なぜ市長は、遺族の訴えを握りつぶしたのか?~自分自身が当事者だった。" />
本日 85 人 - 昨日 197 人 - 累計 169811 人
  • 記事検索

RSS

なぜ市長は、遺族の訴えを握りつぶしたのか?~自分自身が当事者だった。

松本市長は、3年前の議会中に自殺した職員の遺族が、「過重勤務と職場でのいじめ」を訴え、当時の人事課長に調査するよう訴えたにもかかわらず、「公務災害ではない」と決めつけ、遺族の訴えを無視し、握りつぶした。それだけではない。遺族が公務災害の申請をするのを、さまざまに妨害した。卑劣というほかない。なぜ、こんなことをしたのか?簡単だ。市長自身が、暴言を吐く議員と同じく、直接の当事者だったからである。市長は、「公務災害ではない」と言って、まるで職員に能力がないため、勝手に長時間残業をして、死んだかのように言っていた。今回、「公務災害」に認定されて、市長は、「申し訳なかった。私の間違いだった」と遺族に頭をさげ、謝罪したのか?ノーだ。「なぜ謝罪に行かないのか。市長は、職員を管理監督する最高責任者ではないか。市役所内に、暴言やパワハラがまかり通る責任を、どう考えているのか?」今度の一般質問で、そのことも聞くつもりだった・・・・卑劣な市長と弱者の気持ちがわからないパワハラ議員。この人たちが威張り散らしている市役所で、市民にやさしい政治ができるだろうか??私は、市の言いなりの議員やマスコミに、どんなに叩かれてもかまわない。こんなに腐った市政でいいのでしょうかと、問い続ける。幼い子たちがいるのに、貧しさゆえに水道を止められて1か月近くも生活せねばならなかった母親のつらさに比べれば、たいしたことではない。だから、どんなに攻撃されても、訴え続ける。子どもたちに恥ずかしくない、公平でクリーンで、市民にあたたかい町をつくりましょうと。※総務部長によるセクハラ被害の訴えも、市長は握りつぶしたが、その時も自分自身が当事者だった。そのとき、いっしょのスナックで飲んでいたのである。市長のいるところで、女性にわいせつ行為を働いたとなると、市の信頼を失墜させ、市長の監督責任まで問われる。それが嫌だったから、隠ぺいしたのである。※※住みよい糸島市、市制(姿勢)になるように・・・みなさまにもご協力いただきたい。あなたにできることを、よろしくお願いします。共産党市議団は負けません。※※※昨日、市民の方がご夫婦で、我が家に手作りの梅ジャムと焼き肉のたれを届けてくださった。「伊藤議員を励ましたくて」と。家に日本共産党の参議院選挙のビラが入ったけど、糸島の風が入っていなかった。具合が悪いのではと心配している人もいるらしい。ご安心ください。来週からは配ります。昨夜は、若い人たちの相談で夜11頃、帰宅した。「やめないでくださいよ!僕ら、困るから」と明るい声で励まされた。みなさん、ありがとう。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):