本日 75 人 - 昨日 155 人 - 累計 63530 人
  • 記事検索

RSS
   森林公園樋ノ口ハイランド違法貸付の経過
4866BEB3-6320-4EFC-BD22-A6E76E3E5E91650C3233-C48B-4DD9-A227-E74AFD394A0D
《議会で議決していない違法な契約》

詐欺的手法で市の財産を違法貸付
平成3年 県が旧二丈町に森林公園真名子木の香ランドキャンプ場を建設。後二丈町へ移管。
平成5年 県が旧二丈町に森林公園樋の口ハイランを2億7千万円で建設。後二丈町へ移管。
平成22年4月1日 前原市、二丈町、志摩町の1市2町が合併し糸島市が誕生。
森林公園は「林間施設条例」に基づき森林組合が指定管理者となり管理運営し、実に美しいキャンプ場と公園だった。

平成23年12月16日16時。議員の紹介で福岡市のA氏は松本嶺男市長に呼び出され、市役所市長室で市長と面会。
「森林公園を使ってフォレストアドベンチャーの事業をしたい。来年の7月にオープンできるのなら計画を進めます」と要望すると市長は、「俺にできないことはない」とただちに了承。農林水産部長を市長室に呼び、指示。
しかし公園の管理運営は直営あるいは指定管理者しかできず、行政財産である公園をレジャー業者に丸ごと貸付けるのは、地方自治法違反であった。

平成24年1月4日から28日 そこで市は林間施設の指定管理者の公募を行ない、A氏に応募させた。(※ちょうどこのころ、下水道課の職員が入札の官製談合で逮捕され、市役所を県警が家宅捜索。)

同年1月27日
A氏が「株式会社(設立予定)」と書いた指定管理者申請書を農林土木課に提出。A氏には身分を証明するものがなかったため、市は運転免許証のコピーを提出させた。

同年2月3日15時、
市は市役所二丈庁舎302会議室において、林間施設指定管理選考会を開く。選考委員は5名(谷口俊弘副市長、農林水産部長、農林土木課長及び、市長が任命した市民2人)。設立予定のA氏の会社を審査し、指定管理者に合格とする。
審査時間は30分。客観的資料は、A氏の運転免許証のコピーと福岡市へ支払った市県民税の納税証明書だけだった。

同年2月6日
市長がA氏の会社を森林公園の「指定管理者」とする決定書を作成。しかしこの時点で会社はまだ設立されていなかった。

同年2月13日建設産業委員会
農林水産部長が「指定管理者を公募したら1者から応募があり、2月3日に業者選定を行い、2月6日に決定した。会社の名前は株式会社 ○○」と説明。しかし会社はまだ設立されていなかった。

同年2月22日
A氏が株式会社を設立登記。ようやく会社ができた。

同年2月23日午前9時
その翌日には、森林公園をすべてA氏の会社に無償貸付する議案が議員の机に配布されていた。

同年3月1日
市長が議会へ2件の議案を提案。
➀ 議案第6号 糸島市林間施設条例を廃止する条例。
「行財政健全化、及び施設利用者のサービス向上のため、平成24年度から糸島市森林公園真名子木の香ランド及び糸島市森林公園樋の口ハイランドを民間に移管するため、林間施設の設置条例を廃止する」。
しかし移管するはウソだった。
② 議案第25号 財産の貸付について
「平成24年度から糸島市森林公園真名子木の香ランド及び糸島市森林公園樋の口ハイランドを民間に移管することに伴い、当該土地建物を無償で貸し付けるため、地方自治法第96条第1項第6号の規程により、議会の議決を求める」。
貸付を民営化とごまかしたこの議案は虚偽だった。

同年3月6日建設産業委員会
議案6号と議案25号を審議。貸付後の利用は、キャンプ場に大人向けのレストランを作り、樋の口ハイランド内にフォレストアドベンチャーの施設を作ってレジャー事業を展開するという計画だった。7人の委員中、伊藤一人が森林公園の無償貸付に疑問反対。

