本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

昨日の朝、コーヒーを飲みながら思った。「今朝は最高の新聞!」西日本、読売、赤旗…各紙を広げて踊る文字。「大飯原発再稼働差し止め判決」2014年5月21日3時15分、福井地裁。憲法に保障された人の生命を超える価値は見出せない、と。取り返しのつかない原発事故の教訓を踏まえた、明快で画期的な判断。新たに痛感したのは、原発事故の心配のない安全な場所は、日本列島にはないのか?ということ。何しろ、福島第一原発事故直後に、原子力委員会委員長が首相に提出した最悪のシナリオでは、半径250キロ圏内の避難を検討していた。250キロ!日本列島は、どこも原発から、250キロ圏内にスッポリはいる。福島の事故が未だ収束していない元で、再稼働していいのか?原発が止まっても、電気は足りている。子どもたちに、放射能汚染の中で生きる恐怖の世界を、残したくはない。数日前、1人の若い男性が、原発についてまとめたレポートをもって、市役所に会いに来て下さった。その情熱。真面目な心。居ても立っても居られない市民がたくさんいるはず。ただ原発なくせの思いの一点で、手をつないでいこう。思想信条も宗教も趣味も暮らしも、好きなサッカーチームもあらゆることが違っても。



数日前の西日本新聞のトップ記事。世論調査では、解釈改憲反対が51%。集団的自衛権の行使を容認する人も少数だった。原発の輸出、再稼働だけでも信じられないのに、解釈改憲での武力行使まで言い出す安倍内閣は卑怯ではないか?戦後70年近く、日本が戦争に巻き込まれることなく平和であったのは、戦争をしないと宣言した平和憲法の存在が大きかった。           ×    ×    ×私が十代の頃、アメリカは長くベトナムと戦争していた。板付の米軍基地から、ベトナムへ向けて戦闘機が飛び立っていた。日米安保条約のもとで、アメリカの戦争に巻き込まれるのではないかと、多くの若者が不安を感じていた時代。このベトナム戦争では、米軍が大量散布した枯葉剤で、ベトちゃんドクちゃんのような奇形児が多数生まれた。私は、広島や長崎の原爆投下と同じように、非人道的行為を受け入れられない。戦争中だからと、子どもや市民を殺害して、正義を振りかざす軍隊を信用できない。外国にまで出かけて行って、戦争する国を信用できない。アメリカは、ベトナム、アフガニスタン、イラクと世界中で戦争してきた。殺し殺される憎しみの連鎖で、テロの危険にさらされ続けている。日本のように、狭い国土にたくさんの原発を作ってしまった国は、テロ行為による原発攻撃こそ最も恐ろしい。平和憲法と人道的支援で、近隣諸国と平和外交を貫いてほしい。昨夜、知人が真夜中の飛行機でアメリカへ立った。別の知人は、中国、韓国からの観光客を案内する仕事をしている。今や世界は、深く繋がっている。経済も暮らしも。



5月15日は、波多江公民館の政治学級によばれて、地元議員3人のうちわたしと三嶋栄幸議員が出席しました。今年オープンした新しい公民館は、5月のさわやかなひざしをあびて、広々ときれいでした。三嶋議員と二人で交代で、議会改革や市政へのおもいを熱く語りました。和やかで、活発な意見交換会は、とても楽しく、あっという間の2時間でした。        ×     ×     ×みなさんの大きな関心のひとつは、旧波多江公民館の解体でした。築30年でまだ十分使える施設を、1100万円で解体するのは、あまりにもったいない。多くの住民が、とくに池田住民が、川を越えて、この公民館に通うのはとても大変と、サークル(公民館の講座受講生)をやめた人たちも・・・しかも大雨の時、池田住民が川をわたって現公民館に避難するのは危険です。駅に近いこのすばらしい公民館は、高齢者の憩いの場、健康づくりの場になっていました。ぜひ残してほしい、と。3月議会で、この件を質問したのは、私と三嶋議員と二人だけでした。今朝、近所で高齢の方々が集っていらしたので、話をすると、やはり公民館の解体の話をされていました。「市長に直訴しようかというひともおるとですよ」とおっしゃるかたも。市民協働のまちづくりが、いよいよ問われるときです。あとで、旧公民館の写真をアップしておきます。施設をめぐるバスの充実や、スポーツ施設の充実、それによる高齢者の健康維持は、医療費を削減し、市の財政を助けると、話がはずみました。



上の写真は、東風小学校の付近から、国道方面を撮影したもの。ほとんど車の通りがないのどかな住宅街の道を、40軒もの家を立ち退かせて、ここにはまったく似つかわしくない巨大な道路をつくっている。年内、国道北側は完成予定。将来1万台が通行すると言うが。九大に毎日1万台も行く?すぐ近くの通学路になっている市道は、潤(うるう)も浦志(うらし)も道幅が狭く、危険なところが多くて、子どもたちが危ない。子どもや市民が日常的に使う道路を安全にすることが、最優先では?この国道から南へは、さらに4車線で地下8メートルになる予定だったが、12月議会で「見直し」を求めた私の質問に、市ははじめて、交通量調査をして見直すと答弁した。毎日のように、「税金が高い」「病院代が大編」「子どもの進学費用が…」「失業した」・・・こういう市民の切実な悩みを聞いていると、税金の無駄遣いとしか思えない事業は、市民に申し訳ない。悲しい。子育て支援や高齢者福祉や、たくさんのことができるのに。財政難のなか、まだ続けますか? 中央ルートを。必要ですか? 本当に?



