「今度の入札結果はわかっている・・・」とは?~下水道工事について市民の声から" />
本日 301 人 - 昨日 261 人 - 累計 186647 人
  • 記事検索

RSS

「今度の入札結果はわかっている・・・」とは?~下水道工事について市民の声から

議員のなかには、競争入札と随意契約の区別もつかない人がいる。入札の仕組みを理解するのは、とてもむずかしいものだ。わかっているのは、市民の大切な税金を使う以上、年間およそ1500件、80億円ほどの市の契約が、限りなく公平公正であって、しかも地場産業の振興に役立つように、努力することだと思う。もちろん巨額の工事については、公平・効率的な観点から、市外の業者も含めて競い合う場合もある。あす7月31日と、8月9日には、下水道工事についての大きな入札がある。入札場所は、糸島市役所会議室(新館501 会議室)7月31日には、 〇香力汚水幹線(枝線)その12 築造工事で、工事場所は、 福岡県糸島市八島  予定価格は、 75,196,800 円  最低制限価格 65,595,600 円   〇小金丸汚水幹線その3 築造工事で、工事場所は、 福岡県糸島市志摩小富士  予定価格は、 65,736,300 円  最低制限価格 57,264,900 円8月9日は、 〇小金丸汚水幹線その2 築造工事で、 工事場所は、福岡県糸島市志摩小富士  予定価格 102,251,100 円  最低制限価格 89,609,100 円  (金額は、すべて消費税及び地方消費税相当額を含む。)3本とも5000万円を超え、1本は1億円を超える。 仕事の少ない時代だから、どの業者も、のどから手が出るほど欲しい仕事だろう。これについて、私のもとに、複数の市民から声が寄せられた。「今度の入札結果はもうわかっていますよ。7月31日と、8月9日の3本は、 地元の株HとM建設とM重機がとります…」というのである。「なぜそう思うのか? 入札する前から結果がわかっているなんて、おかしいではないか」というと、「入札方法が、総合評価方式(特別簡易型)というやり方だからだ」と言う。この方式については、官製談合事件を受けて、昨年あたりだったか、市が導入した制度である。メリット、デメリットについては、詳細には私もよくわからないところがあるが…。どちらにしても、この人たちの予想が当たるのか、当たらないのか、まずは結果をみてみよう。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):