同年3月8日
議案を審査中の建設産業委員会の議員2名がA氏の接待を受ける。

同年3月26日
市議会で二つの議案を議決。同日、市長が二つの森林公園(木の香ランド、樋の口ハイランド)の土地(面積32万㎡)建物(14棟)を10年間、無償でA氏の会社に貸し付ける契約を結ぶ。松本嶺男市長は、A氏との約束をわずか3か月で果たした。

同年4月某日
農林水産部長(のちの総務部長)、農林土木課長(のちの建設都市部長)、事務を担当した職員、A氏、建設産業委員会の議員が打ち上げの宴会。(この頃、逮捕された下水道課職員に有罪判決が下され、辞職。市長が法令順守を叫ぶ)。
公園に会社名義のフォレストアドベンチャー(アスレチック)の建設が始まる。フォレストアドベンチャーのオープンが7月21日に決定。

同年5月8日、臨時議会
市長が臨時議会で、災害による基幹林道のがけ崩れを一般財源だけで急遽、修繕するための補正予算7070万円を提案する。伊藤が「フォレストアドベンチャーへのアクセス道路を修繕するためだ」と意見。しかし議決。
市はマスコミを使って「九州初めてのフォレストアドベンチャーが糸島に完成」と大宣伝する。

同年7月4日
公園に会社名義のフォレストアドベンチャー(アスレチック)が完成するが、設置費用4千万円を会社が支払う資金がないと判明。市長がA氏との契約をやむなく解除。

同年7月7日
公園内に会社名義のアスレチック(違法工作物)ができあがり、フォレストアドベンチャーのオープンが7月21日に迫っているにもかかわらず、肝心の運営会社がいなくなり、困惑した市長は農林水産部長を東京に派遣し、(有)パシフィックネットワークの金丸社長との交渉にあたらせる。(有)パシフィックネットワークはアスレチック(4千万円)の債権者だった。

同年7月13日建設産業委員会
農林水産部長が、木の香ランドキャンプ場は市の施設に戻し、フォレストアドベンチャーのアスレチックが完成した樋の口ハイランドだけを民営化すると説明。

同年7月20日
フォレストアドベンチャーのオープン前日、市長が(有)パシフィックネットワークと「事業用定期借地権設定及び定期建物賃貸借予約契約書」を結び、樋の口ハイランドを年間10万円で貸す契約をする。
市の財産を適正な対価なくして民間業者に貸し付けつる契約だが、地方自治法第96条第6項に基づく議決を行なっていない。

同年7月21日
フォレストアドベンチャーが樋ノ口ハイランドにオープン。
(現在の料金は大人3600円、小人2600円)。

同年8月16日
市長が、農林土木課長を福岡公証役場に派遣し、公正証書を作成。(有)パシフィックネットワークと樋ノ口ハイランドの土地・建物の貸付の本契約を結ぶ。職員を使って会社の宣伝をホームページに載せるなど、会社の営業を全面支援。

2014年4月1日 
松本前市長の後継者として1月に当選した月形祐二現市長が、消費増税にあわせて契約改定。賃料を土地、建物合わせて年間10万3390円とする契約を(有)パシフィックネットワークと結ぶ。

2018年9月1日 
総務部長(前農林水産部長)が「樋の口ハイランドは廃止し、民間に貸付けた」と議会で答弁しながら、施設カルテに「森林公園樋の口ハイランドを民間に委託し運営している、年間利用者は3万人」と虚偽記載していることがわかる。

2019年6月議会
「樋の口ハイランドは委託し運営している」という市に、私が「委託契約書があるのか?」と聞くと「ございません」と市が答弁。
「樋の口ハイランドは移管した」と総務部長が答弁。

2019年8月14日
会社の宣伝を市のホームページに写真付きで掲載し、連絡先は市の商工観光課となっている。あたかも市の委託事業であるかのように見せかけつづけてきた。

2019年9月議会
借地借家法にもとづき結んだ公正証書の貸付物件に会社の財産(アスレチック)が含まれていることが判明。会社が公園の中に自社の建物を建設していることが判明。契約相手方のパシフイックネットワークの社長が別会社を作り、事業を行っていることが判明。(樋ノ口ハイランドのまた貸し)。

