本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

17の保育園の子どもたちに夢と希望を届けてきた移動図書館車が、財政が厳しいと、廃止が決定しました。反対は、伊藤、柳、高橋、藤井、波多江の5人。福岡県内の一般市で最も財政が悪い糸島市は、市民のためになる小さな予算を削って、中央ルートのような大型公共事業につぎ込んでいます。私の反対討論から移動図書館車の運転業務委託費年間67万円、臨時職員の人件費を含めても年間約300万円でできる移動図書館事業を、なぜ廃止する必要があるのか、理解できません。この300万円の事業費で、17の保育園の子どもたちに、長年、笑顔と希望を届けてきたのが移動図書館車パピルス号です。行政は、現場の声を聞いて、事務を進める必要があります。今回の場合、現場の声とは、サービスを受けている子どもたちの声です。移動図書館車の廃止を、現場の保育園やこどもたちは望んではいません。幼い子どもたちは、自分の言葉で「移動図書館車をなくさないで!」と保育士の先生方に訴えることはできません。しかし、移動図書館車が軽快で楽しい音楽を流しながら保育園にやって来た時の目の輝き、そして本を選んでいるときの楽しそうな様子を見れば、子どもたちの気持ちは理解できます。わずかなお金を惜しんで、子どもたちの願いを、踏みにじるべきではありません。昨今、悲惨ないじめや虐待、青少年の犯罪の深刻化など、子どもがからんだ事件が社会不安を増大させています。未来を担う子供たちの健やかな発達のために、文化、教育の予算をきちんと確保することは、とても大事なことではないでしょうか?私は、あちこちでお母さんたちから、 「夕飯のとき、子どもが『お母さん、きょう、パピルス号きた!』と  楽しそうに話します。  こんなに子どもが喜んでいる事業をやめなければならないほど、  市は財政難なのですか?」と聞かれます。 「財政難なら、東風小学校前の中央ルートみたいな  ムダづかいをやめた方が、ずっといい」ともいいます。まったく同感です。九電への4億円もの図書館移転事業費を思えば、市長の気持ち一つで簡単に継続できることです。昨年の12月議会でも、同僚議員の方々が熱心に訴えていたように、図書館サービス検討委員会の中で、移動図書館車の廃止に反対の声がたくさんありました。だから、付帯意見として残したのです。廃止するのは、簡単です。新しく当選した市会議員のみなさんに検討委員会でだされた付帯意見をきちんと配り、もう一度、サービス検討委員会で練り直して、保護者へのアンケートも実施しながら、検討し直すべきと考えます。そして、子どもたちのために、子育て支援のために、パピスル号を残してほしい。それが心からの願いです。よって、この条例に反対します。



3月4日から、二丈バイパスの波呂北交差点角の農業振興地域だった水田(約3,000平方メートル)で造成工事が始まった。ここに、コンビニエンスストアが出店する。「農振地域の第一種農地に、なぜコンビニが出店できるのか? おかしい。調べてほしい」と言う匿名の電話があったのは、2月2日の市会議員選挙前後のこと。 「市は、自分たち農家には、 『農業振興地域に建物は建てられない』と言って、  農振除外の申請をさせないのに、でたらめだ。  不公平すぎる」と言う怒りの電話であった。農地が宅地になれば土地の値段は跳ね上がる。多くの農家が、様々な事情で農地を宅地にしたいと思っても、農業振興地域であれば不可能だ。3月議会の一般質問で、市の答弁を含め、わかった経過を書いておく。           経過         2013年5月19日、大手コンビニエンスストアが、農業振興地域内の土地に出店するための住民説明会を開く。市役所に、「休憩所および店舗出店のため」、農振除外の申請書が出され、市が受理する。2013年7月2日、農業振興地域整備促進協議会で承認される。(その後開発申請、農地転用が申請され、  今年2014年2月に許可が下り、  3月から工事が始まった。)※ここで大事なのは、農振除外は、「農業振興地域の整備に関する法律」13条第2項の5要件すべてを満たす必要があるということです。  5要件とは、   ①農用地区域以外に代替えすべき土地がない   ②農業上、効率的かつ総合的利用に支障がない    ③農用地の利用集積に支障を及ぼさない    ④用廃水施設に影響を及ぼさない    ⑤地改良事業より8年以上経過している…です。コンビニは明らかに①を満たすことができず、絶対に許可できないのに、市は申請書を受理していました。市民から「不公平だ。違法な除外は許せない」「水田を潤す川が、大型ダンプなどの泥やオイルで汚染される…」と、怒りの電話が寄せられています。農地が宅地になると、跳ね上がる土地の価格。いったい、なぜ市は、除外の申請書を受理したのでしょうか? 



