本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

恐怖の市議会…利害関係者の議員に訴えられて②

BFB70798-AE75-4599-963D-A07EBB486E7F 
議長室で大勢に囲まれ、理不尽な説得を1時間半も受けた。
説明とか説得という名のパワハラだった。

恐怖の市議会…利害関係者の議員に訴えられて②
   
今年の3月議会で、自らも前原東土地区画整理事業の利害関係者と判明した建設都市部長は、ようやく「議員も利害関係者の一人」と認めた。しかし市が7年間もその事実を認めなかったため、私は地獄のような体験をした。

2012年(平成24年)12月13日の会議録で、ふりかえってみよう。

前原東土地区画整理事業の地権者名簿に、元議員だけでなく現職議員の名前がある件について、12月議会で取り上げた。
私が質問を始めると、背後から小島議員が次々ヤジを飛ばした。自分のことだから黙っておれない彼は、およそ20回もの不規則発言で私の質問を妨害した。

「違うったい」「何を言いよるかいな」「わかっとらんめえが」「できるったい、それがちゃんと。よう調べて言わんね、あんた」「議長、動議!」「排水じゃないて言いよろうが」「そうやなくてただ用水として使う」「うそばっかり言うなよ」「全然ちがうとよ」「議長、動議!動議!」…。

覚悟してはいたものの、議長はまったく注意しない。「土地区画整理組合の組合員(地権者)は利害関係者」と市が認めないため、小島議員は堂々と議場で不規則発言を繰り返した。
そして動議を認められ立ち上がると「ため池は個人所有ではない。はっきりさせていただきたい」と要求した。

議長が「暫時休憩」を宣言。議員たちは控室に戻ってお茶を飲み始めた。
「また伊藤が議会を混乱させた」と不平を言う議員、「共産党は伊藤議員をちゃんと教育しときない」と党の男性議員に文句を言う議員。当時、私は日本共産党の議員だった。
私は議長室に呼ばれて行った。
そこに議長、副議長と大勢の部課長が待っていた。
議長は農林水産部長に「伊藤議員にわかるようにちゃんと説明しちゃんない!」と厳しい声で命じて出て行った。

私は執行部に囲まれ、およそ1時間10分も説得を受けた。
「ため池は浦志土木水利組合のもので、小島議員の個人所有ではない。名義を貸しているだけ」「水害防止の機能はないから埋め立てても困らない。伊藤議員も理解してくださいよ」と同じことを繰り返し言う。
「では1円も議員のポケットには入らないのですか?本当に利害関係者ではないのですか? 利害関係があるから、あんなに私の質問を妨害するのでしょう?」
それには答えず、沈黙の中、時間ばかりが過ぎた。

重苦しい状況下で私は頭が痛くなった。胸が苦しくなってきた。
真実を追求しようとすると毎回毎回、大勢の与党議員からひどい目にあわされる。
「おまえの質問が悪いけんたい」という彼ら。
数の力で道理が通らない議会の非道さに私は何度も打ちのめされてきた。

そうだ。退職したあの元課長も言っていた。
「議長室に呼ばれて行ったら、今日のお前の答弁は何や!と〇〇議長と○○委員長から机をたたいて怒鳴られました。あれ以来、胸の動悸がするとです」と。
自殺した職員も議員や上司のパワハラを訴えていた。それを松本前市長は調査もせず、「何もなかった」と切り捨てた。
あまりにひどい議会と市長。

2回目の暫時休憩(説得)は約20分間。
私は合計1時間半も議長室に半ば軟禁状態で理不尽な説得を受けた。
ようやく議事が再開し、私は質問を続けた。

いとう~自分が利害関係者だと隠して、議員が議事に参与する。これは地方自治法上問題ではないですか、市長。

建設都市部長市は土地区画整理組合に補助金を出しますが、組合員(地権者)は直接の利害関係者ではありません。

いとう~ありますよ。だから反対する私にヤジを飛ばすんです。利害関係者が一緒に議論するのはおかしいと思いませんか、市長。

議長~伊藤議員、それは議会内部の問題。執行部は答弁できません。

市長~伊藤議員には、もっとよく勉強して質問していただきたい。

私の一般質問が終わると、小島議員はまた議長から「一身上の弁明」を許され、立ち上がって長々と演説を始めた。

「テープは回っていますね。うそをついてはならない。…私はそこに名前を連ねておる1人というんで、まったく個人の所有でもない。…調査不足で私から言えばうそ。ため池は洪水調整機能は果たしていない。…僕は議長にもひとつ要望ですけれども…」
私が「利害関係者にこんなにしゃべらせていいのですか、議長!」と抗議した声が、会議録に残っている。

横暴な議会運営で、無駄な時間と無駄な税金が使われ、政治が歪められた。
小島議員はこの翌年、2013(平成25年)8月、私を「うそつき」と名誉棄損で訴えたが、なんとその証拠に、利害関係者本人が議場で言いたい放題のこの会議録を裁判所に提出した。
地方自治法第117条、議員の除斥が踏みにじられこの会議録を。

あれから7年、ため池跡地は一坪30万円から55万円で売れ、議員も利害関係者の一人だとようやく明らかになった。
2012年12月13日の議事録を読み返すと、利害関係者の議員に罵倒されながら質問し、議長室で1時間半も軟禁状態にされ理不尽な説得を受けた日のことが思い出され、胸が苦しくなる。
こんな恐怖の市議会では、誰も行政の不正をチェックし正そうとは思わなくなるだろう。




#伊藤千代子
#糸島市議会議員
#パワハラ議会


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):