本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

恫喝しないで人の話は静かに聴きなされ

c0f3716a522f03df63330ed39e641e50-260x173
今日、議員全員協議会で、雷山の運動公園の業者選定のことや、新庁舎整備のことなど5項目に渡って説明があったが、ほとんどの議員はいつものように質問しなかった。黙っているのが美徳の議会だ。
財政難の中、身近な公共施設は廃止、統合しながら、50億、60億という大事業を同時にやるのだから、疑問だらけなのだが。
しかしそれ以上に悲しいのは、品性に欠ける議員の態度。

複数の自民系議員は、人の発言を静かに聞いていることができず、グチャグチャと始終おしゃべりし、時には他の議員の発言中、「〇〇やろうが!」とか、「 × × やろうもん!」と怒鳴る。
きょうも共産党の新人のG議員が発言中、大声で怒鳴った。

私が注意すると、「国会でもヤジを飛ばそうが!何が悪いか!糸島弁じゃ!」と開き直る。
「いいえ、あなたのは気に入らない意見を言う人へのただの恫喝です」

困ったことに、この人たちは役職の偉い議員だから、だれも注意しない。
14、5人の自民党議員に守られて、何を言ってもしても許されてきた。
みんな仲良しこよし。
君たち、静かにしたまえ。みっともないぞ。
と、バシッと言ってくれる議員が現れないものか。


#糸島市議会
#伊藤千代子


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):