本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

議会は、どうしてこんなにも民意とかけ離れているのか?核シェルターまで作られて、再稼働の準備がどんどん進んでいるのに、ほとんど原発についての議論が「地元議会でない」のだから。福岡県知事には、電力会社よりの方が再選された。沖縄のように、真に県民の命を守る立場に立って、国にも毅然とモノを言う知事の誕生を願う。原発なくす公約掲げて奮闘された後藤とみかずさん、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。原発再稼働を認めなかった高浜の判決をきくと、その奮闘がけっして無駄ではなかったと、心から思います。



原発から20キロ地点の姫島に、国の放射線防護対策事業で核シェルターが完成したと前回書いた。事業費は、設計費を入れると、1億7200万円になる。これだけの投資をしても、津波のときは使えない施設であることがわかった。危機管理課は総務委員会の所管。総務委員会委員のやなぎ議員が私に言った。「ここは、すぐ前は海で、津波が来たら使い物にならない。税金の無駄遣いですよ」と。福祉や教育、再生可能エネルギーにはお金を出ししぶる国が、原発再稼働のためには、実に気前がいいけれど、こんな政策、お金の使い道でいいのかしら?このシェルターの電源は、48時間しか持たないそうだから、ここにいられうのは、最長でも2日間。その二日のために作った施設。しかも、このときまだ外部が放射能に汚染されていたら、シェルターを出られない。だから住民は、赤ちゃんから高齢者まで防護服を着て、船で逃げることになる。何らかの事情で、二日以上シケガ続いたらどうなるの?船は動きませんよ?あらゆる想定を超えた事態が、自然界には起きる。放射能がどんなに怖いかは、チェルノブイリや福島の事故が教えてくれている。福島第一原発の吉田元所長は、原発事故が起きたとき、「東日本壊滅か…」と震え慄いたそうだが、放射能とは、まさにそのような恐るべき力をもった怪物なのだから。



玄海原発から約20キロ地点にある姫島のふだん福祉施設として使っている「はまゆう」が、放射線防護対策事業で万一の原発事故にそなえ核シェルターになった。事業費はなんと1億6332万円。国は着々と玄海原発の再稼働を進めている。今日の建設産業委員会での市の説明によると、原発事故が起きた時、海がシケていたら避難できない。そのため、30キロ圏内の離島は、国の税金でシェルターを作ることになった。姫島の住民約180人全員が入ることができる。  2、3日でシケがおさまったら船で避難していただくと言うので、  その時まだ外の放射能がひどかったらどうするのか?  船は放射線を防げる防護船か?ときくと、  船は普通の船だから、そのときは防護服を着てもらうという。  また身体に放射性物質をつけたままシェルターに入れないので、  逃げ込む前に除染が必要だ。  除染テントではどんな除染を行うのか?ときくと、  シャワーで洗い流し、拭き取るだけという。  赤ちゃんから寝たきりのお年寄りまで、そんなことをしなければならないというのか?  住民の被ばくを前提にした再稼働というほかない。  シェルターに逃げこむほどの放射能が海を汚染したら、  地場産業の漁業はどうなるのか?委員会ではあまり議論にならなかったが、ばく大な税金を使い核シェルターを作ってまで発再稼働したがるなんてどうかしている。来月現地に見に行く予定。