本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

一般質問③(株)へいせいが有利ではないか?~信用できない50億円の雷山運動公園の業者選定

image

3月議会の一般質問を、3回にわたってアップしています。
1回、20分くらいです。



(株)へいせいが有利ではないか?
 ~信用できない50億円の雷山運動公園の業者選定


今年、雷山の運動公園事業の業者選定をします。事業費はなんと50億円。
維持費が年間、6000万円もかかります。

身近な公共施設は廃止しながら、前原に大型施設をつくることに、いま志摩、二丈から反対の声が上がっています。
合併時の約束と違うからです。

しかも50億円とは、途方もない金額。
存在しない法人を業者選定したり、運転免許証を法人の証明書に使ったり、糸島市の業者選定は実にいい加減、デタラメです。
議会がすべて黙認するので、市の執行部は平気なのです。

3月議会で談合防止の対策を質問したところ、市内最大の建設業者である(株)へいせいに、あまりに甘いと思いました。

いとう~今年、業者選定する予定の雷山運動公園(事業費50億円)について、平成27年の公園整備構想検討委員会にへいせいグループのコンサルタントが入っていた。その後、平成グループ環境技研の社員になられた。(株)へいせいは他の企業より情報的に有利と思うが、いかがか。

~体育・スポーツの有識者として入っていただいたもので、利害関係者とは思っていない。


※市の得意技は、利害関係者を利害関係者と見なさず事務を進めることです。前原東土地区画整理事業では、議員が利害関係者であるのを7年も隠し続けました。

#伊藤千代子
#糸島市議会議員
#糸島市
#談合
#へいせいグループ


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):