「障がい者年金がでることになりました…」~学習障害のA君、よかったね!" />
本日 82 人 - 昨日 197 人 - 累計 169808 人
  • 記事検索

RSS

「障がい者年金がでることになりました…」~学習障害のA君、よかったね!

昨日は、A君からうれしい電話があった。「障がい者年金が、わずかだが支給されることになった」という。「組合の人も、助言してくれてですね」「よかったねえ!生活費には全然足りないけど、自立の助けになるよ。よくがんばった。すごい!すごい!」私は手放しで喜んだ。彼は、「伊藤市議、伊藤市議・・・」と私を呼び、家族とうまくいかないことや、非正規のために国民年金が払えない、生活が大変なこと、などを、夜遅くでも突然電話してきてしゃべりつづける。知的な遅れはないのに、コミュニケーション能力に障害があるため、人に理解してもらえず、無視されたり、いじめにあったり。ずいぶん、いろいろな経験をしたようだ。人にとって、理解されない孤独ほどつらいことはない。彼の風貌や行動は少し風変わりだから、一歩ひいてしまう人もいるが、よくよく話せば、彼が人の悲しさに共感できる人柄であることや、社会や政治、宗教にも関心をもっていることがわかる。「母親が、介護が必要になってしまったとですよね・・・」「あなたが、これからしっかりしていかないといけないわね。お母さん、大事にしないと」「そういうことですかね」・・・・・・「広汎性発達障害」が、彼の病名。A君。がんばっているね!何年も社会の片隅でまじめに働いてきたあなたを、私は心から尊敬するよ。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):