本日 130 人 - 昨日 177 人 - 累計 59461 人
  • 記事検索

RSS
A

B

3D927A16-ADD6-4802-BF44-027AD5406705

2012年2月23日、午前10時過ぎだった。私は一般質問の発言通告書を提出するため、議会事務局に行った。
隣の議員控室の机には、3月議会に提出される議案の入った分厚い茶封筒がすでにおかれていた。封を開けると、多くの議案書とともに、「財産の無償貸付」の議案第25号が入っていた。林間施設(木の香ランドと樋の口ハイランド)を、福岡市の株式会社○○スピリットにタダで貸すという契約議案である。
いったい、どんな会社なのか?

3月3日の議会質疑で市の説明がおかしいと思った私は、3月6日、法務局に会社の登記簿を取りに行った。そこで、会社設立が2月22日であったことを知った。私が議案を受け取った日の前日に、その会社は設立されていたのである。
つまり市がこの議案を作成したとき、会社はまだ存在していなかった。市の説明は、すべてウソだった。

しかし市長派議員は、積極的に賛成討論をおこなって、議案に賛成した。私に「伊藤さん、あんた、もっと人を信用せな。性善説よ」と説教する議員もいた。前原市のときから、議会の役割は市をチェックするのではなく、不正を黙認して市の政策をともに推進することにあった。「市と議会は、車の両輪」というのが、彼らの好きな言葉だった。

3月23日、議会最終日、議案は賛成多数で可決し、松本前市長は、3月26日、無償貸付の契約を結んだ。
30万平方メートルの土地と14棟の建物が含まれるキャンプ場や森林公園を、10年間タダで貸すという契約を、議員の紹介で3か月前、初めて会ったばかりの福岡市の人と結んだのである。

549B5C0E-EE28-4AC2-ACCA-DF602412591C

議会の議決とは、本当にすごい力だ。
数億円の財産を、10年もタダで貸すという不当な契約を、合法的に実現してしまうのだから。多数決で決定される議会では、議員の過半数(時には3分の2)を味方につけたら、どんなことも可能となる。

しかも、後で気がついたのだが、この議案には「無償貸付の決定書」がなかった。前市長は、作成根拠のない議案を、部下にねつ造させたのである。まるで詐欺集団のボスのようだ。

松本前市長は、自分の財産ではない市の財産を、虚偽の公文書をつぎつぎ作成し、福岡市の人にタダで貸した。彼は、それと同じ手口で、市の財産の無償譲渡も行っていたのである。なんと恐ろしいことだろう。

c0f3716a522f03df63330ed39e641e50-260x173

忘れもしない、福岡県警は下水道工事をめぐる官製談合事件で、2012年の1月25日、糸島市役所など10カ所を捜索した。

旧前原市のときに市が発注した下水道工事の最低制限価格に関する情報を、職員が建設業者にもらして落札させた官製談合防止法違反の疑いで逮捕されたため、捜索が行われたのだった。

1月25日の寒い朝、午前10時半過ぎに捜査員が入り、下水道課などで契約に関する書類を押収していった。

当時、松本市長は神妙な顔で「職員が迷惑をかけ、申し訳ない。いっそう公務員倫理と法令順守につとめ、市民の信頼を回復していく」とマスコミや議会に述べた。

しかし、その裏ではぺろりと舌を出していた。
なぜなら、議員が紹介した人のために、木の香ランドキャンプ場や樋の口ハイランド公園(林間施設)の無償貸付を実現するため、部下に命令して「業者選定」のヤラセを計画実行していたからだ。
詐欺師のように「存在しない会社」を使って。

2012年2月13日、建設産業委員会に農林水産部長と農林土木課長が来て、部長はこう説明した。
「林間施設は、森林組合が指定管理者として管理運営していたが、今年度末で契約が満了となるので、2月3日の指定管理者選考会で業者選定した。すばらしい会社だったので、ここに民営化して貸付を検討している」

「その会社の名前は?」私が聞くと部長は、
「株式会社○○スピリット。福岡市内にある会社である。施設を使わせてもらえれば、会社を糸島にもってきて良いと言っている。そうすれば、市の雇用も増える…」と答えた。
そして、「今回、この事業のために設立された」と。

しかし、部長の説明はすべてウソだった。
会社設立は2月22日で、委員会に説明にきたこの日、会社はまだ存在していなかったからである。
部長と課長、市の幹部が二人、委員会に説明にきて、ペラペラとうそをついて帰った。私以外、みんな市長派議員だから、気楽なものである。

