(株)環境技研が、住宅地へのし尿・ごみ収集施設移転を中止に!~1年半、住民を苦しめ続けた会社と市は謝罪すべきです" />
本日 47 人 - 昨日 216 人 - 累計 170204 人
  • 記事検索

RSS

(株)環境技研が、住宅地へのし尿・ごみ収集施設移転を中止に!~1年半、住民を苦しめ続けた会社と市は謝罪すべきです

 
昨日、
建設産業委員会の視察から帰宅すると、
自宅に議会事務局から以下のファックスが届いていた。

「  
                        事務連絡
                           平成28年10月26日
 
糸島市議会議員 各位
                          建設都市部都市計画課
 
 
()環境技研の大石行政区への事務所・車庫移転の中止について(報告)
 
 標記の件について、本日、()環境技研から会社の事情により、予定していた大石行政区への事務所・車庫の移転は中止するとの報告を受けましたのでお知らせします。  
                                                                                                 」

きょう、近隣の方々にお会いすると、
目に涙を浮かべて喜んでいらした。

家の前にバキュームカーの車庫が建てられ、
し尿・ごみの収集運搬事業をされる計画を知ってからの
長い長い、1年7か月の闘いが、ようやく終わる
安堵の涙だった。

しかし、市が「住民の立場で」 
きちんと対応していれば、
しなくてもいい闘いだった。

いくら、法に触れてないからといって、
金もうけのために
やっていいことと悪いことがある。

市の税金で行う委託事業を、
住民に対する配慮なく、
何でもやっていいわけはないのだ。

住民紛争を起こした時点で、
委託を取り消すと、
厳しく会社を指導すべきだった。

会社にモノが言えない市の
市民に冷たい姿勢が浮き彫りとなった今回の事例は、
今後の糸島市政を考えるうえで、大きな教訓となるだろう。

「市と会社は、猛省して住民に謝罪すべきだ」
と考える。

それができないなら、
また同じようなことが、市内のどこかで起きるだろう。

 
 


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):