牛の涙~原発事故がなかったら、死ぬことはなかった多くの命" />
本日 45 人 - 昨日 216 人 - 累計 170202 人
  • 記事検索

RSS

牛の涙~原発事故がなかったら、死ぬことはなかった多くの命

7月26日、脱原発いとしまネットワークのみなさんが、ドキュメンタリー映画「飯館村」を上映してくださった。風下にあたる飯館村は、全村避難している。原発から4~50キロだから、放射能に距離など関係ない。村が汚染され、連れて行かれる牛たち。慣れ親しんだ牧場から、離れたくないと足を踏ん張るが、無理やりトラックに乗せられていく。普段はおとなしい牛たちが、不安におびえ、抵抗する姿に涙をこらえきれない酪農家の夫婦。牛の大きく美しい瞳には、たしかに涙があふれていた。原発事故さえなかったら、死ぬことはなかった多くの命・・・ ×     ×    ×3月議会で私が、「人間さえ避難できればいいのか?」と聞いたとき、市は、「家畜の避難も検討している」と胸を張って答弁した。何百頭、何千頭、何万頭の牛や豚や鶏を、いったいどうやって、どこに避難させるの?どうやって餌をやるの?人間の避難でさえ、交通渋滞で無事に逃げられるかわからないのに。野の花、小さな虫や鳥まで、あらゆる動植物のいのちを、人の都合で奪っていいはずがない。空を大地を海を、すべての自然を、放射能汚染から守ることは不可能なのに、いまだに、「人間の力で原発をコントロールできる」と安全神話を振りまいて、再稼働に向けてつきすすんでいる。2,3日でも苦痛なのに、3年以上もの避難生活を強いられている村人たち。涙と憤りが全編を貫く。すべての電力会社の重役のみなさん。パートナーや子どもたちを連れて家族で、あの狭い仮設住宅に引っ越してください。それでも原発は必要だと、あなた方は言えますか?



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):