本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS
719EE719-D8DE-4EB6-B676-7B8D38A64A48
私は去年(2018年)12月12日の一般質問で、前原東土地区画整理事業はもともと議員が地権者の代表になって始めたものだと追及した。
これがその証拠となる覚書。

平成15年10月14日、当時議員だった井上智氏と清水建設九州支店長は、秘密の覚書を結んだ。地権者と業者の利害関係者同士が、事業成功へ向けて全面的な協力を約束した文書である。井上氏は、開発区域に7,000㎡以上の土地を所有していた。

この9年後、随意契約で土地区画整理組合の井上智理事長と会社は、合意の基本協定書を結ぶことになる。
C0A44537-2E3B-4D23-BA65-1D03D863D55B
これを談合と言わずして何と言えばいいのか?

平成20年頃、事業費は17億円で市からの補助金はその半分8億5,000万円と言っていたのに、4年後の契約時には事業費が32億円になり、補助金は16億円になっていた。事業費がおよそ2倍に膨らんだ理由を、市が議会に説明した記録はない。

現職の小島忠義議員が区画整理区域内のため池5,669㎡の名義人であるのを知った私は、法令上問題ではないか?と議会で繰り返し問うてきたが、利害関係者ではないと、市も議会も無視し続けた。
前回も「現職議員が地権者の代表になって事業を推進しても、地方自治法上、問題はないのか」と聞くと井上建設都市部長は、「地方自治法に照らして今判断はできかねる」と答えた。この部長まで開発区域に1,576㎡の土地を持つ利害関係者だったとは。

前原市のときから、前原東土地区画整理事業では1戸4千万円の住宅を1千戸建設し、最寄りの新駅を作って販売する計画だった。(これは地元の建設業者や住宅メーカーの利害とも一致した。)
そして去年、新駅を作るために、月形市長は1日4千人が使う柱田踏切を廃止した。

そのため、バイパスと国道を結ぶ新たな南北道路が必要になった。
それが事業費80億円の「アンダーパス道路」の建設である。

今夜、「中央ルート工事、住民説明会」なるものが健康福祉センターあごらで開かれ、100人ほどの人が集まった。住宅街にアンダーパスはやめて平面交差で整備してほしいという、必死の思いで。。。
説明者は、県の職員と市の建設都市部長以下の職員。住民の切々たる地下道反対の声を聞いても、アンダーパスでやると断言した。
この町を動かしているのは一般の市民ではなく、利害関係者だといつも思う。
そして泣かされるのは、いつも弱い立場の住民だ。
しかし市民は決してあきらめないだろう。
600DA6D4-2E1F-4F1E-BE6A-8D9EE5AB16D88E1BB79E-4083-4BC3-A433-7EB6E2254CA715E8A4B9-C2D7-47AB-A625-CBAC112ECE1E29A471CE-0C66-42A6-A623-ED1DCBACA38F

#伊藤千代子#糸島市議会議員#糸島市議会

470A3880-A8B3-4A64-B040-347FD25A2191


前原東土地区画整理事業についての議会運営について、1月18日、私は公開質問状を以下の方々に送付しました。

糸島市議会    議長 田原耕一 殿   副議長 堀田勉  殿
議会運営委員会 委員長 寺崎強  殿  副委員長 井上健作 殿
         委員 笹栗純夫 殿    委員 小島忠義 殿
         委員 三嶋栄幸 殿    委員 波多江貴士殿
内容は、
1、 「小島議員が利害関係者である」という事実を、市が6年間も隠してきたことについて、どのように考えているか。
2、 議長は地方自治法117条に基づき、なぜ小島議員を除斥しなかったのか
3、 小島議員が、「利害関係者ではない」旨の虚偽の主張を議場で行なって、私の一般質問を妨害してきたことについて、どのように考えているか。
4、 真実を明らかにして、市民に説明責任を果たすべきと考えるが、いかがか。     
しかし、2月15日までに文書での回答はありませんでした。

前日の2月14日、
総務文教委員会の後、議長室で議長と議会事務局長に会った。
議長は、「公開質問状」をテーブルにおいて、
「小島議員に聞いたばってん、ため池は浦志土木水利組合のもので、カネは分配されとらんげなたいね」と言った。

「まだもらっていないから利害関係者じゃないというのですか? それを文書で回答してください」。

すると局長が「(議員を)除斥しなければならない議事って何ですか。それがわからなければ、文書で回答できません」と言った。

「小島議員は議長あての資産報告書に、土地区画整理事業区域内の土地を共同所有していると書いています。明白な地権者、利害関係者ですよ」と私。

「だから、どの議事のことを言ってあるんですか」と局長。

「議員の立場を利用して私腹を肥やすことを、政治倫理条例も地方自治法も認めていません。
小島議員は利害関係者なのに、『ため池を埋めても水害の心配はない』と農業委員会で主張し、議会では事業を推進する発言をし、私の質問を議場で妨害してきたんですよ。文書で回答してください」

