子どもたちのために、移動図書館車パピルス号を守ろう!" />
本日 190 人 - 昨日 187 人 - 累計 169719 人
  • 記事検索

RSS

子どもたちのために、移動図書館車パピルス号を守ろう!

保育園を訪ねたら、ちょうど移動図書館車パピルス号が到着したところだった。市が、「財政上」の理由で、来年度から廃止をすると言っているパピルス号。市内の何千人ものこどもたちに、本と希望と喜びを届けてきたパピスル号。喜々として絵本に群がる子どもたち。年間70万円の委託料で、どんなに子どもの教育や子育て支援に役立っていることか。それを廃止するなんて・・・有力者のためには、どんなに多額の開発予算も、湯水のようにつぎ込んでいながら。子育て支援とはかけ離れた市の決定は、納得できませんよ。子どもたちのために、移動図書館車パピルス号を守りましょう!



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):