市は、森林公園樋の口ハイランド(行政財産)を(有)パシフィックネットワークに委託運営しているとみせかけ、議会の議決を経ずタダ同然で、令和5年度末まで貸し付ける契約をしていた。


腐った政治

私は平成24年の8月ごろ、知人の紹介で一度A氏と面会しました。そのときA氏が「平成23年12月16日松本市長に会った時、来年の7月にオープンできませんか」と聞いたところ、前市長がムッとして「俺にできないことはない」と言ったと聞きました。
また「無償貸付」の議案を審査中の平成24年3月8日、所管の委員会の議員二人を接待したこと、議案が通過し契約を結んだ3月議会後の4月に、部課長、職員、議員と打ち上げの飲食会を行って二次会まで行ったことも聞きました。
それについて私が平成24年9月議会で「利害関係者との飲食は、職員倫理条例上問題ではないか」と問うと、市は「意見交換会であり問題ない」と答弁しました。市の幹部と議員、利害関係者が癒着しているのです。
平成24年の1月から4月は下水道課の職員が官製談合で逮捕起訴され有罪になった時と一致し、松本市長が「利害関係者との飲食を慎み、職員倫理を守る」とテレビや新聞で公言したのは、まったくウソでした。

森林公園・樋ノ口ハイランドの違法貸付は
     市役所ぐるみの犯罪


9月議会報告、ちよ便り19号ができました。
これまで議会で追及してきた事実を積み上げて、作成したビラです。

6C7BC5A9-7608-46CF-96E4-8D7FD871B348 スクリーンショット 2019-10-20 17.41.28

「市の説明を信じてはいけない」ということを私に痛感させたのは、まさにこの森林公園の違法な貸付事件でした。
2012年2月13日の建設産業委員会で、農林水産部長がニコニコしながら「すばらしい会社を森林公園の指定管理者に選定しました」と言ったのです。
しかしそれは真っ赤なウソでした。法務局で登記簿を取って調べたら、そのすばらしい会社はまだ設立されていなかったからです。

しかしどんなに事実を示して議会で訴えても、議会は無視し続けました。
今年になってから、施設カルテも公正証書も虚偽という恐ろしい事実がつぎつぎ明るみになりました。
たとえ大勢の議員が「市を信じる」「市はだましたりせん」と擁護しても、真実を変えることはできません。

2012年の7月13日の建設産業委員会で、市は森林公園・樋ノ口ハイランド(行政財産)を「民間に委託する」とウソの説明をしました。
そして8月16日にはこっそり公正証書を作成して(有)パシフィックネットワークに土地と建物をタダ同然で貸付けていたのです。


それによって市の財政に多大な損害を与えました。
不正の始まりが議員の口利きだったことを思うとき、執行部と議会の癒着なれ合いほど罪深いものはありません。
公平公正でクリーンな政治を実現するため、ご支援をよろしくお願いいたします。


関西電力幹部と福井県高浜町の元助役との金品問題。悪代官と御用商人のような「菓子折りの下の小判」「宴会政治」。日本の地方行政は、まだ江戸時代の続きのようです。
こんなお金に縁のない私たちは、格さん(拡散) と助さん(助けあって) でたたかいましょう。

防衛大学校人権侵害裁判は不当判決。
元防衛大生が福岡高裁に控訴(10月16日)

24275FD0-FF2C-4D81-9697-47B27EA7780B
10月3日、私は福岡地方裁判所101号室の法廷前にいた。
100人入れる法廷は、マスコミ関係者と傍聴の人でいっぱい。なかに入れず、40〜50人の人たちと控え室で判決を待ちわびていた。
しかしそれは、国の責任を免罪する不当判決であった。