明日は、午前10時から一般質問が行われます。日本共産党は、やなぎ議員が10時からトップバッターで。私は3番目なので、たぶん午後1時から。やなぎさんは、消費税問題、原発再稼働と再生可能エネルギー問題をとりあげます。私は、再稼働の危険性と避難、弱者に対する税金の徴収について、また農業振興地域除外の公平性についての3点です。市民の目線で、命、くらしを守る市政にとがんばっています。 お時間のある方は、(お時間に余裕のない方は、ぜひ!一度 インターネットで見てください) 議会へ傍聴においでください。



前原東土地区画整理事業の造成工事が、健康福祉センターあごらの西側で始まった時、市民の方から、  「あれは何の工事ですか?    運動公園かなにか、できるんですか」ときかれた。  「いえ、あれは1000戸の住宅を作って売る事業です。16億円も税金を使うのですよ」  「なぜそんなことを税金でやるのですか」  「少子化だから人口増やすとか、九大関係者に良好な住宅を提供するとか市は言ってます」  「人口が減りよるのは二丈や志摩、前原の山間地やないですか。反対ですよ」といい、  「私は健康づくりのため、寝たきり予防に役立つ、   市民プールがほしいのです。   民間のプールは、年金暮らしには高いです。   スポーツ施設とか、市民が作ってほしい施設は作らないで、   なんで住宅作るのに、多額の税金を使うのですか」私も同感です。前原東土地区画整理事業は、総額16億円。1年で平均2~3億円。東風小学校の前のあまり車が通らない道路を、あんなに広くする中央ルートも、本当に税金の無駄遣い。これだけのお金があれば、子どもたちや市民に喜ばれる事業がたくさんできるのに。



3月補正予算に反対した理由は、繰り越し明許費に前原東土地区画整理事業の2億6500万円が計上してあること。市民が大反対している潤の中央ルートにも1300万円追加。保育園の子どもたちが喜んでいる移動図書館車(年間300万円)を廃止するなど、市民のためのわずかな予算を削り、巨額の公共事業を推進することは納得できない。しかも、元議員及び現職議員名義の広大な土地がある。現職議員名義の土地の開発は、いかなる理由があろうと、市民の税金を使ってやるべきではない。市民は、いま税金が高くてどんなに苦労していることか。政治倫理上も問題であり、自分のものでなければ、名義を変えるべきである。私が、この件を議会で反対討論していたら、U議長が「討論に関係ない」と発言を中止させた。浦氏は、前原東土地区画整理事業と新駅の建設を、議会で最も熱心に求めてきた議員。しかし、私はなにがあろうと、中央ルートと前原東土地区画整理事業の推進に反対する。このふたつは、あまりに市の財政に打撃を与え、市民の願いに反しているから。



きのうの本会議で、谷口副市長の再任人事に反対した。理由は、2年前、前市長のもとで行われた指定管理者の募集において、全く資格のない人の申請書を受理し、審査していた責任者だったからだ。業者選定における不正は、市民がもっとも許すことのできないことの一つである。いかなる理由があろうと、特定業者や特定個人を、特別扱いするようなことがあってはならない。指定管理者は法人か団体でなければ申請する資格がない。ところが2年前の1月に糸島市が行った林間施設の指定管理者募集で、会社設立予定の申請書を受理した。申請に必要な登記事項証明書などの重要な書類を、なにひとつ提出できないまま、受理したのだから、驚くほかない。さらに、その業者が議会直前につくった会社に、市は「10年間も無料で市の施設を貸す」契約を結んだのである。この背景に、有力議員の存在があったのだが、とにかく昨日の反対討論を載せておく。      副市長の再任に反対する討論副市長の再任人事に反対する討論を行います。長引く不況の中で多くの市民が一生懸命生きています。市役所は市民の生活を応援し、公平、公正な市政を行う責任があります。2012年の3月議会に、二丈にある木の香ランドキャンプ場を含む林間施設を、福岡市の業者に10年間も無料で貸すという議案が、上程されました。日本共産党が調査すると、この会社が法務局に登記され、法的に設立されたのは、議員に議案が配られた2月22日だったのです。10年間も無料で市の施設を貸し付ける業者が、議会直前にできたばかりの会社、議員に議案が届いた日にできたばかりだったとは、契約当事者として、不適格と言わざるをえません。これに先立ち、林間施設を管理運営する業者を選定するため、1月、市は林間施設の指定管理者募集をおこないました。地方自治法244条では、指定管理者になれるのは、法人か団体だけです。ところが、まだ会社が設立されていないのに、2月3日、副市長、部長、課長も出席して、指定管理者選考委員会を開き、存在していないこの会社の実績を審査し、点数までつけて指定管理者にふさわしいと結論づけて、議会で説明をしていました。正式に会社として登記がされておらず、登記事項証明書や前年度事業報告書も提出できない状態であるのに、指定管理者としての申請書を受理して審査をしていたのです。これは明らかに市民の疑惑を招く行為です。結果を見ても、10年間、無料で貸す議案が賛成多数で可決し、市はこの会社と契約を結びました。しかし、3か月も立たないうちに、経済的な問題を引き起こし、契約解除をする事態となりました。地元の二丈をはじめ、市民の信頼を傷つけた業者選定の責任は、重大です。入札を含め、業者選定における副市長の権限は重いものがあります。公平に行われなければならない市の業者選定事務において、この件での副市長の責任は重く、よってこの人事案には反対します。



あしたから、長い3月議会が始まります。私は、まず玄海原発の再稼働の危険性について、一般質問をします。市民、特に弱者への税の徴収のしかたなども尋ねます。予算委員会では、財政、農業、教育、などあらゆる予算関係の質疑ができます。総額およそ600億円です。明日の3日は、人事関係の採決、5日の本会議は、補正予算で、クリーンセンターごみ処理施設の大改修、および学校給食の委託についてたずねます。さて3月議会には、保育園を巡回してきた「移動図書館車を廃止する」条例が出されています。子どもたちが喜んでいる事業をやめるのは、とても悲しいことです。写真を前に載せましたので、ごらんください。多くの議員が反対してくださるといいのですが。           ※    ※    ※大変いそがしい毎日でした。多くの方が、市政に関心を持って、傍聴に来ていただきたいと願っています。