「伊藤議員の質問を妨害したことを言ってあるんですか」(局長)

「もともと前原東土地区画整理事業は、井上智議員が地権者の代表になって始めた事業です。
議員が利害関係者だということを、市はいつも隠してきました。中村議員の土地を地区計画で開発したときもそうでした。ご存知でしょう。
去年の12月議会で建設都市部長は、ウソをつきました。
『小島議員は土地区画整理組合の組合員ではありません』と。本当は組合員(地権者)なのに。
議長、執行部のウソは、ちゃんと注意してください」

「・・・」

「文書で回答してください。それから、議会で市がウソばかりつくなら、名誉棄損で訴えます」と私は言った。


2月15日の期限までに、公開質問状の回答はありませんでした。しかし、「カネは分配されとらんげな」では議会人としての説明になりません。

資産価値ゼロだった柱田ため池跡地は、1㎡およそ17万円、坪55万円になりました。
相の町ため池跡地は、小島議員によってすでに売却されました。
所有者の浦志土木水利組合には、ばく大なお金が入ったでしょう。
そのお金はまだ「分配されていない」そうです。ではいつ分配するのですか。

税金を16億円もつぎ込んだ前原東土地区画整理事業。新駅事業費も含めれば、40億円を超える税金を使ったのです。
福祉や教育に使えたはずの税金を。
部長も議員も利害関係者だったとわかったら、ばく大な税金の使い道に市民の理解が得られるでしょうか。

大切なことは、小島議員が利害関係者だと知っていた議長が、なぜ除斥をしなかったかということです。
議長への資産報告(30年度)
浦志相の町19-1(区画整理1-2) (1264㎡)(浦志農事組合)
浦志相の町19-2(区画整理2-4) (506㎡)(共同所有)


#伊藤千代子#糸島市議会議員#糸島市議会#公開質問状

D94A086B-994A-4D29-AC51-00ECB976979B
昨日、広報いとしま2月15日号が配布されました。
ちよ便りで書けなかった一般質問を載せています。
ごらんください。

#伊藤千代子#糸島市議会議員#糸島市議会

c0f3716a522f03df63330ed39e641e50-260x173
今日、議員全員協議会で、雷山の運動公園の業者選定のことや、新庁舎整備のことなど5項目に渡って説明があったが、ほとんどの議員はいつものように質問しなかった。黙っているのが美徳の議会だ。
財政難の中、身近な公共施設は廃止、統合しながら、50億、60億という大事業を同時にやるのだから、疑問だらけなのだが。
しかしそれ以上に悲しいのは、品性に欠ける議員の態度。

複数の自民系議員は、人の発言を静かに聞いていることができず、グチャグチャと始終おしゃべりし、時には他の議員の発言中、「〇〇やろうが!」とか、「 × × やろうもん!」と怒鳴る。
きょうも共産党の新人のG議員が発言中、大声で怒鳴った。

私が注意すると、「国会でもヤジを飛ばそうが!何が悪いか!糸島弁じゃ!」と開き直る。
「いいえ、あなたのは気に入らない意見を言う人へのただの恫喝です」

困ったことに、この人たちは役職の偉い議員だから、だれも注意しない。
14、5人の自民党議員に守られて、何を言ってもしても許されてきた。
みんな仲良しこよし。
君たち、静かにしたまえ。みっともないぞ。
と、バシッと言ってくれる議員が現れないものか。


#糸島市議会
#伊藤千代子

スクリーンショット 2019-02-10 14.49.24
福祉や教育など、市民のために使われるべきばく大な税金が、利害関係者の議員、職員、業者の推進する開発事業に投入されています。


議会報告「ちよ便り」も合わせてごらんください。

12月議会報告ちよ便り できました

623E0CB8-C0F2-448E-A274-982BD22D9CF2
2月6日の西日本新聞から。
私も支援していた裁判の判決がありました。勝って本当に良かったです。次は国の責任が問われます。
虐待、いじめ、あらゆる理不尽な人権侵害が根絶されんことを!

  ため池でぼろ儲けしたのは…
7C181640-43FF-4D77-959E-2D6585C129E5
99B701B4-9C72-477C-8A85-5E8E1FB9460D
12月議会報告できました。
今回は、議会での建設都市部長の答弁が事実かどうか確認する必要があったため、発行に時間がかかりました。やはり虚偽でした。
市の執行部は、利害関係者の議員や業者等の便宜をはかるために過去どれだけ嘘をついてきたでしょう。

市も議会も長年の不正で倫理観がすっかり麻痺しています。
その犠牲になるのは、いつもいつも弱い立場の市民です。
下は9月議会のニュースの一部。
86BE8842-54B5-4062-AF63-31963E91DACF
20年間、白黒印刷してきましたが、今回からカラー印刷でお届けします。
なお、私がおこなった福祉関係の質問は、広報いとしま2月15日号に掲載される予定です。ごらんください。