2月23日の朝、私は3月議会の議案を議員控室で受け取った。それには、市のキャンプ場と森林公園を10年間、株式会社○○スピリットにタダで貸すという議案が含まれていた。この会社が、前日の22日に設立されたばかりだったと、私はまだ知らなかった。

3月1日に議会が開会し、「民間に無償貸付することで、民間活力を利用でき、市の林間施設が発展する」かのような説明が行われた。
3月6日、私は法務局で調査し、この会社が議会直前に設立された事実を知った。業者選定はヤラセだったのだ。しかしそれを議会で述べても、この議案は賛成多数で可決し、松本前市長は予定通り、3月26日、行政財産の無償貸付の契約を結んだ。

議案採決の日、議員たちは、いつものように議員控室でゲラゲラ笑っていた。市がうそをつくとかつかないとか、彼らにはそんなことはどうでもいいのだ。
議会終了後、夕方から開かれる議会と市の執行部との懇親会に、議会のバスで行くか、自分の車で行くかという話題になっていた。

前市長の恐ろしさは、議会を後ろ盾に、公務員倫理や法令順守を平気で踏みにじる強権性にあった。市役所はまさに私物化状態。
大勢の議員や業者の要望で市長に当選し、圧倒的多数の議員から絶大な支援を受けていたこの市長に、怖いものはなかった。

うそもヤラセも平気。利害関係者との飲酒も平気。
議会が守れば、クロもシロになる。
長年の行政経験で、法律のウラを知り尽くした「市長」だった。

2012年、入札の情報をもらして逮捕された職員は、有罪となり、公務員の職を失った。マスコミに実名で報道され、地位も名誉も失った。
しかし、彼と松本前市長とでは、どっちが悪いだろう?卑劣なのは、どっちだ?

部下にヤラセの業者選定を実行させ、「虚偽公文書の作成」という犯罪行為を命じ、議会で虚偽の説明をさせ、地方公務員法や地方自治法に違反した不正を、市役所ぐるみで行ってきた前市長。
行政権力と議会権力に守られて、やりたい放題だった。
市民の信頼を裏切り、利害関係者のためには何でもするという、ゆがんだ市役所に変質させた彼の責任は重大だ。

行政のトップにあって、恐ろしいはずの警察さえ手玉に取り、詐欺師的手法を駆使して、大切な市の財産を無償貸付どころか無償譲渡した。その手口を調査すると、「ウソとヤラセの天才」というあだ名がぴったりの実像が浮かび上がってくる。

それについては、資料をもとに後日解説する。

72460352-6C34-41B2-9A29-67FD0536479B

2017年4月1日、市が議会の議決を得て、会社設立わずか2年の株式会社日食システムに、健康づくり施設きららの湯(簿価5億円)を無償譲渡してから1年半。
きのうは、「きららの湯」をただでやるな!の第6回口頭弁論が福岡地裁で開かれた。

弁護士が陳述したのは、日食システムの経営状況が危機的状況に陥っていること、住民サービスが低下する中で、利用者が約14万6千人と、2万人も減っていること。
つまり、被告の糸島市の事業者選定が誤りであったことが、明確になってきたということだ。

そして、民間業者に簿価5億円の行政財産を無償譲渡するにあたって、意思決定までの書類がないと市が言っていると報告集会で聞いた。
何ですって?

事業継続の必要性や民営化の妥当性、有償での売却の可能性やその経済効果等を、具体的に検討したかどうかがわかる公文書が、存在しないというのか?
それでは、木の香ランドキャンプ場の無償貸付と同じではないか。

2012年の木の香ランドキャンプ場や樋の口ハイランド公園の無償貸付は、松本前市長が自分勝手に決定し、部下にやらせたものだった。
それもまだ会社さえない人に。官製談合よりひどい。

きららの湯をただでやったのも、まさか市長が勝手に決めたわけではあるまい。
同じ議会の議決でも、タダでやるのとタダで貸すのは全然違う。

なぜ、市はタダでやる決定をしたのか?
具体的な検討書類はなぜ存在しないのか?
本当は存在しているのに、出したくないのか?
市は納税者に、市民に説明責任を果たす必要がある。
議会ではしばしば虚偽答弁を行うから、うそをつけば偽証罪に問われる裁判所という法廷の場で、月形市長に説明責任を果たしていただきたい。