日本中にあふれるパワハラ、指導と言う名の暴力。
しかし防衛大学校で生徒間指導との名目でなされた暴力ほど、凄まじく恥ずべき暴力を私は知らない。
自衛隊という世界に知られた軍隊の幹部を養成する大学の寮で、下級生への暴力が蔓延している実態を、社会に告発したのがこの裁判だった。

下級生の陰毛に火を付けて面白がるという上級生の姿は、異常というほかない。戦時下の軍隊による女性への性暴力を思い出し、背筋の凍る思いがした。
普通の大学で行われたら毎日マスコミを賑わすであろう卑劣極まりない事件が国家権力の背後にあって見えにくい。

台風19号の被災地で身を徹して救助活動をする自衛隊員、彼らの上官になるエリート養成校で長年、生徒間指導という名で伝統的に受け継がてきたらしいリンチまがいのイジメ、その実態を把握しつつ適切な対応を取ってこなかった教官、大学、国。
その国に忖度したような判決だった。

正義はどこにある? 学内の暴力の責任を誰もとらないでいいのか?
寮生活では理不尽な暴力から逃げることさえできなかったのに。
多くの国民は虐待、イジメ、パワハラと弱いものへの暴力が繰り返される社会の不条理に深く心を痛めている。
平和、人権、環境は、世界のキーワード。もしこんなことがアジア、世界の国々に知れ渡れば、自衛隊に対する国際的な信頼は失墜してしまうだろう。


今日の毎日新聞に「元防衛大生が福岡高裁に控訴」とあった。
国の責任を問うためにたった1人立ち上がった原告の勇気に深く胸を打たれる。
この事件が高裁では常識と道理ある判決が下されんことを切に願う。

87576FD3-6748-488E-AD89-80DF6E1214B7
2019年10月14日月曜日、今日の新聞

D6D0EEC7-EC11-4ED8-9F56-0A1647E32B4B90D1D0D6-90D8-4C3D-A2B2-BBC32107A335
今日のNHK午後零時のニュース

台風19号は関東東北に想像絶する豪雨災害をもたらし、河川の決壊で膨大な土地が溢れてた泥水で浸水しました。
4メートル30センチを超える浸水被害もあったといいます。多くの尊い命が失われました。
被災された方々の苦労、泥だらけの住宅、車。実りの秋を台無しにした豪雨。
一日も早く日常の暮らしに戻れますように!

温暖化で想定外の豪雨がますます増えるでしょう。
環境を破壊するようなさらなる便利さを求める時代ではありませんね。

9月議会での答弁によると、潤南に建設予定の建設予定のアンダーパスへの備えは、1時間あたりの雨量72.9ミリ。15年に一度降る雨に耐えられる確率とは、もう時代遅れです。
周船寺の踏み切りのように、平面交差で早急に拡幅を。
76C399E5-DB9D-4863-800F-5A0588FB238F
F50B15E8-F742-4D71-A5DC-A875DA04DFB5 05956A4D-815D-4AC1-87B8-E0C3EA73C90B
IMG_1622

ボス議員たちが牛耳っていた議会
0D89C84F-A486-4ECB-82B2-C8A11BC0B814
糸島市議会発行の議会便り8月15日号から
市議会公式情報ここをクリック

私は、パワハラ議会のひどい実態をこのブログで書いてきました。
そしてようやく今年の6月議会あたりから、議場におけるヤジ暴言がほぼなくなりました。
2012年10月のアーカイブをクリックしてご覧ください。
特にひどかった頃です。

2012年10月ブログ

〇「俺にヤクザといった傍聴人はだれだ!」…犯人探しを始めた議員たち

〇「たかが女1人」と見くびらないで…「暴言を吐く議員とは視察に行きません」

〇「オマエ呼ばわりする議員といっしょに議会活動はできない」

〇 ヤクザのようなパワハラ議会…怒鳴る議員は注意せず、都合の悪い発言は削除、隠ぺい

〇「税金を食い物にした金もうけ」は許さないまちへ…貧困に関心がない人たち
2012年10月のブログへ

利権がらみの政治とパワハラ議会は、表裏一体と思いませんか?
ほかに穏やかな記事も書いています。

前のページ
次のページ