ねぐらは、ネットカフェ・・・" />
本日 58 人 - 昨日 216 人 - 累計 170215 人
  • 記事検索

RSS

ねぐらは、ネットカフェ・・・

ねぐらはネットカフェ以前、赤旗しんぶんの日曜版に、生々しい記事がのった。派遣やアルバイトで暮らす若者が、アパート代を払えず、住むところがなくなり、ネットカフェをねぐらに、バイトやパートに行く姿を追った記事。親の暴力や破産等で、実家の援助が得られない青年は、いっぺんで苦境におちいってしまう。ふたりにひとりは、非正規雇用。正社員になれず、社会保障も、ボーナスもなく、いつ首になるかわからない職場。結婚もできない労働条件。若者を、人間を、こんなに使い捨てにしていいのかと、息苦しくなった。5月21日。東京で青年大集会が開かれた。「生活できる仕事を!」「人間らしく働きたい!」たたかえば変えられると、みんなで力を合わせて職場と社会を変えようと集まった若者3,300人。偽装請負をやめさせたり、未払い賃金を払わせたり、解雇撤回を勝ち取ったり、胸を熱くする全国の仲間の経験に、拍手や歓声。空前の大もうけをしている大企業の税金はまけ、若者を使い捨てにする労働は野放しの異常な大企業中心の政治。「政治を変えて、若者の未来を開こう」の記事が、そこぬけに明るい若者たちの笑顔の写真とともに、21日付の赤旗日刊しんぶんの一面をかざっていた。希望、元気をありがとう!きょうは、27日。よい天気。朝、地域の小学校の運動会に。午前中、子どもたちに声援をおくる。一生けんめい、トラックを走るすがたに、胸が熱くなる。昼からは、日本共産党衆議院九州ブロック比例代表予定候補の田村たかあきさんと、街頭宣伝。45歳、元北九州市議のさわやかな人。参議院選挙に向けた日本共産党の政策をうったえて回る。6月から住民税が大増税の話をすると、あちこちで対話になる。「へえ、二枚目のイケメン候補ですね」と女性ふたりに言われて、田村さん、きっと前原が好きになったかも。庭に生ゴミを埋めていると、庭中、いろんな野菜が芽を出して、先日は、ジャガイモの苗を引き抜いたら、ころころかわいいジャガイモを5~6個、収穫。シチュウに入れたら、おいしかった。「大地といのちの会」の生ゴミで元気野菜づくりの話は、大変おもしろく、目からウロコです。さて、最近、いろいろ忙しかった。市職員の倫理に反する言動についての相談や、離婚、税金の相談など。ワーキングプア、格差と貧困をなくそう、平和憲法守ろうと書いた「前原の風」ができたので、それを配りながら、6月議会の準備をしています。みなさん、一般質問の傍聴にきてね!



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):