夜、障がい者関係の学習会に参加した。大変心温まるよい集会だった。
そこで、まじめに謙虚に参加している市の職員さんたちを見た。
彼女らは、そこに集った障がい者の希望の光だ。
市の隅々で市民と接し、住民サービス向上に努力している多くの職員は、市の宝だ。
その努力を無にするような不正を、上層部が行っていいはずがない。

心の支え

2018年10月24日
F983A89E-6BC4-48B9-A2F3-DFF3B12F0938

「伊藤議員,Aですけど」
きのうの電話は、知的障害のある女性だった。

「新しい作業所に慣れてきました。みんないい人です。」彼女の声は弾んでいた。
「お昼になると、さあみなさん、お昼ごはんにしましょう、とやさしく声をかけてくれるし、わたしが乱暴な言葉を使ったら、いけませんよと、ていねいに言ってくれるし、…」
しばらく、嬉しそうな会話が続いた。
「それはよかったね。でも、前の所のみなさんも良くしてくれたのを忘れないでね」
「はい。またご報告します」

十数年、つとめた作業所をかわって、新しい作業所でも働いてみたいという彼女の相談を受けてから、いろいろと話をしてきた。新しいところでうまくいかなかったらどうしようかとも思ったが、本人の願いが一番だと考えた。
夏の暑い日、2人で見学に行った作業所で、スタッフや仲間の働く姿を見て彼女の心は決まった。

それからは、福祉関係のさまざまな方々のお世話になって、落ち着いた。

Aさんとはもう15年以上の付き合いになる。
「伊藤議員に助けてもらいながら、これからもがんばります」とよく言ってくれるが、そうじゃない。
助けてもらっているのは、私の方。

議会であの議員たちから辞職勧告をうけても、「あなたが必要です」といってくれる市民がいるかぎり、私はがんばれる。それが心の支え。

虚偽公文書の作成は犯罪。時効は7年

D39182D1-385B-42B9-99EE-92B937001D82
  
2012年2月6日、松本前市長は、会社が設立されていないにもかかわらず、会社が設立されていると偽る虚偽の「指定管理者決定書」を部下に作成させた。それについて、9月12日の一般質問から。

いとう~沖縄県宮古島市で今年6月18日、職員が虚偽有印公文書作成罪で有罪になり、職を失った。ご存知か?

部長~知っている。

いとう~公文書の虚偽が許されれば、どんな不正も思いのままだ。虚偽有印公文書作成罪の時効は?

部長~7年である。

いとう~2012年2月6日の指定管理者決定書(公文書)に、「存在しない会社」を指定管理者として決定している。なぜ真実ではない公文書に、松本市長以下、みんなで印鑑を押したのか? 

部長~虚偽と言われるが、設立登記の準備をしてあったから「株式会社」と記載した。市長、職員みんなで「会社は設立されるもの」と判断し、公文書を作成した。

いとう~「設立されるだろうから、会社と書いた」は、通用しない。
前市長を、虚偽公文書作成と背任容疑で刑事告発すべきだ。

月形市長~私どもは、法令順守を守っている。議員のように、(虚偽とか、背任とは)思わない。

月形市長も、財産の無償譲渡で虚偽記載
松本前市長と月形市長は、財産の無償譲渡で、法人ではない個人を法人として扱い、虚偽の公文書を作成していました。(つづく)

松本みねお前市長は、背任罪で刑事告発を!

7E304D30-7B9B-4538-B836-8E42D29EDABB

これまでの議会質問で明らかにしてきたこと
2011年12月16日、松本前市長は、議員から口利きのあったA氏(福岡市)と市役所で面会し、「木の香ランドキャンプ場(林間施設)を使ってビジネスをしたい」という要望を受け入れ、即、職員に便宜を図るよう指示した。
2012年2月3日、副市長等は、A氏の会社がないのに「ある」と偽り、林間施設指定管理者選考会を開き、選考会をパスしたという実績をつくりあげた。
2012年2月6日、前市長は、会社が設立されていないにもかかわらず、虚偽の「指定管理者決定書」、虚偽の「無償貸付の議案」を職員に作成させた。会社設立はその後の2月22日。
2012年3月1日、前市長は議会に「無償貸付の議案」を提出。議会で虚偽説明を行うとともに、口利きした議員らの協力も得て、3月23日、虚偽の議案を議決させた。
2012年3月26日、松本前市長は、まだ行政財産であった木の香ランドや森林公園を、A氏に10年間、無償貸付する契約書を締結した。


