本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS

最近、入札の結果を見ていて気がついた。7月と8月に行われた入札8件(総額3億7897万円)で、ある建設会社が市長の決めた予定価格とほとんど同額で応札していたのだ。日付工事名   予定価格(千円) 会社の応札額応札率%7月30日 香力汚水幹線 32,799    32,700 99.77月30日 泊中央幹線その3 70,292    71,000 1017月30日 泊中央幹線その4 77,615    76,000 97.97月30日 東汚水幹線     50,610    48,800 96.47月30日 東多久汚水幹線 35,960    35,000 97.39月3日 いと築管路施設15 39,111    38,800 99.29月3日 長糸地区管路施設 39,802    40,000 100.59月3日 いと築管路施設16 32,783    33,000 100.6          計      378,972    375,300  前原市の公共事業(上下水道)の入札は、500万円未満が課長、500万円以上3000万円未満が部長、3000万円以上は市長が、設計金額をもとに、単独で予定価格を決め、封筒にいれ、封をする。協議したり、他のものに見せることはない。市長は、絶大な権限をもっている。高額な公共事業ほど、99%とか98%95%と高値落札になっていて、市の財政に打撃を与えてきた。それにしても、この会社は、なぜ市長しか知らないはずの予定価格を、ほぼ正確に知っているのか。九月議会で、市長はこの会社の社長の家で飲食しているとの声があるが、事実はどうかと聞くと、否定できなかった。ちなみに、課長が予定価格を決めた100万200万程度の道路工事は、85%から90%の落札率で、予定価格を知っていると思われる会社はなかった。16日の一般質問には、傍聴席はぎっしりで、多くの市民から心のこもった激励を受けた。感謝します。


今年度、税の滞納者への差し押さえ件数は昨年度の2倍のスピード。 「差し押さえの紙に、心臓が止まるようだった。その前に、もう少し、話を聞いてほしかった」「月に10万円の収入で、重い病気の夫と保育園児の3人暮らし。それでも月に1千円の税金を払うよう、言われた。辛かった」そういう人たちの相談がこのところ、続いた。長年、まじめに働き、税金もきちんと払ってきたが、失業で生活が苦しくなり、家のローンや税金を滞納するケースが増えている。収税課に聞くと、職員ひとり、700人も滞納者を受け持っていると言う。驚いた。職員もほんとうにたいへんだし、親身な相談ができるだろうか。、一番わるいのは、失業や病気で収入が減っても、支払猶予はないし、減免もない。その上、2ヶ月以上税を滞納すると、14.6%のサラ金並みの高い延滞金がつく。10万円を5年間滞納した場合、延滞金は7万円。合計17万円の滞納に。毎月、生活が苦しく、少しずつしか返せない人は、サラ金の借金のように、滞納が減らない。この利息は、国が決めたもの。弱者に対する国の政治の冷たさ。納得できないのは、、生活保護よりもはるかに少ない人から、税を徴収しても生存権、人権の侵害にならないという市の答弁。集める側も、払う側も苦しむ今の税制度。ある市の収税課に勤めていた人の話では、差し押さえや税の収納率を上げるのを職員にきそわせ、その成績で評価をされる。ストレスでウツになったそうだ。弱者には冷たい自民党政治が、市民も自治体職員も苦しめている。 市役所は何のためにあるのか。「税の取立てはきびしいのに、なぜ中央ルートなどに税金を湯水のように使うのか」「苦労して払った税金を、納得いかない無駄な事業に使うな」という市民の怒りと声が、いま不況に苦しむ市民にあふれている。


猫ばかり飼ってきたわたしが、この11月から柴犬のおかあさんになった。まだ2ヶ月のあかちゃんだから、お漏らしの世話やごはんの世話、だっこしたり庭を散歩させたり、予防注射を受けに連れて行ったり。ちぎれんばかりに尻尾をふって、愛情をふりまくフレンドリーな彼の名は、ロン。このところ、過労気味でくたびれていたわたしを、無心にしてくれるかわいい子。6番目の家族。最近、夫婦、嫁姑、親子の喧嘩が減ってきたような。ありがたや。いまは、居間の一隅のサークルの中で、立ち上がってこっちを見ながら尻尾を振っている。夕べ来た犬好きの友人一家は、かわるがわる抱っこ。かわいい!かしこくてお利口な犬ねえ・・・。たぶんその言葉がわかるみたい。いろいろ、教えられる。ちなみに、いま息子はロンドンにいる。


税金のムダづかい「中央ルート」をふくむ市長の税金の使い道を許すかどうか、決算の採決があります。糸島大開発へ向けた志摩・二丈との合併についても、住民投票をせず、議会だけで決めようとしています。多くの市民の世論で、市民に冷たい開発市政を、クリーンであたたかな市政へ転換させましょう。〇古川忠正 議員の一般質問は、  12月16日(火)10時より 〇伊藤千代子 議員の一般質問は、 12月16日(火)11時より 〇議会での討論と採決は、最終本会議12月19日(金)朝10時より不況の中、「正月を迎えられない」と嘆く中小業者や市民。「苦労して払った税金を、中央ルートなんかに使わないで!」と町の声。不況の中、国保税、市税など税の滞納者は1万人にも。病気で倒れても失業しても税は免除されず、2ヶ月以上滞納すると、14・6%というサラ金のような利息がのしかかります。市民のくらし最優先でと、議会で訴えます。市内の中小業者支援は? 年間400億円もの予算は、市民のためのもの。公共事業は、市内の下請け業者に回っているのでしょうか?地場産業振興のための政策を提案します。借金財政の中、つぎつぎ大型事業県下で最悪の借金財政のなか、「中央ルート」や「産業団地」の他、糸島高校のあたりに新駅をつくる(8億5千万円)、浦志のサニーから南の水田20ヘクタール(町歩)をつぶして住宅開発・・・。環境は?財政は?高レベル放射性廃棄物処理場問題も、若干とりあげます。