原発事故~毎時20マイクロシーベルトでは「命がけの避難」に…" />
本日 149 人 - 昨日 214 人 - 累計 202945 人
  • 記事検索

RSS

原発事故~毎時20マイクロシーベルトでは「命がけの避難」に…

重大な原発事故が起きたら、玄海町や唐津の住民が先に逃げて、糸島市民はその後です。しかも避難の基準は、毎時20マイクロシーベルトを超えたとき。いとう~「帰還困難区域」が毎時約6マイクロシーベルト以上だ。   毎時20マイクロシーベルトとは、防護服が必要な「高濃度汚染」からの   避難になる。その覚悟で避難訓練に参加したか。市~具体的な避難訓練をすることで、課題を収集し、今後の訓練に反映させる。いとう~1日、2日の避難ではない。   一生戻れない「命がけの避難」が必要なレベルの汚染だ。   家や田んぼ、畑、工場やお店、すべて失う覚悟のいる訓練だと、市民に伝えるべきだ。いとう~九州大学副学長、吉岡斎氏は、「住民が被ばくしてからの避難だ」と   批判している。市長は、吉岡先生に会って、専門家の話を聞いてほしい。市~国の基準、決定に従って対応する



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):