契約成立後に、宴会
 市のキャンプ場と森林公園、30ヘクタールをタダで貸す契約が成立すると、市の幹部、議員、A氏は打ち上げの宴会をし、二次会までいきました。議会中、A氏に接待を受けた議員もいます。市と議会と利害関係者が手を組めば、何でもできる。その見本です。

3か月後、契約解除
 しかしA氏の会社はすぐ財政的に行きづまり、2012年7月4日、市は契約を解除しました。違法な事務で多額の税金をムダに使ったのに、だれひとり、責任を取っていません。

すべてが計画的ヤラセ
 2012年5月発売の雑誌フォーネットに、A氏が、松本前市長に便宜を図ってもらった事実を正直に語っています。市役所を私物化した市長が、議員の口利きで始めた「計画的なヤラセ」だったのです。 
 2012年1月、下水道課の職員が別件の官製談合で逮捕され、25日、福岡県警が市役所を捜索しました。そのとき前市長は、テレビや新聞で「申し訳ない」と謝罪しながら、裏では職員を使って、虚偽の公文書を作成させ、存在しない会社をあると偽り、事業者選定を行うという組織ぐるみの官製談合を実行していたのです。
 指定管理者の決定書を利用して、行政財産の無償貸付の議案を作成させるという詐欺的手法には驚かされます。半世紀近く公務員として勤務してきた前市長の悪知恵なのか、それとも部下のアイデアかはわかりません。しかし、議会の協力がなければ、こんなデタラメな議案を通すことは不可能でした。

7C45BC90-F4A3-4187-9ABB-40B877F7C750

今日、家に帰ると、毎日新聞の「熊本市議会 議場で喉あめ 懲罰必要?」の記事が目に入った。
それで思い出したのが、合併前の前原市議会で、二日酔いの議員をかばった議員たちのことだ。

議場に入ると、隣の議員はアルコールの匂いがプンプンしていた。
夕べ相当飲んだのだろう。
私は「議長、アルコールの匂いがひどい。○○議員を退席させてください」と頼んだ。
しかし、圧倒的多数の市長派議員等は、この委員長職の議員を守るために、全力をつくした。
「ゆうべ、焼き肉を食うただけじゃ言いよる。それはニンニクの匂いじゃ」
「アルコールは測れん」
「お前が一人、退席ゆうてるだけやろうが」
などといって、みんなでかばい、議会を続行しようとした。

今のように、議会中継のない時代で、保守の男性議員たちは今以上にやりたい放題だった。
私は何度も「議長! 臭くて我慢できません」
「議長! 議長! 退席を!」と手を挙げて叫んだ。
すると、ついにその議員は、自分から立ち上がり、黙って議場を出て行った。

議会とは力関係だ。
議会の品性を汚すようなことをしても、仲間なら、絶対にみんなで守る。
だから、この20年、だれ一人、懲罰や辞職勧告を受けていない。
合併後、逮捕された議員たちも、だれひとり品性や人格を批判されないままだ。

私だけが3回の懲罰で出席停止。2回の辞職勧告。
5回とも、議会の品性を汚したとさんざん、責め立てられた。
そのすさまじいパワハラに私は呼吸が苦しくなり、昨年の9月議会では救急車で搬送されてしまった。

無償譲渡の利権が絡んでいる質問をしたから、よほど私をつぶしたかったのだろう。
前回の懲罰は、議員の土地の開発をめぐる問題で追及していたころのことだ。
その前は、前市長と建設業者との癒着なれあいを取り上げたときだった。

私が言いたいのは、
懲罰や辞職勧告にすべき議員は、もっとほかにたくさんいる、ということだ。

スクリーンショット 2018-10-18 10.00.55

きのう、広聴委員会の後、買い物をしていると、高齢のご夫婦に「伊藤議員ですか?」と声をかけられた。

「はい、そうです」
「私は○○に住んでいる○○と言います。いつも、障がい者や学校のことを取り上げていただいて、ありがとうございます」

私は驚いた。
その地域は、私の議会報告「ちよ便り」を配っていない地域だったからだ。

「どうして私の質問をお知りになったのですか」
「以前、波多江校区に住んでいて、楽しみに読んでいました。
今は市の広報で見ています。がんばってください。ずっと家族で応援しています」

私は涙が出そうになった。
この方たちは、私が懲罰や辞職勧告を受けた時、選挙前に市の広報(の議会欄)にでかでかと載ったのに、どの新聞でもその報道がされたのに、
私を信じて応援してくださっていたのだ。

私は、巨大なゾウに立ち向かうアリのように小さな存在だが、踏まれても踏まれても議員活動を続けることができたのは、陰にひなたに応援してくれる市民のみなさんのおかげだと心から思った。

