命より優先すべきものがあるか?~大飯原発再稼働を認めなかった福井地裁" />
本日 63 人 - 昨日 215 人 - 累計 170004 人
  • 記事検索

RSS

命より優先すべきものがあるか?~大飯原発再稼働を認めなかった福井地裁

昨日の朝、コーヒーを飲みながら思った。「今朝は最高の新聞!」西日本、読売、赤旗…各紙を広げて踊る文字。「大飯原発再稼働差し止め判決」2014年5月21日3時15分、福井地裁。憲法に保障された人の生命を超える価値は見出せない、と。取り返しのつかない原発事故の教訓を踏まえた、明快で画期的な判断。新たに痛感したのは、原発事故の心配のない安全な場所は、日本列島にはないのか?ということ。何しろ、福島第一原発事故直後に、原子力委員会委員長が首相に提出した最悪のシナリオでは、半径250キロ圏内の避難を検討していた。250キロ!日本列島は、どこも原発から、250キロ圏内にスッポリはいる。福島の事故が未だ収束していない元で、再稼働していいのか?原発が止まっても、電気は足りている。子どもたちに、放射能汚染の中で生きる恐怖の世界を、残したくはない。数日前、1人の若い男性が、原発についてまとめたレポートをもって、市役所に会いに来て下さった。その情熱。真面目な心。居ても立っても居られない市民がたくさんいるはず。ただ原発なくせの思いの一点で、手をつないでいこう。思想信条も宗教も趣味も暮らしも、好きなサッカーチームもあらゆることが違っても。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):