「市の会議でだまされた」・・・それでも県は、「市の判断にそって許可を出す」というのですか?" />
本日 156 人 - 昨日 214 人 - 累計 202952 人
  • 記事検索

RSS

「市の会議でだまされた」・・・それでも県は、「市の判断にそって許可を出す」というのですか?

前回、住宅地内へのバキュームカーによるし尿の汲み取り事業の件で、住民と業者との間で紛争が続き、それについて、住民がたった1回出席した市の開発審査会で、業者が、虚偽の図面と虚偽の説明を行い、市と住民をだましていたことを書いた。3月15日、地域住民の方々は、福岡県庁へ出向き、「市の会議でだまされた。こんな開発申請は無効です」と、許可権限をもっている県の担当者に訴えた。「だから業者に開発許可を与えないでください」と。すると県は、「市から、法律上、問題ないと報告があっており、許可しないわけにはいかない」と答えたという。その言葉に、住民の方々が、どんなにショックを受け、心を打ち砕かれたか、想像できる。ご高齢の方々が、足を引きずって訴えに行っても、ウソをついた業者の思い通りになるというのか?しかし、県の言い分はもっともな点もある。県に「許可権限がある」といっても、実際にそれぞれの開発の審査をするのは市役所であって、その報告に基づいて、県は許可を出す仕組みだからだ。県が、市に出かけて行って、独自調査をするわけではない。では、この開発をやめさせる方法はないのか?市は、住民がたった1回だけ出席した開発審査会で、業者が虚偽の図面を出したこと、虚偽の説明をしたことで、住民がこうむった被害をずっと無視してきた。公務員として、公平公正にやるべき開発審査会で、業者の虚偽を見抜けず、住民の利益を守れなかったことを、行政のプロとして、恥ずかしいと思い、住民に「申し訳なかった」と、まず心から謝罪すべきなのだ。公務員である以上、「知らなかった」ではすまないのである。市が県に、「市の開発審査会で、会社が虚偽の説明と図面を出していた」と言う事実をきちんと伝えれば、県は、「それなら、もう一度、申請をやり直させてください」と言うだろう。うそでごまかした開発審査会。こんなでたらめな開発が認められれば、「市の会議でうまくウソをついた業者の勝ち」と言うことになる。断じて、そんな市役所であってはならない。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):