まだ生きていて、よかとでしょうか?・・・" />
本日 48 人 - 昨日 216 人 - 累計 170205 人
  • 記事検索

RSS

まだ生きていて、よかとでしょうか?・・・

「いとうせんせ、市役所の言うことが、   ようとわかりません。 いちど、来てくれんですか。」80代半ばのAさんが、電話の向こうで言った。「いいですよ。あした朝、10時にいきます。 待っててくださいね」翌朝、行くと深々頭を下げて、「学校もいっとらんし、年もとっとるし、 説明書きを見ても、わからんことばかりですけん、ご迷惑かけます」数十年も前に、子どもさんとは仲たがいをしたまま、行き来はない様子。「早くおかあさんとこに行きたか、思いますばってん、簡単に死なれんとです」「死ぬなんてまだ早いですよ。80歳までがんばって働いたのに。 毎日、顔を見せてくれる職場の後輩の方もいらっしゃるでしょう」「そうですと。買い物を毎日してくれるとです」「そんな親切な人はなかなかいませんよ。Aさんがいい人だから、そうしてくれるんですよ」「はい。でも、お墓も買いきらんまま、年とって。海にでも投げてもらいましょうか」「私が市役所と相談してちゃんとしますから、死ぬことばかり考えないでいいです。 そのときがきたら、『よく働いた誠実な人生でした』って、集まった方々に私が胸をはっていいますから」笑顔になったAさんは、「ご迷惑かけて、わたしはまだ、生きててよかでしょうか」と言った。「もちろんです。でも、足元が少しふらついてきましたね。 介護認定の調査にきてもらいましょうか? 福祉のみなさん、みんな優しいですよ。ヘルパーの若い女性が訪ねてくると、気もちも明るくなるでしょう」「おねがいします…」Aさんと会うたびに思う。なんと謙虚なひとだろう、と。ひとり暮らし、夫婦二人の高齢者が、市にも何千人といらっしゃる。戦争、食糧難と苦労して生きてこられた世代。最後まで人間らしく、温かく。孤独にならないように…高齢者の方々と接するたびに、そう願わずにいられない。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):