子どもの命よりハード事業優先か!~雷山の運動公園と市役所建て替えに100億円とは・・・" />
本日 122 人 - 昨日 201 人 - 累計 171075 人
  • 記事検索

RSS

子どもの命よりハード事業優先か!~雷山の運動公園と市役所建て替えに100億円とは・・・

いま、市が熱心にすすめている
雷山の運動公園建設と
市役所建て替え。
10月の建設産業委員会で、「雷山の運動公園と市役所建て替えに、
いったいいくらかかるとみこんでいるのか?」と聞くと、
市は、「およそ100億円」と答えた。

いったい、どこにそんなお金があるの?
学校はどこも老朽化し、モルタルが落下して、子どもの命が危ない状況なのに。

地域の災害避難所となる学校が、あんなにぼろぼろで、
よく「運動公園を災害拠点の施設に」と言えるね。

11月7日、8日、9日の運動公園説明会は、
どこも紛糾して反対の声が多かった。

  中央ルートの時もそうだったが、すべてにおいて、
   住民、市民の声を聞かず、計画をごり押しする市政は、
   志摩の環境技研移転と同じやり方。
議会の採択があったと、
部長が説明会で繰り返していたが、
「議会をダシに使うな!」と言いたい。
運動公園をつくるために、「いまあるスポーツ施設を廃止する」など、
請願の採択段階で議員は聞いていない。
聞いていたら反対していた
まるで詐欺。
いつもの市のやり方だ。
そもそも前市長が、団体に働きかけて請願を出したとなれば、
純粋の住民請願ではない。
市のシナリオ通りだ。
誰のための計画か。
ここにも、
市民より利害関係者の影がちらついている。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):