本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

市を信じる~市の言いなり議会はチェック機能なし

市の言いなり議会はチェック機能なし
c0f3716a522f03df63330ed39e641e50-260x173

9月18日(水)午後4時頃 議員控室
 午前中の私の一般質問で、(有)パシフイックネットワークへのタダ同然の財産の貸付が、地方自治法96条で定められた議会の議決を経ていなかったことが明確になった。しかし議会は相変わらず市の法令違反をまったく無視、黙認している。

そこで議員全員がそろったところで質問を投げかけた。
「パシフイックネットワークへのタダ同然の貸付が、地方自治法に定められた議決を経ていなかった。これでいいのか?おかしいと思わないか?」と。

しかし誰もかれも、
「思わない。市を信じる」
「宗像でもそうしとるって市が言うとったやろ」
「それをいま言わなくても、次に伊藤議員が一般質問で取り上げればいいことだ」
「伊藤議員はどうしてそんなことを言うのか? ・・・!」と、市の立場で私を責める議員たち。

あなた方は地方自治法を読んで言っているのか?
市はばく大な損害をうけ、市民は公園を使う権利を奪われているというのに。
        
議場で、委託契約書がないのに「委託している」と答弁した部長。
移管先がないのに「移管した」と答弁した部長。
市役所ぐるみで隠ぺいのためのウソを重ねる執行部。
ウソがバレれば訂正して終わり。
何をやっても議会が見逃してくれるから平気なのだ。

「市にだまされた」「議会はチェック機能が全くない!」と私が言うと、議会運営委員長が「市がだますわけがなかろうが!」と言った。
「おまえは帰れ!」と3月議会で私を怒鳴った議員だ。
私は長年、市当局の用心棒みたいな議員の発言(というより罵声、怒声)に苦しめられてきた。
それを注意する議員が一人もいない。それが一番辛かったことだ。

そういえば議会最終日は、議会運営委員会の主催で「20年表彰を受けた議員を祝う」ため、議運の委員長の料理屋で、市長以下執行部と議会は宴会の予定だった。
何かにつけての市の幹部と議会との懇親会。
私はそれが市と議会の癒着なれ合いの元だと思っている。


9月25日(水)
9月議会が今日、終わった。
私は二つの反対討論と一つの賛成討論(アスベスト救済についての請願)を行った。


9月27日(金)
前市長が利害関係者の便宜を図るため、部下に命じてやらせたシナリオ通りの業者選定。
それがパシフイックネットワークへの違法貸付につながった。
これまでの議会質問でほぼ全貌が明らかにできたので、これよりまとめて公開する。


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):