心の財産…" />
本日 118 人 - 昨日 201 人 - 累計 171071 人
  • 記事検索

RSS

心の財産…

28日の晩、11時ごろ、前原駅に夜の見回りに行こうとしたら、ちょうど東京から一晩泊りに来ていた妹が、玄関で見送ってくれた。「おねえさん、寒いから気をつけてね」と言ってから、こんな話をした。「うちのMさん(彼女の夫)、この前、一人暮らしの高齢の女性の方が入院されたので、入院の手続きやら何やら、まるで本当の息子のようにお世話したのよ。それに夜がどんなに遅くなっても、朝早く明け方には起きて、寒い中、赤旗しんぶん配りにいくのよ。だからね、あなたのお母さんは、すごく立派な子育てをしたのねって言ったの」「そしたら、彼はなんて言った?」「母さんに会ったら、そう言っておくよって。うふふ…」化粧っけのない、質素だが笑顔のきれいな妹が、白い歯を見せて笑った。東京のど真ん中で、わずか2Kの狭い狭いマンションで、日本共産党の区議会議員をしている夫と、中学生の息子と三人で暮らしている。田舎の緑あふれる山の中の広い家で育った私たち姉妹には、がまんできないような環境で、不平ひとつ言わず、楽しそうにしている。喘息もわずらいながら。そのときは、ふーんと聞き流して忘れてしまったのに、夕方、ひとりで日暮れた街の歩道をもくもくと歩いていたら、妹の笑顔とそれらの言葉がふいによみがえってきた。40代とは思えないあどけない笑顔の妹。どうやら、心に財産をもっているんだ。あの子は。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):