本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

フォレストアドベンチャーに違法貸付!~森林公園樋の口ハイランドを年間10万円で

44CABAFD-1151-4F66-A557-259A47D518F1
森林公園・樋の口ハイランドを
フォレストアドベンチャーに年間10万円で違法貸付!


※市は、子どもや市民が、無料で使えたステキな森林公園樋の口ハイランドを74AFE5AD-84DA-4ABA-A040-7ED1FF56E869東京の会社のビジネスに使わせている。それも年間10万円というわずかな賃貸料で。

樋の口ハイランドの概要
・場所 白糸の滝から西へ基幹林道を4~5キロ。
・面積 20万平方メートル
・建物 3棟 
・平成 5年完成
・事業費 2億7000万円
・目的 森林保護と自然の大切さを学ぶ施設
〇サクラ、つつじ、シャクナゲ、モミジなど、40種1万6千本が植えられた美しい公園だった。
〇子ども達が、草スキー、水遊びのできる公園だった。ペットを連れて楽しめた。
〇パラグライダーの基地もあった。
〇森林浴のできる遊歩道は、3キロもあった。

CCE2E013-9C59-41F9-82AC-BB9CCA5DF8EA
東京ドームの4倍以上の広大な公園で、この看板が入り口に掲げられていた。長年、森林組合が手入れし実に美しい公園で、特にシャクナゲ園は見事だった。

議員の口利きで東京の会社がぼろもうけ
 自然の大切さを学ぶために、県が2億7千万円で作った森林公園樋の口ハイランドを、市は平成24年度から、年間わずか10万円で東京の会社に貸しています。
与党議員が口利きしたフォレストアドベンチャーに公園全部を貸すため、市は樋の口ハイランドを、廃止したのです。(注 しかし「廃止」はウソだったと後から判明する)。

荒れ果てた公園
二丈町史に「自然を生かした名所」とうたわれた「樋の口ハイランド」は、白糸の滝から西へ5キロ地点にあります。
「お弁当をもって、ハイランドにピクニックに行きましょう」と、以前は広報で宣伝していました。
しかし、公園を廃止し、フォレストアドベンチャーに貸し付けてから、整備されない公園は草が生い茂り、樹木が伸び放題。草スキー場は斜面が崩れ、危険な状態です。
きれいな小川や絶景の展望台は、ずっと立ち入り禁止。シャクナゲ園は、ロープで寸断されて見る影もありません。

市にばく大な損害
フォレストアドベンチャーは、樋の口ハイランドの土地に、アスレチックを建設し、大人3千円、子ども2千600円の料金で、アトラクション事業、物品販売をしています。
市の土地、建物を自由に使って、ビジネスをしているのです。

いとう~月形市長が、(有)パシフィックネットワークと結んだ賃貸契約書では、公園の賃貸料は年間いくらか?

~土地の賃料は5万8350円、建物の賃料は4万5040円。年間10万3390円。

いとう~無料で遊べた公園を、そんな安い値段で東京の会社に貸して、売り上げの一部は市の財政に入るのか。

~市の財政には入らない。

フォレストアドベンチャーへの貸付は、公園財産を損壊し、市民の利用する権利を奪い、ばく大な損害を市に与え、しかも地方自治法244条違反です。
また7年前の公園を廃止する議案は、廃止理由が虚偽でした。私もだまされて今年5月まで気づきませんでした。(つづく)
(「ちよ便り18号」から。)

大事な案件なので、今後、一般質問に基づき、写真もいれて具体的に説明します。


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):