体の人形が日本の学校に送られ、子どもたちに青い目の人形として愛される。それが、アメリカとの戦争が始まったために、「鬼畜米英」「敵国の人形は、槍でついて燃やし処分せよ…」と・・・子どもたちの歌と踊り、演技がとてもよかった。         ×    ×    ×    ×    ×夜、会議を終えて家に帰り、食事して犬の散歩。夜中になった。きょうは暑くてくたびれた。朝は、議会で3つの委員会があったが、それはまた次回。広報いとしまに、伊藤千代子懲罰と辞職勧告の記事が載った。心配くださる皆さん、ありがとうございます。やっとひと段落。次の糸島の風を準備します。とにかく、今夜はおやすみなさい。みなさんも夏バテなさらないように。



きょうは、朝からはげしい雨。志摩のふれあいでは、17回目となる「動作法による心身障がい児(者)の療育・指導」研修会が行われ、見学に行った。広い畳の部屋のマットの上で、トレーナーにトレーニーの子どもたちがマンツーマンで訓練を受けていた。時折、カミナリが鳴り響いたが、静かな空気の中でのおだやかな訓練風景だった。障がいのある子どもたちは、体が硬くなっている。自分で緊張をとりのぞくことが難しい。しかし、トレーナーの先生方のやさしいゆるやかな根気強い指導に身も心もゆだねていると、少しずつ緊張がほぐれるのか、のびのびリラックスした心と体になっていくようだ。顔の表情や体の動きを見ていると、素人の私にもわかる。障がい児(者)にとって、てきせつな訓練は、発達を促すうえでとても大切だということが伝わってくる。だからこそ、子どもたちの笑顔と成長を励みに、17年もお母さんたちは、この訓練会を続けてこれたのだろう。もちろん、それにこたえて訓練に来てくださる研修講師の先生がたがいらっしゃったおかげだが。議員になったときから、毎年のように見学にいっているが、当初の頃は先生方の宿泊先の確保から苦労しておられたのを思い出す。子どもたちはどんどん成長する。新しい顔ぶれも。小さかった子がいま二十歳を超え、作業所に元気よく通っています、などと聞くと、とてもうれしい。障がいがあっても、生き生きと生きていける社会を、だれもが願っている。乳幼児期の訓練や教育、成長してからの仕事、親亡き後の障がい者の老後など、切実な課題、願いは多い。しかし、さまざまな困難を乗り越え、明るく和気あいあいと力を合わせて取り組むお母さんたちやボランティアのみなさんが、ひときわ輝いて見えた日だった。



政治倫理条例で、市長や議員は、市民に疑われるような行為を禁じられている。職員倫理条例で、職員は利害関係者との飲食を禁じられている。市民全体の奉仕者だから、癒着・なれあいをなくし、公務員倫理を守るのはとても大切なこと。去年の1月、下水道工事の入札をめぐる官製談合で職員が逮捕された。市長は、テレビや新聞で、「公務員倫理を徹底する」と宣言した。ところがその2か月後、市は、3月議会の開会1週間前にできたばかりの会社に、およそ2億円の資産価値がある市の林間施設を、10年間無料(!)で貸すという議案を提出した。3か月前の12月16日に、議員の口利きで市長に面会にきたA氏が、会社も資金もないのを知りながら、市長は、林間施設の管理運営をA氏のつくる会社に任せると決め、部下の農林水産部長らに命令して、実行させたのだった。私伊藤千代子は、部長が議会に虚偽の報告をしていたこと、会社がつい最近設立されたばかりで、信用できないことをあげ、地方自治法違反の業者選定だと追及した。そして3月26日の議会で反対討論をおこなったが、日本共産党以外のオール与党で可決した。それから約1か月後の4月末、上記の職員がまだ逮捕されている最中に、農林水産部長と農林土木課長、職員が、利害関係者といっしょに飲食した。しかもその場には、行政をチェックすべき建設産業委員会の委員長、U議員も同席していた。私が、9月の一般質問で「利害関係者と飲食していいのか」とただすと、部長は「意見交換会だった」と答弁した。ウソをついてはならない。目撃していた人の話では、べろんべろんに酔っぱらって上機嫌だったという。こんなふざけた意見交換会が許されるのか? 糸島市では。この宴会は、「日本共産党と二丈の住民の強い反対にあったが、 それを乗り越え、無事に議案を可決して、市長の命令を達成した」という打ち上げにしか見えない。それに、U議員までいっしょだった。市と有力議員が手を結べば、何でもできる。前原東土地区画整理事業のように。私は、癒着・なれあいを正すのも議員の務めと思っている。2011年1月5日に、市長が、糸島市最大の利害関係者(株)Hの社長と肩を並べて歩くのを見て、飲食店まであとをつけた。職員の手本となるべき市長が、公務員倫理をまもらないでどうする?と思ったからだ。それは、今回のため池問題の原因となる「前原東土地区画整理事業」が、まさに始まろうとしているときだった。※このときは、業者選定をめぐって「うそとやらせ」「でっちあげ」を行ない、「存在しない会社」を「ある」と偽って、農林土木課で事務を行い、虚偽の文書まで作って、副市長まで加わった「やらせ」をしていた。※※詳しくは、「糸島の風№15 うそとやらせの業者選定」を参照。2012年9月議会の一般質問またはブログ2012年9月12日付前後参照。