ノーモアヒロシマ!ノーモアナガサキ!どの国の核実験も核兵器も許されない" />
本日 48 人 - 昨日 216 人 - 累計 170205 人
  • 記事検索

RSS

ノーモアヒロシマ!ノーモアナガサキ!どの国の核実験も核兵器も許されない

北朝鮮の核実験は、唯一の被爆国の日本人として、広島・長崎の悲劇を知る者として許せないことだ。12年前のフランスの核実験反対運動を思い出す。天神の警固神社に夜大勢の市民が集まって、夜空の星の下で、太平洋での核実験をやめさせようとこぶしを突き上げた。その年、広島で開かれた原水爆禁止世界大会には、空前の1万人、フランスはじめ140人の海外代表団が集った。そのとき友人になったフランス人の女性とは、今も文通している。「ポリネシアの海を、放射能で汚染させるわけにはいかない。子どもたちのために!」と訴えたビト・マーアツーアさんの日に焼けた若々しい姿と演説は、今も忘れない。核大国アメリカのオバマ大統領が、4月5日、米大統領としてはじめて、核兵器を使った国としての同義的責任を表明した。それに対して日本共産党の志位和夫委員長が、歓迎の書簡を送ると、5月20日にアメリカ政府から返事が来て、「あなたの情熱をうれしく思う」と書いてあった。国連に加盟する192の国々では、核兵器廃絶のながれが、大きくなっている。十一年前、長崎の被爆者や科学者、平和運動家などからなる核実験の被害調査で渡米した。アメリカは、広島・長崎に原爆投下した後も、1千回もの核実験を地下、地上、太平洋で行い、米軍兵士やネバダ核実験場周辺に無数の被曝者がいる。核大国は、放射能汚染大国でもあった。ガンや白血病、奇形児出産などの影響は、世界の核実験地帯で広がり、数百万の被曝者が苦しんでいる。世界にある核兵器は、ロシア、アメリカ、フランス、イギリス、中国などで2万発以上。ひとたび核戦争がおきれば、地球はほろびる。この地上から、すべての核実験と核兵器をなくすことが、国際社会の最優先の課題だ。核装備に使われるぼう大な税金を、飢えや貧困で苦しむ人々の救済に使えば、世界はもっと明るく平和になるだろう。 毎月6日か9日、原水爆禁止糸島協議会の人たちと、駅で「核兵器廃絶署名」に取り組んでいる。夏(7月)には、広島・長崎へ平和行進も。思想信条をこえて、すべての核実験と核廃絶に力をあわせよう。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):