真っ赤なあまおう

2014年05月14日

農家の方から、取立てのイチゴをいただいた。まっかなあまおう。農業が大好きな人は、原発事故で農地が汚染されるのを、心配していた。開発で、広大な緑がつぎつぎ失われることも。母が、畑仕事の帰りに野イチゴをいっぱい積んで、帰ってきてくれた・・・遠い日が懐かしい。水と光と大地。かけがえのない自然の恵み。



訂正と謝罪

2014年05月14日

 私は、本ブログにおいて、複数回にわたり『前原東土地区画整理事業で対象となっているため池の土地は、糸島市議会議員小島忠義氏が相続によって得た個人所有であり、小島氏はそのことを隠しており、巨額の利権が絡んでいる。』『K議員は、浦志の水利組合が、二つのため池(柱田ため池と相の町ため池)の所有者だというウソを平気で言っている。』などと記載しました。 しかし、実際には、その土地は浦志土木水利組合が所有する土地であり、小島氏は、相続ではなく、組合の役員として名義を表示していたに過ぎず、私の誤った判断でした。 私が、間違った情報を複数回にわたってブログに掲載したため、小島氏に対して著しく名誉を棄損し、多大の迷惑をおかけしたことを認め、ここに謝罪し、訂正いたします。 大変申し訳ありませんでした。



連休中、2泊3日で故郷の鹿児島に帰省した。写真は、薩摩半島最南端の長崎鼻。海に溶岩がせり出し、自然の雄大さを体感できる観光名所。開聞岳は標高924m。菜の花やレンゲの頃には、実に美しい。今回、初めて砂むし風呂~砂風呂を体験した。熱い砂に埋れていると、この地面の地下には、煮えたぎったマグマがあると感じられる。ここの溶岩は、開聞岳の噴火によるもの。川内原発からおよそ60~70キロ位。昨年1千回もの噴火で鹿児島中に大量の火山灰をまき散らした桜島は、川内原発からさらに近く、およそ50キロ。灰色の溶岩道路は、迫力満点の絶景である。近年、噴火した霧島は原発から60キロくらいか。南九州は、噴火でできたくぼ地カルデラがつらなって、名高い温泉地帯となっている。鹿児島の大地が、火山灰で覆われているのは、子どもでも知っている。気象庁の火山噴火学会の会長が、「九州川内原発の立地は認められない」と5月11日付のしんぶん赤旗で語っていた。なんと原発が立地している川内は、九州南部を襲った巨大噴火に伴う火砕流に、過去何度も襲われていたというのだ。このことは、規制委員会の再稼働審査で九電自身も認めた。福島の原発事故が未だ収束できず、汚染水や廃炉への道も綱渡り状態のなかで、安倍首相は原発を外国に販売し、日本では再稼働を急いでいる。なんということだろう!降灰や火砕流は、自然災害。人間の力では止められないが、火山灰の降り積もった大地にも豊かに作物が実り、牛や豚が飼われ、温泉ができ、人々の暮らしが続く。しかし、原発事故は人災、政治災害ともいうべきもの。大量の放射能で汚染された大地を元に戻すには、何百万年という途方もない時間がかかる。そう。原発は、人類と共存できない。



今日は建設産業委員会で、午前中、所管の農林水産部の施設を巡った。伊都燦燦では、木材の再利用と山間地の森林再生に向けた施策が進められている。ここでは、薪ストーブ用の薪を作っているが、職員の方が、実際に薪を機械で割るところを見せてくれた。山林活用に向けた取り組みが期待される。森林に囲まれた緑いっぱいの瑞梅寺山の家は、これからのシーズン、家族で家族連れなどで賑わう。整然と綺麗で、非常に管理が行き届いていた。二丈の広域基幹林道沿いに2カ所展望台ができていた。そこからの眺めを写真で撮影。海と山と農地の織り成す美しい景観が、糸島の最大の魅力だ。20数キロ先に玄海原発がある。午後からは市役所で会議。白糸の残土処分場の裁判の件が、ようやく解決したという。住民の方々が、喜ばれるだろう。今日は、市民の方から2件の生活相談があった。メールでも1件。「主人が契約社員になって、子どもの学校の支払いや税金が滞っている」と若いお母さんが、電話口で涙ごえで話された。親の非正規雇用が増えて、子どもの貧困が深刻になっている。3月議会で取り上げたことを話し、就学援助の申し込みをするようすすめた。(糸島の風も参照。)15日の無料法律相談もお気軽にご利用ください。4月、5月は行事が多く、忙しかった。昨日は、初当選したやなぎ明夫議員と、はじめて市役所の門前で演説とビラ配布。6月1日からは、6月議会も始まる。市民の目線で、とくに弱者の立場で今期も議会活動をすすめます。