本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS
 
昨日、
建設産業委員会の視察から帰宅すると、
自宅に議会事務局から以下のファックスが届いていた。

「  
                        事務連絡
                           平成28年10月26日
 
糸島市議会議員 各位
                          建設都市部都市計画課
 
 
()環境技研の大石行政区への事務所・車庫移転の中止について(報告)
 
 標記の件について、本日、()環境技研から会社の事情により、予定していた大石行政区への事務所・車庫の移転は中止するとの報告を受けましたのでお知らせします。  
                                                                                                 」

きょう、近隣の方々にお会いすると、
目に涙を浮かべて喜んでいらした。

家の前にバキュームカーの車庫が建てられ、
し尿・ごみの収集運搬事業をされる計画を知ってからの
長い長い、1年7か月の闘いが、ようやく終わる
安堵の涙だった。

しかし、市が「住民の立場で」 
きちんと対応していれば、
しなくてもいい闘いだった。

いくら、法に触れてないからといって、
金もうけのために
やっていいことと悪いことがある。

市の税金で行う委託事業を、
住民に対する配慮なく、
何でもやっていいわけはないのだ。

住民紛争を起こした時点で、
委託を取り消すと、
厳しく会社を指導すべきだった。

会社にモノが言えない市の
市民に冷たい姿勢が浮き彫りとなった今回の事例は、
今後の糸島市政を考えるうえで、大きな教訓となるだろう。

「市と会社は、猛省して住民に謝罪すべきだ」
と考える。

それができないなら、
また同じようなことが、市内のどこかで起きるだろう。

 
 


ちよ便り4号

2016年10月19日

ちよ便り4ごうです



9月議会報告です。

およそ3億円の市の施設「きららの湯」を、
特定業者にタダでプレゼントとは!

議員が言い出し、議会が決める。
こんな馴れ合い、でたらめ、許されませんよ。

18年間、特定業者に甘く、市民、弱者を踏みつけにする
ひどい政治の実態をつぶさに見てきました。
「おかしい」と議会で主張して、
怒鳴られ、つるし上げられ、
さんざんな目にあってきました。
 しかし、
 私は、長いものに巻かれて、おとなしくはなりません。
 たとえ、懲罰にあおうが、辞職勧告にあおうが、
 市民の立場で、おかしいことは「おかしい」と、
 言い続けます。
 命ある限り。
 市民に選ばれた議員である限り。