感謝してもしきれない。

スクリーンショット 2018-10-18 14.40.31

インターネット中継で議会を傍聴したという女性が、
「前市長って、本当に悪いことをしてたんですね」と言った。
「わかりますか?」ときくと、
「わかりますよ。存在しない会社をあると偽るなんて、一般社会じゃ詐欺ですよ。
どうして、ほかの議員は黙っているんですか?
どうして、月形市長は前市長をかばうんですか」
「氷山の一角だから、開き直るしかないんですよ」
「怖いですね。伊藤議員、応援します。でも用心してくださいね。」

昨年の10月24日、私は、前市長が「ウソとヤラセ」の天才だというブログを書いた。1年たって、それがようやく市民に分かるようになってきた。ありがたいことだ。


そのブログを削除してくれと、前市長が糸島警察署に相談に行った件については、今年の8月のブログに書いた。
「本当のことだから、削除しません」
と断った時、刑事さんの手元にあったのは、昨年の10月24日のブログのコピーだった。

私が糸島警察署で見たのは、市の実態を知ってもらいたい一心で書いてきた、私のブログだった。

4E38B856-0E5E-4FC5-93E9-FB71B68DFB94
当事者インタビュー記事掲載の雑誌

9月議会最終日の27日、
議員全員協議会で私は、「田原議長!」と手を挙げ、
「今度の議会で、市が、会社が存在しないのに公文書を作成し、市の財産を無償貸付していたことが明らかになりました。おかしいですよ、こんなことは。100条委員会を作って、真相を究明しましょう」と言った。

すると議会事務局が「100条委員会は、議会中でなければできません」
というので、
「12月議会で、やりましょう。ねえ、みなさん、おかしいでしょう?」
と言うと、
古参議員が、「どうせ多数決ばい」と言う声が聞こえた。

「えっ! 多数決したら、委員会の設置ができないというのですか?
みなさん、おかしいと思わないんですか?
…沈黙

「○○議員、あなたは、おかしいと思うでしょう?」
…沈黙

「○○議員は? ○○議員は? ○○議員は? おかしいと思いませんか?」
つぎつぎ、議案に賛成した古参議員たちに聞いた。

沈黙した議員、怒って何か大声で叫んだ議員、「ここで議論しなければならないのですか?…」と小声で言った議員。

このときは、だれ一人、「そうだ、そんなことを許すわけにはいかない。議会制民主主義の破壊だ。真相を明らかにすべきだ」
と言わなかった。

でも、私はあきらめない。
虚偽公文書の作成は犯罪だからだ。
これ以上、職員を巻き込んで、ウソの公文書を作成させるわけにはいかない。

市も議会も、虚偽が何か? ウソが何かもわからないのか?
いや、分からないフリをしているだけだ。…と私は確信している。

無題

多額の税金を使って新駅整備事業を実施し、浦志に新駅を建設した糸島市は、
次に、九大まで鉄道を敷設して新駅を二つ、建設する構想を固めた。…

最大、290億円の事業費がかかると調査結果にあったが、だれがお金をだすのですか?
市長は市の収税課が、どんなに苦労して税金を集めているか、ご存知ですか?
税の滞納者から、タオルや洗剤、ジグソーパズルまで差し押さえて、税収を増やす努力をしているのに、税金を使う決定をする市長は、まるで市にお金が有り余っているかのような発想ばかりです。

生活が苦しい市民が、あふれています。
国保税が高い、市県民税が高い、水道料金が高い、年金が少ない、病気で医療費が払えない、そういう声を市長は聞いたことがないのでしょうか?

「新聞でこの記事を読んで、月形市長に腹がたちました。
どうして、もっと身近な市民に喜ばれることに力を尽くそうとしないのでしょうか。
障がい者や高齢者のために、教育や福祉のために、やるべきことがいっぱいあります。
九大に鉄道引くより、糸島じゅうにバスを増やしてください。
貧困の子どもたちを救ってください」
あるシングルマザーの女性が電話をくれました。
その通りです。

人口が減少する時代、どこの自治体も、できるだけばく大な費用がかかる事業はやらず、老朽化するインフラの改修や、市民福祉の維持、向上に努めようとしているのに、
糸島市は「九大」を利用して、これからもさらに大型開発を続ける決意を固めている。
いったい、そこにはだれの、どんな利権があるのでしょうか?

B4985ED5-9A7B-4058-8356-79508EA23B9C